2022-03-30 経済

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第1回:台湾に感じる親しみとウクライナ侵攻が孕む他人事とは言えない問題

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

台湾人の級友「かあくん」と幸せになった留学生の話

「私はなぜ台湾が好きなんだろう」と思い返すことがあります。

原体験で言えば、二つあり、まず、学生時代に台北に足を向けて生の台湾を見たこと。

もうひとつが、日本にやってきた台湾人の留学生たちをお世話した経験を通じてお互い共通する何かを感じたことじゃないかと思います。理屈ではなく、情感として、台湾の人や暮らしを身近に感じることで、想像がつくからこそ台湾が好きなのではなかろうか、と。

33年前、私の通っている高校に台湾から来ていた級友「かあくん」がおりました。馬鹿なこともたくさんやり、仲良くしている中で「お。かあくんは台湾にご家族がおるのか。それなら一度、みんなで訪問してみようか」と彼の家族がいる台北の実家を訪問すべく、悪友4人とつるんで5人で学生旅行をしたわけですよ。

当時は本当の意味で日本がバブル経済に酔いしれ乱痴気騒ぎをしている真っただ中。私も親父が経営する化学会社では貿易業務をやっていて海外に行ったり来たりする経験もあったんですが、家族旅行じみた仕事の随伴でも堅苦しい交換留学でもない、友人との海外旅行でぶらっと台北に足を向けたのは良い経験でした。

台北の空港を降り、少し排ガスの匂いのする高速道路の高架の上から、夕暮れ時の穏やかな台北の街並みを遠くに見晴るかし、市街地に入ると日本・東京や香港の街並みとはまた違った、当時の台湾らしい煩雑で、それでいて情緒のある街並みはむしろどことなく懐かしさすら感じました。まだ高校生だったのにね。

ごちゃごちゃした中に秩序があり、その雑然とした活気が台湾の人たちの暮らしと一体となっている。最初に感じた台北の感覚は、いまでもよく覚えています。そのときも、路上にあるお店や屋台の立ち並ぶ地域にかあくんと日本人一行はずんずん入っていったりもしたのですが、台湾語がまるで分からない私らが呆然とする中でかあくんが露天商のおっちゃんと「値引き交渉」を流暢な言葉遣いでしています。現地で生まれ育ったのだから当たり前と言えば当たり前だ。ただ、いままでは、日本から一時的に海外に行って現地の人と交流することはあっても、普段の暮らしでの買い物で値切るという経験はあまりありませんでした。机を並べて学んでいる台湾からの級友が、平然と「明らかに自分にはできないことを平然としている」ことに強くショックを受けたんですよ。

この地から日本に学びに来たかあくんが日本のポップスを聴いて松任谷由実の新曲でよく盛り上がり、50歳になろうかという心技体揃った中年になってなおSNSで交流しお互いの近況の話を交わせるのはとても幸せなことです。

台北訪問から10年ほど経って、大学を卒業した私も経営者だった親父を見習って事業を自分で始めていました。その際に雇った技術者が台湾から来た若者だったのですが、私が働いているデスクの横に来て、何か話しづらそうにしています。なんだろうと思ったら、彼の妹が、日本の大学で学びたいと考えているようなのだが相談できないかというのです。

そういうことは遠慮せず先に言えよ。役に立つことなら喜んで。私やかあくんが卒業した母校が台湾からの交換留学を受け入れているというので手配をしたところ、程なく東京にやってきて無事に入学し、私の後輩になりました。なぜかそのあと、立て続けに5人、6人と台湾からの留学生がやってきて、日本でおおいに学び、うち幾人かは日本で就職し、さらに日本人と結婚するやつまで出て、矢鱈大きい結婚式まで呼ばれて大騒ぎをしました。ちくしょう、お幸せに。

いま投資や貿易の仕事をしている私は、台湾に限らずいろんな国の人ともかかわることが多くあります。中でも、私の心で台湾が特別なのは、やっぱり若い時分に見た台湾の、ごちゃごちゃした中にある秩序が心地よかったからなのでしょう。日本と台湾の間に過去いろいろあったけれど、いまはお互いに民主主義国家で、自分の国は自分たちの考えで決めて舵取りをするという意識が確立しているところに同じ匂いを感じるからこそ、台湾に限りない好感を持っているのだなあと思います。

