小笠原 欣幸

記事発表数:1

筆者紹介

1981年一橋大学社会学部卒。86年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。東京外国語大学外国語学部専任講師、同大大学院総合国際学研究院准教授などを経て、2020年より現職。英国・シェフィールド大学、台湾・国立政治大学で客員研究員。専門は台湾政治、中台関係。主著に『台湾総統選挙』(晃洋書房、2019年)。20年、第32回「アジア・太平洋賞」特別賞,第15回「樫山純三賞」学術書賞を受賞