2022-03-29 地方創生

オンデマンド交通は地域社会の救世主となり得るか:MaaSが導く日本の未来(第3編)

© Shutterstock / 達志影像

本シリーズの最終稿となる本編では、日本における様々な取組みなども紹介しながら、MaaSを通じての将来的な展望にも触れていく。

MaaSの発祥地とも言えるヨーロッパ諸国においては、情報通信機器を活用したシームレスな交通サービスの構築に主眼を置いて施策が展開されており、また同時に、SDGs(持続可能な開発目標)に対しても積極的かつ先進的な取り組みがなされていることから、官民一体となってMaaSに取り組んでいる点に特徴があるといえる。また、これらを通じて、マイカー利用率の低下などといった、共通目標に向けての検証可能な具体的成果が見出せていることもMaaSを推し進める原動力となっている。

地域特性に合わせた日本型MaaS

移動手段の効率化や環境保全などに主眼をおいて推進されるヨーロッパ型MaaSに対して、日本型MaaSにおいては、地方創生や地域生活の向上にも重きが置かれ、大都市以外の地域で、移動サービス以外の分野と連携した展開が多いのも一つの特徴である。

地域特性を活かすという側面においては、全国各地の観光資源と交通サービスを連動させた地域・観光型MaaSは、日本型の展開を象徴する一つのサービスモデルともいえる。JR東日本や東急、小田急電鉄などが先駆けとなって本格的な取り組みが開始されて以来、全国各地の交通サービスや民間の主導で積極的な取り組みが行われている。

観光が地域の主要産業となっている沖縄県を例にとると、県内のモノレール、バス、フェリーなどの交通手段や観光施設、商業施設などの様々なチケットがオンラインで購入できるサービスが提供されており、これまでレンタカーを利用しなければ足を伸ばすことができなかった周辺の観光スポットへもアクセスが可能になっている。また同時に、道路の混雑や違法駐車による生活環境の悪化、さらには自然破壊といった観光地特有の二律背反する課題の解消にも大いに期待が寄せられているという。

日本のMaaSになくてはならないもの

日本のMaaSを語る上で、どうしても欠かすことができない要素は、地方型ともいわれるMaaSの展開である。実際に、大都市になればなるほど交通サービスが整備され、公共交通機関の利用割合が高い傾向を示すが、地方都市になるほど公共交通機関の利用割合は低くなり、自家用車の利用率が飛躍的に高くなる。人口10万人以下の地方都市ともなると、公共交通機関の利用はほとんどなく、ほぼ自家用車による移動が主流となっている。

これらは、都市への人口過密化と地方の過疎化という普遍的な課題を象徴するものでもあるが、世界一の超高齢化社会であり、既に人口減少が現実のものとなっている日本社会の未来を語る上でも非常に重要な問題である。その意味において、経済産業省と国土交通省の主導によって、30を超える地域と民間が連携して展開する「スマートモビリティチャレンジ」も移動課題の解決と地域活性化を目指すプロジェクトとして期待されており、これらプロジェクトも含め、公共交通機関が整備されていない地域における「オンデマンド交通サービス」という概念は、日本型MaaSを推進する上での重要なキーワードの一つとなっている。もちろんこれには自動運転技術などのテクノロジーの進化や、新たな都市設計といった要素も外して考えることはできない。

岩手県紫波町が示唆する日本の未来

本シリーズの第1編で最初にレポートしたのは、岩手県紫波町で体験したオンデマンド交通サービスの「しわまる号」であった。誰でもオンライン予約が可能で、町内であればどこでも乗降場所が設定できるという、この未体験のサービスに新鮮な驚きを感じたのも確かであるが、紫波町のハイライトはこれだけではない。

<デマンド型乗合バス「しわまる号」>

人口33,000人で、観光名所として特別知られているわけではないこの紫波町に、なんと年間約100万人が訪れるというのである(コロナ禍前実績)。実はこの紫波町が展開する「オガールプロジェクト」は、補助金に頼らない地域活性化事業として全国から注目されており、その視察や研修も含め、町の内外から年間それだけ多くの人がこの地を訪れているのである。

紫波町も元々、人口の流出や高齢化、地域の活性化などといった課題を抱える典型的な地方都市であったが、今では駅前エリアを中心に、ホテル、体育館、図書館、カフェ、産直マルシェなどの施設が立ち並び、エネルギーあふれる町へと変貌を遂げている。驚くべきことに減少傾向にあった人口が増加に転じるという日本の地方都市では考えられないことが起きている。これも地域の公民が一体となって、明確な設計図を描き、懸命に自らの未来を創造してきた結果である。そして、ラストワンマイルではなくラストテンマイルの課題解決に挑んだこのオンデマンド交通サービスも、そのための不可欠な要因として、町の未来づくりを支えてきたのである。

<しわまる号の予約手順>

第1編でも取り上げたように、紫波町で出会ったハツラツとした笑顔には、高齢化社会を心豊かに生きる確かな自信が込められていたのだと改めて実感する。ここ日本でも様々な課題を解消すべくMaaSの取り組みが行われているが、単に画一的なサービスの提供のみならず、様々なシナジー効果を発揮させながら、より多くの人々の未来を灯す、人に優しい、安全なサービスとして発展していってほしいと願う。これは、80歳を過ぎても未だドライバーズライセンスを手放せない母親を持つ、筆者の切なる願いでもある。

 

オススメ記事:

オンデマンド交通は地域社会の救世主となり得るか:MaaSが導く日本の未来(第2編)

オンデマンド交通は地域社会の救世主となり得るか:MaaSが導く日本の未来(第1編)

世界をリードする台湾半導体産業の本質に迫る。日台の協業によって見えてくる未来とは。------【東京台湾貿易センター陳英顯所長 特別インタビュー】

開幕式で幕が降りた、台湾人の北京五輪

深くて長いお付き合い-日本と台湾の野球―台湾野球の誕生 100年の歩み ―

 

あわせて読みたい