2021-12-16 経済

SpaceX社倒産危機!スターシップのエンジン生産に問題が マスク社長の「テスラ株売却」は会社延命のためとの噂も

© REUTERS/TPG Images

注目ポイント

最近、SpaceX社社長のイーロン・マスク氏が同社社員宛にメールを送った。その中身は、新世代ロケット・スターシップのラプターエンジンが生産危機に陥ったという衝撃的なもの。しかも、来年2022年までに2週間に1度のペースで、スターシップを打ち上げられなかった場合、SpaceXは「倒産リスク」に直面する可能性がある、とも書かれていた。

実は、SpaceX倒産の噂は何度も出ており、マスク氏はツイッター上で、全世界経済の著しい衰退が問題を引き起こし、同時にSpaceXがスターリンクとスターシップに数十億の損失を出し続けた場合、リスクは低いが、必ずしも倒産しないとは言い切れないとコメントしている。「ゼネラルモーターズとエレクトロラックスは、前回の衰退時に倒産を公言した」と自身で投稿しており、その終わりにインテルの今は無き伝説のCEOアンディー・グローヴ氏(Andy Grove)の名言「パラノイアだけが生き残る」を引用している。

 

 スターシップの「ラプターエンジン」研究・開発にも暗雲

 

現在SpaceXはテキサス州で次のロケット飛行船スターシップの開発を行っている。この飛行船はマスク氏が人類を火星に連れていくために設計した重要な交通手段であり、第一段階では月への安定した着陸を目標としている。飛行船が正式に人類を乗せる前に、重要課題であるエンジン生産問題を解決しなければならず、このエンジンは企業によりラプターエンジンと名付けられたが、最近このエンジン研究開発に良からぬ事態が起きている。


宇宙ニュースサイト「SpaceExplored」は、マスク氏の社員宛のメールには次のように書かれてあったと報じている。「不運なことに、ラプターの生産危機が数週間前と比べ、さらに悪化している。前管理役員が離職し、残した問題の研究に取り組んだ際、そのエンジンは既に私たちが認識していたよりも遥かに悪い状態にあった」。そのうえで「私はもともと今週末に久しぶりの休暇をとるつもりだったが、残念ながら結局、ラプターエンジンのことで時間を割いてしまった」とマスク氏は話していたという。


ニュースでは、メール上の管理役員がSpaceX推進副総裁のウィル・ヘルツリー氏(Will Heltsley)である可能性を指摘しており、エンジンの研究・開発が進展しないことにしびれを切らし、離職したことも考えられるとある。これ以外に、前任務発射運営副総裁リー・ローゼン氏(Lee Rosen)と任務発射運営副総監督リック・リム氏(Rick Lim)もそれぞれ自主的に離職したと報道されている。


「Space Explored」は、さらに詳しくこのニュースに触れ、マスク氏がメールで「家族の重大事情または研究開発センターに来られない場合を除いて、私たちは全力でこの災難に立ち向かい復興に務める必要がある」と全社員の協力を求めたとも報道している。


ラプターエンジンの研究・開発が順調に進まない場合、StarlinkSatellite V2を含むSpaceXの計画生産も難しくなる。マスク氏は「私たちは多額の資金を費やし、ターミナル上で毎年数100万台の衛星生産を行う」と話し、これはエンジンがその役に立たない場合、大量の衛星も使い道がなくなることを意味する。「真相を追及すれば、来年最低2週間に一度のペースでスターシップが飛行できない場合、私たちは本当に倒産リスクに直面する恐れがある」とマスク氏はメール上で強く主張しているのだ。

「Space Explored」は、この件に関する連絡をSpaceXにしたが、返信は未だない。しかし、スターシップはSpaceXの未来に必要不可欠な存在であり、中型輸送ロケット・ファルコン9号で大きな成功を収めたが、「再利用」という技術の壁をまだ越えられずにいる。今回のメールの一件でSpaceXのエンジン生産が困難に直面していることは明らかだ。

 

SpaceXの巨額資金工面にマクス氏がテスラ株売却との報道も

 

ニュース専門の放送局「CNBC」が、昨年に取得したSpaceX内部郵便によると、マスク氏は社員に対してスターシップを会社の「最優先事項」とし、「直ちに明確な開発を進める」よう要求したとある。 衛星産業の専門家が「Space Explored」の取材に以下のように話している。「爆破や破壊が目標の場合、人々はより多くの資金をそれに費やし、爆破過程から大量のデータを取得することで産物も生まれるが、それでもコストはすごく高い」。これまで、マスク氏はロケットによる火星移住の夢を達成しようとしていたが、昨年12月、今年2月、3月初旬と3回に渡る飛行テストは失敗に終わり、毎回爆発のアクシデントが起きている。


また昨年、「スターシップ」の原型といわれる「Serial Number 8」(SN8)が、高度テストフライトを行った。SN8の離陸過程は順調で、空気動力学性能テストなどを含むあらかじめ設定した幾つかの目標により、最終的には高度4万フィートの打ち上げに成功した。だが、飛行6分後にSN8が着陸を試みた際、墜落・爆発が起き、2.16億米ドル(約245億6500万円)のスターシップ原型が一瞬にして炎の中に消え、濃い煙だけが残った。

 

当時、マスク氏はこの事故に対して、集中管理燃料箱の圧力の低さが着陸速度の加速を引き起こしたと話した。しかし、彼は最新のテストで「自分たちが必要な全てのデータを収集することができた」と説明している。

 

 

SpaceXは事前にオフィシャルサイトでも、今回のテストの成功や失敗は、全目標の達成が果たせたかではなく、どれだけのデータを集めることができるかにあると声明を発表している。昨年12月以来、3度の実験に失敗したものの、ようやく高度フライトテストで初めて着陸成功を果たした。アメリカ航空宇宙局(NASA)が4月、正式にspaceXと29億米ドル(約3300億円)の契約を結び、月への乗客宇宙船の開発を委託したと発表した。

 

しかし、マスク氏は最近テスラの株から多額の資金を引き出した。「Space Explored」の報道では「その中の一部はもともと予定されていたものだが、ツイッターの民意調査が彼の決断に影響を与えた。しかし、これらの資金はSpaceXの命綱となり、将来企業内部で起こりうるあらゆる財務問題を解決するだろう」と予測している。


原文作者:莊貿捷
原文責任編集者:翁世航
翻訳者:鴨奥海斗
校閱者:TNL JP編集部

あわせて読みたい