2022-03-15 政治・国際

米国にいる時は米国人、中国にいる時は中国人…北京冬季五輪の金メダリスト・谷愛凌の国籍論争

© REUTERS/TPG Images

注目ポイント

谷愛凌(グー・アイリーン)は、女性アスリートの規範としてのイメージを確立しようとしたが、中国高官から性的暴行を受けたと噂されたテニス選手の彭帥(ホウスイ)のために多くのアスリート、特に女性アスリートが声をあげた時に、谷の姿はそこにはなかった。また、中国人アスリートとしての道を選んだアメリカ生まれの谷が、いつまでこのデリケートな話題に触れずにいるのか、世間は疑問視している。

 

谷はオリンピック選手であり、スタンフォード大学の英才教育を受け、IMGのスーパーモデルでもある。SNS上で有名人となり、中国とアメリカのメディアから引っ張りだことなった。しかし、今年のオリンピックで金メダル候補となったことだけでなく「アメリカを捨てて中国へ」という決断、また彼女はアメリカ人なのか?中国人なのか?と注目が集まっている。

2月8日に行われた北京冬季オリンピックの女子フリースタイルスキー・ビッグエア決勝で、中国代表の元アメリカ代表スキーヤー谷が、中国にとって3個目となる金メダルを獲得した。

レース後の記者会見で、「アメリカを捨てて中国へ」という決断に対するネット上の批判にどう対応するのかという質問にこう答えた。「自分はただの18歳の女の子で、人生を楽しんでいるし、誰かに気に入られようとは思っていない」と。

谷はこうも話している。「まず、私は18歳の女子で子供です。ただの普通の人間です。皆に好かれようとは思っていないし、私は18歳の女の子として、この瞬間の人生を楽しんでいます」。また、「私は教養のない人や私が経験してきた幸せや感謝や愛を経験しえない人達をなだめるために、時間を無駄にすることはありません」。

一方で、「私を信じない人、嫌いな人、それらは彼らの損失です。彼らは永遠にオリンピックのメダルを取ることはできないでしょう」とも。


考え抜かれたキャラクター設定

試合前、この若い中国とアメリカのハーフアスリートは、SNS上で議論を巻き起こしていた。2003年、谷はサンフランシスコで生まれた。アスリートであると同時に、スタンフォード大学への入学を希望して(1600満点のSAT上で1580点の実力)、国際モデル事務所IMGと契約し、スポーツとファッションの2つの世界で活躍している。

3歳でスキーに出会った谷は、9歳でアメリカのジュニアスキー選手権、15歳でイタリアのスロープスタイル・ワールドカップで優勝し、当時のアメリカのスキー界の期待の星となった。

この期間、谷はアメリカ人として競技を行ってきたが、2019年6月に驚くべき意思を表明した。22年の北京冬季オリンピックに中国代表として出場し、ビッグエア、スキースロープスタイル、スキーハーフパイプの3種目で金メダルを目指すと発表し、米中のスキー界に大きな衝撃を与えた。


結果的に国籍は謎のまま

谷の母親は中国人、父親はアメリカ人とされている。だが、父親に関する公的記録は見つからず、谷自身も父親について話すことを拒否している。アメリカ生まれだが、毎年夏には母親と共に北京に戻り、流暢な中国語が話せることから、中国のネットユーザーからは、「カエル姫」「雪の女王」と呼ばれ、親しまれている。

国籍についても、谷は中立的な2つのアイデンティティを維持したいと考えており、よく「アメリカにいる時はアメリカ人、中国にいる時は中国人」と言っている。

谷の国際スキー連盟(FIS)での登録は、中華人民共和国だが、アメリカ国籍の有無については明らかにしていない。また、米国財務省の記録によると彼女がアメリカ国籍を棄権した証拠はないという。

19年2月、中国選手団の中で、習近平と最前列で写真に収まる谷。その数か月後、中国代表として出場することを発表し、「スポーツの発展に貢献したい」と説明した。自身のWeiboアカウントに中国語で「エクストリームスポーツの追求を通じて、中国とアメリカの人々のコミュニケーション、理解、友好を深めたいと思います」と投稿した。

