2022-03-22 経済

北朝鮮のミサイル発射実験がエスカレート 狙いは米国全土が標的のICBMと偵察衛星

© Photo Credit: AP / 達志影像

北朝鮮の不穏な動きが活発化している。韓国軍は20日午前、北朝鮮が1時間にわたり放射砲(多連装ロケット砲)を4発発射したと発表。その4日前の16日にはICBM(大陸間弾道ミサイル)とみられる飛翔体を発射したものの、高度20キロ以下の初期段階で爆発し、実験は失敗した。

今年に入り北朝鮮はすでに10回以上ミサイル発射を繰り返しているが、金正恩総書記がエスカレートさせる挑発行為の最終目的は何なのか。AP通信によると、北朝鮮に詳しい専門家の多くは、「複数の核弾頭を装備でき、米国全土のターゲットを正確に狙えるICBMの技術と、軍事偵察衛星を宇宙空間に打ち上げること」が目的だと分析している。

「成功すれば、新たに強力な兵器を軍備に加えると同時に、国民の支持を高め、ウクライナなど重大な問題を抱える米国のバイデン政権と今後、交渉を実現するための有利なカードを増やすことになる」とAP通信は解説する。

そのため、正恩氏が今後数年内の完成を目指すのが、モンスター級の巨大ICBMだという。

16日の発射実験失敗の前、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを2度発射。北朝鮮側はこれを偵察衛星用カメラの実験だったと主張しているが、米韓当局は、2020年の軍事パレードで初披露した開発中の新型ICBMのテスト発射だったとみている。

その新型ICBMは「火星17」という長さ25メートルの北朝鮮最長ミサイルで、一説には「世界最長の移動式弾道ミサイル」とされるものだ。射程距離は1万5000キロにもおよび、米国全土をカバーすることになる。

17年に発射実験をした別のICBMも米国を射程に収めるものが存在するが、「火星17」はそのサイズから搭載量は大きく、ミサイル防衛システムを突破できる複数の核弾頭を装備できる可能性を専門家は指摘する。

韓国航空大学校のミサイル専門家チャン・ヨンウン氏は、「3個の弾頭を装備すれば、1つ目はワシントンに、2つ目はニューヨークに、3つ目はシカゴに落とすことができる」と説明した。

2月27日と今月5日に行った弾道ミサイル発射は「火星17」の1段目のロケット実験で、16日の失敗も同ICBMのロケットの一部を発射したものだったと韓国当局はみている。

「火星17」に並び、正恩氏にとってもう一つの重要な目標が軍事偵察衛星だ。北朝鮮はすでに2つの地球観測衛星の打ち上げに成功しているが、その主な目的は観測衛星そのものではなく長距離ミサイルの技術開発だったとされる。その証拠に2つの衛星が、これまで地球観測をした映像を送った形跡はないという。

実際、今月10日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、正恩氏が偵察衛星の開発を担う国家宇宙開発局を視察。「南(韓国)と日本地域、太平洋上での米軍の行動をわが国の軍に提供するためだ」と明言し、今後、多くの偵察衛星を軌道に乗せる計画を明らかにした。

韓国航空大学校のチャン氏は、「軍事偵察衛星なしでは北朝鮮のミサイルの効果は低い」とし、「正確な情報があって初めてミサイルは確実にターゲットを叩くことができる」と付け加えた。

米国とその同盟国は当然、北朝鮮がそのような軍事衛星の打ち上げを激しく非難し、国連安保理による新たな制裁措置を求めることになるが、拒否権を持つ中国とロシアによる反対で可決されないことは確実だとAP通信は推測する。

そんな軍事偵察衛星の打ち上げの可能性が高いのは、来月15日に控える故金日成主席の生誕110周年直前か、5月10日に行われる韓国の新大統領就任の前だと専門家はみている。

世界がロシアによるウクライナ侵攻に目を奪われる中、北朝鮮は着実に大量破壊兵器を含む強力な軍事開発を進めている。

 

オススメ記事:

経済政策、コロナ、オリパラにウクライナ情勢 全て逆風で習近平主席の3期目続投に暗雲か

台湾を軍事支援する国には「最悪の結末」を 強硬姿勢増す中国が豪州などの介入を牽制

ウクライナ戦争で核兵器使用の恐怖高まるも プーチン氏だけではボタン押せない訳とは…

ロシアがウクライナで生物化学兵器を使用か プロパガンダで米国非難した露に中国も同調

「ゼロコロナ」政策の中国で相次ぐクラスター 都市閉鎖相次ぎ20年初頭の武漢に逆戻り

 

あわせて読みたい