2021-12-17 観光

B級グルメ 貴人散步のグルメマップ/台南中西区にあるB級グルメ店5選!疲れた身体を回復させる休憩所

© yong90128

注目ポイント

グルメの街と称される台南。現地の音楽フェスを楽しみながら、その合間に移動距離や美味しさのレベルで書き記したリストから、おすすめの5店を紹介する。

台南には何度も足を運んだことがあるが、その理由は仕事、レジャー、音楽フェスなど。もちろん美味しいものを食べるために行ったこともある。なんといってもCNN評論が、台南はグルメ天国と選んだぐらいだ。


私と台南グルメとの出会いは、現地の音楽フェスが関係している。結局のところ、毎回音楽フェスでは疲れ果てるまで遊ぶので、移動距離や美味しさのレベルに応じて台南グルメのリストを整理し、イベントの空き時間に「HP」に追加するようにしている。


11月末に台南で開催された貴人散步音樂節(LUSfest Music Festival)のコンセプトは「街全体が舞台」であり、中西區にある南美二館や全美戲院、南美里活動中心、兜空間、B.B.ART、大南門城等がそのエリアとなった。私はこの旅のために会場からそれほど遠くなく、朝から晩まで食べられるグルメ5店を選出した。


#01:郭家肉粽

 

© jia__517


友愛市場の「郭家肉粽」は1948年創業以来、70年の歴史をもつ店である。伝統ある市場は昔ながらの魅力的な雰囲気が漂う。店主は無口に粽(ちまき)の皮をむいたり、タレをかけたりしていて、その良い香りに思わずお店に引き寄せられる。


郭家肉粽には「菜粽」「肉粽」「素食粽」の3種類の粽と味噌汁等がある。多くの店ではとろみ醤油、チリソース、あるいはケチャップ等を使用しているが、このお店では「豚の煮汁」、笹の葉、ピーナッツ入りのもち米にごま油をかけて、ピーナッツの粉と大量のパクチーを添えて粽をさっぱりと仕上げる。


特に注目したいのは郭家肉粽の味噌汁がたった10元(約30円)であるが、豆腐や油條(揚げパン)、刻みネギがトッピングしてあるので、飲んだあと身体が温まる。早朝6時から営業しているので、お腹を満たしてから旅を始めることが可能だ。


住所:台南市中西區友愛街117號

営業時間:06:00〜16:30

TEL:0931-956-381


#02:鳳姐鴨肉飯

 

© yong90128


こちらの店は、外観があまりオシャレではないが、お客様で賑わっている様子からも人気店であることがうかがえる。


看板メニューといえば毎日数量限定の「鴨腿飯」、敷き詰められたお肉の上にはタケノコ、味付け卵等がトッピングされ、お店の特製ソースがかかっている。一度食べ始めると止まらなくなる味だ。脂身のある分厚く柔らかい鴨肉だが、くどさはない。


「鴨腿飯」が売り切れだった場合、「鴨肉飯」「梅干扣肉飯」「肉燥飯」も余韻が残るほどの美味しさなのでお勧めである。


住所:台南市中西區民族路三段190號

営業時間:11:00〜18:30(定休日水曜、木曜)

TEL:06-223-7129


#03:石精臼牛肉湯

 

© catlee0321


インターネットで「台南牛肉湯」と検索すれば、このあたりが牛肉湯激戦区ということがわかるだろう。あっさり系よりこってり系の方が好みであれば、石精臼牛肉湯のスープは絶対に試すべきだ。


石精臼牛肉湯の牛肉湯は「直球勝負」ともいえる。何といってもスープの出汁は漢方や野菜、果物を使用しているのではなく、牛肉と内臓類をだけを使ってじっくり煮出している。そして主役の牛肉は新鮮で、繊維に沿って切られた肉は歯ごたえがあるが決して固いわけではない。


それ以外に、この店には「肉燥飯」やブリスケットやハツ、レバー、タン、筋、食道、ハチノス、骨髓等のあらゆる種類のホルモンと牛肉が入った裏メニュー「隱藏版湯品」もある。


住所:台南市中西區民族路二段246號

営業時間:17:00〜22:00(定休日:土曜)

TEL:06-223-2266


#04:阿江炒鱔魚

 

© elephant_312711


牛肉湯以外にも「鱔魚(ウナギ)」料理も台南は激戦区である。鱔魚意麵は、各店舗にそれぞれの味つけがあり、海安路近くの赤崁樓にある「阿江炒鱔魚」は、今回私が選んだ店である。


この店のメニューはシンプルで「鱔魚意麵」「鱔魚米粉」「乾炒意麵」「生炒鱔魚」がある。どれを選んでもウナギがたっぷり入っている。しかも肉厚で、サクサクしている。麺は歯ごたえがあり、最も重要なのが先祖代々受け継がれている秘伝のソース、独特な漢方の香りが麺に染みこんでいる点だ。


特に注目したいのが、行列に並んでいる際に、阿江シェフが強火で炒める様子や、ウナギの下処理、麺をゆでる、盛り付ける等の過程とシェフの表情を見られることだ。下準備から出来上がりまでの一連の流れは、まるでショーを見ている気分になる。


住所:台南市中西區民族路三段89號

営業時間:17:00〜24:00(定休日:月曜日)

TEL:0937-671-052


 

#05:上好烤魯味

 

© daliidaiily


滷味や焼き物を台南グルメとして思いつく人は少ないが「上好烤魯味」は私のグルメリストに入っている。なぜなら、食材を煮込んだ後、焼いて燻製するという過程が、私の食欲をそそるからだ。


こういった料理法は台湾各地で見られ、珍しいわけではないが、台南料理の特徴的な所は「甘め」の味付けである。甘しょっぱくて絶妙な味のソースと、炭火焼きとスモークの香りでより一層深みがでる。真夜中でも美味しい香りに思わずお店に引き寄せられる。


住所:台南市中西區康樂街254號

営業時間:16:30〜23:00(定休日:日曜)

電話:06-229-3407


 

原文作者:Ryota|良田沃土
原文責任編集者:古家萱
翻訳者:大森伊紗
校閱者:TNL JP編集部