いまでこそ、地政学的にも経済的にも台湾が大事で、台湾の半導体産業は日本にも重要な役割を果たしているとか、日本の生命線である原油や天然ガスはマラッカ海峡から台湾近海・海峡を通って日本にやってくるとか、そういう「おっさんの知恵」が働いている面はあります。冷静に考えれば、日本は台湾周辺の安全を抜きに国家の安全や経済の繁栄を築くことができない。それは学識や理屈によって考えることです。だけれども、台湾との関係を考えるとき、やっぱり根底には台湾に対する別の感情が体験とともに染みついていて、不思議な味のする屋台で一緒に飯を食った台湾の人たちや、たまたま仕事で通りかかった台湾総統選挙で民主主義を示す緑のプラカードや服を着ている台湾の人たちを思い出して、台湾のことは台湾の人たちが決めるべきだという思いを強くするんですよね。

 

プーチン大統領の理屈が通るなら私たちの民主主義も奪われかねない

そして、ロシアによるウクライナ侵攻は、日本にとっても、また台湾にとっても、他人事とは言えない問題を孕んでいます。軍事的に優位にある国家が、断固とした意志をもってどこかに攻め込むような蛮行を犯したときは、いくら国際社会が政治的に結束したとしても、ほかの国の人のために自国民の血を流すことには躊躇がある。だから、そういう軍事的冒険を止めることはできない。ウクライナはロシアにとって旧ソビエト連邦の一部であって、仮にプーチン大統領やクレムリンが「ウクライナのNATO加盟は安全保障上の脅威である」と主権を脅かすロジックが通ってしまうなら、ほぼ同じ理屈で特定国が日本や台湾に乗り込んでくる大義名分とほぼ同じことが成立してしまいます。単に第三者、遠い国の戦争ではなく、国際社会としてそれを認めてしまっては、ドミノのように私たちの民主主義が奪われてしまうリスクに直面することは言うまでもありません。

また、ドミノという観点で言えば、昨年2021年10月に、ついに香港の自治的で限定的ながら機能していた民主主義的な団体が解散に追い込まれ、1989年6月4日、中国で発生した天安門事件の犠牲者追悼集会を開催できなくなりました。香港民主派が守ってきた議会戦線、該当戦線は中国によって崩壊し、2014年香港反政府デモ(雨傘革命)以降、2019年の「逃亡犯条例」改正反対デモの事実上の鎮圧によって香港の民主主義は失われました。

2021年には、北京での冬季オリンピック開催も踏まえて、中国の新疆ウイグル自治区での民族弾圧や抑圧が具体的な告発とともに国際的な問題へと発展しました。かねて、チベットや内モンゴルなどでも少数民族に対する苛烈な政策で中国政府・共産党は批判を浴びつつも、経済的な成長をバックにこれらを実質的にねじ伏せています。さらには、2021年にミャンマー(ビルマ)で発生した軍事クーデターにより、ミャンマー経由でインド洋への進出を企図する中国の支援もあって、文字通り、アジア地域にドミノが発生しこちら側に倒れてきたときーー私たちは私たちの意志でこれを食い止めることができるのだろうか、という本質的な問いに直面することになります。

台湾も初めて台北を訪れた33年前に比べて著しく成長し、また、台湾の民主主義も紆余曲折はありながらも成熟をしてきました。日本はバブル崩壊を経て低成長に喘ぐ経済状況ですが、やはり台湾同様に自分たちのことは自分の考えや意志で決める民主主義の恩恵を蒙って平和に暮らしています。

これらの平和と安寧を、私たち台湾や日本の次の世代にどう引き継いでいくのか。もしもいまが次の困難に向かう「戦前」だとするならば、来たる事態に備えて手を取り合いながら考えていくべき時期に差し掛かっているのではないかと感じます。平和を築くのには長い年月がかかるけど、失うのは一瞬であり、国民が自分の意志で政治を行う仕組みもまた、国民が自分の手で守り続けなければならないのです。民主主義による平和は無料ではないし、永遠が保証されたものではない、という当たり前のことを、台日関係は常に念頭において考える必要があるのでしょう。

平和なうちに、ぜひ日本に来てよ。こっちからもまた台湾行くからさ。

 

オススメ記事:

世界をリードする台湾半導体産業の本質に迫る。日台の協業によって見えてくる未来とは。------【東京台湾貿易センター陳英顯所長 特別インタビュー】

オンデマンド交通は地域社会の救世主となり得るか:MaaSが導く日本の未来(第1編)

2021年大きな躍進を遂げた台湾経済

連載「いちにの算数いーあるさんすー」 台湾ルネサンス時評:歌舞伎町と台湾の不思議な縁を探る

深くて長いお付き合い-日本と台湾の野球―台湾野球の誕生 100年の歩み ―