このニュースは、アメリカのコーチをがっかりさせた。谷はなぜ中国代表選手になることを選んだのか?「自分はアメリカにいるよりも中国にもたらす影響の方が大きいと思った」。また、「アメリカでは成長していく過程で尊敬するスターがたくさんいました。でも、中国では、そういう人が圧倒的に少ないように感じたのです。私はアメリカよりも中国で持っている影響力の方が大きいので、最終的にこの決断をしました」と話した。

谷はスポーツへの愛を子供たち、特に女の子たちに伝え、スポーツ文化を情熱で動かす文化に変えていきたいと強調した。

「10個の金メダルを獲っても、30歳には何をしていいのか分からなくなる人もいる」と言い、「私はそういう人になりたくない。メダルを獲得し、何人かの人生を変え、スポーツを変える、もしくはスポーツが繁栄していない国でそれを発展させる助けになりたい」と話した。しかし、谷が中国への移籍を決めたのは、その背後に大きな利益が関係しているのでは?との憶測もある。


中国チームに参加する大きなメリット

中国代表として出場することが発表されて以来、中国で大きな支持を集め、スポーツショップの壁紙や、北京の地下鉄やバスの広告など、あらゆるところで谷の顔が目に付くようになった。IT大手の京東商城、中国の蒙牛酪農、世界第3位のスポーツウェアメーカーの安踏体育用品がスポンサーについている。そして現在、チャイナモバイル、エスティローダー、ヴィクトリア・シークレット、IWCといった高級ブランドを含む、少なくとも23のスポンサーがついており、エル、マリクレール、ヴォーグなどのファッション誌にも登場し、中国ブランドからパリ・ファッション・ウィークに招待されるなど、活躍の場を大きく広げている。

昨年6月、ティファニーが谷と契約を結び、年末にはルイ・ヴィトンとの提携を発表。メディアによると、谷とエンドースメント契約を結んでいる企業は20以上、収入は100万米ドルから250万米ドルに急増したと推定されている。また昨年には、中国におけるキャデラックと、スターバックスの競合であるラッキンコーヒーのイメージキャラクターを務めることが発表されている。

Weiboのフォロワー数が206万人の谷だが、巨大な経済効果は中国以外の国の人々にはあまり良い印象を与えてはいないようだ。フリースタイルスキーの中国のスーパーアイドル・顧愛玲は、AP通信に対し、谷が中国代表としてプレーすることを公表した途端、非難を浴びたと語った。これについて谷は「私は多くの人から批判を浴び、結局は自分の忠誠心とどの国が好きなのか、の問題だと言われました」と話している。

「アメリカで生まれ育ち、練習をしていなかったら彼女は今のような選手にはなっていなかっただろう」と、同じくアメリカのスキー界のセンセーション的存在であるクリスティ・レスキネンは、ESPNのインタビューで語っている。「しかし一方で、もし彼女が中国代表を選ばなければ、今のような知名度、スポンサーを得ることはできなかったかもしれません」ともコメント。谷はよく、人に感動を与えるのが自分の原動力であると話すが、そうなるとやはり、ご都合主義?との見方がないともいえない。事実、WTAは以前、1人の女性選手(彭帥)の安全を考えて、中国市場から撤退したことがある。

アメリカのホープ大学でスポーツと社会について教えているチャド・カールソン氏は、こう指摘する。「谷愛凌は、若い女性の手本になりたいと言いながら、中国に関する社会問題がアメリカで話題になっても、コメントを避けるのである」。カールソン氏は、多くのアスリートが様々な問題について自発的に声をあげるようになっている今、「谷のケースは非常に特別だと感じる」と話す。

中国の問題について聞かれた時、谷は「答えない」と言い切る。「違いを生み出す必要はない。私がしていることは全て包容のためです。これらは、全ての人が繋がっていると感じるためのもの」と話す。

また、母親はニューヨーク・タイムズ紙に対し、中国の政治関連問題についての話題は避けた上で、掲載前に記事を確認出来ることを条件に「娘について話す」とコメントした。谷は女性アスリートの規範としてのイメージを確立しようとしたが、彭帥のために多くのアスリート、特に女性アスリートが声をあげた時、谷の姿はそこにはなかった。中国人アスリートとしての道を選んだ谷が、いつまでこのデリケートな話題に触れずにいられるのか、世界中が注目している。

 

〈おすすめ記事〉

 

原文責任編集者:黃筱歡
原文校閲者:翁世航
翻訳者:黄群儒
校閱者:TNLJ編集部
 

あわせて読みたい