2021-12-15 調査データ

巣ごもり需要で成熟したゲームユーザーの実態が浮き彫りに

© Photo Credit:ShutterStock / 達志影像

注目ポイント

コロナ禍の巣ごもり需要で爆発的人気を博したゲームは、日常レベルでエンタメ化し、徐々に成熟化を迎えている。本レポートは、性別、年齢別によるゲーム利用実態やゲーム端末の種類、アプリ嗜好についての調査結果を基に、成熟しつつあるゲーム利用実態を浮き彫りにした。

性・年代別ゲーム利用状況

若い世代ほど人気があり、年配層ほどゲーム離れをするゲーム利用状況についての統計結果によると、全回答者の65.7%がゲームを利用していることが明らかになった。

 

性別では、男性が67.7%、女性が63.7%となり、女性より男性の方がゲームを利用していることがわかった。

 

年齢別では、16~19歳の就学年齢層が83.4%と最も多く、年齢が上がるにつれ右肩下がりとなった。特に、30~39歳と40~49歳間では18.6%、40~49歳と50~60歳間では13.8%と、大幅な減少が見られた。

 

これは、16~39歳は環境的に大きなストレスがないため、容易にゲームを利用できるためと思われる。40~49歳から50~60歳にかけては、家族の介護や子供の教育費負担など、経済的にも肉体的にも心理的にも負荷が生じるため、ゲーム利用も減少すると考えられる。

端末別ゲーム利用状況

全回答者では、モバイル端末が根強い人気

男性はゲーマー化し、女性は日常エンタメとして見る傾向

端末別ゲーム利用状況についての統計結果によると、全回答者ではスマートフォン/タブレットが85.3%と圧倒的に高く、続いて家庭用ゲーム機が54.2%、PCが53.5%で、家庭用ゲーム機とPCでのゲーム利用に大きな差が見られなかった。

 

これは、13歳から59歳までのスマートフォンの保有率が高いことと、スマートフォン/タブレットの起動時間が短いこと、時間の合間に遊べることなどが理由と考えられる。

 

性別では、男性のスマホ利用が83.5%と高く、続いて家庭用ゲーム機及びPC利用がそれぞれ61.4%、61.3%とほぼ同じ程度のデータとなった。女性のスマホ利用は87.4%で、男性のそれよりもやや高めであることがわかった。一方、女性の家庭用ゲーム機及びPC利用はそれぞれ46.4%、PCが44.9%で、男性と比べそれぞれ15%、16.4%の減少傾向が見られた。

 

これは、女性は無料で遊べるビジネスモデルを好む傾向が強く、男性はゲームのためにフルプライスで支払うことを好む傾向が強いためであると考えられる。

 

年齢別では、16~60歳のスマートフォン/タブレット利用が88.6%で、家庭用ゲーム機及びPCはそれぞれ54.7%、51.8%となった。30~39歳のスマートフォン/タブレット利用は86.9%で、家庭用ゲーム機及びPCはそれぞれ60.5%、53.2%となった。40~49歳のスマートフォン/タブレット利用は84.2%で、家庭用ゲーム機及びPCはそれぞれ53.4%、51.4%となった。

 

50~60歳のスマートフォン/タブレット利用は80.0%で、家庭用ゲーム機及びPCはそれぞれ46.3%、58.8%となった。

 

どの年齢層でもスマートフォン/タブレット利用が圧倒的に高い数値となった。家庭用ゲーム機利用は30~39歳が、最PC利用は50~60歳が最も高い数値となった。

人気のモバイルゲームアプリランキング

年齢や性別を問わず、人気のモバイルゲームアプリは

全回答者では、1位がパズルゲーム、2位がロールプレイイング、3位がシュミレーションゲーム、4位がアクション/アドベンチャーゲーム、5位が音楽ゲームであった。

 

女性は音楽ゲーム、男性はスポーツゲームが人気

性別では、男女ともにパズルゲームが1位で最も人気が高かった。2位は男性でロールプレイイング、女性でシュミレーションゲーム。第3位は男性でアクション/アドベンチャーゲーム、女性で音楽ゲーム。第4位は男性でシミュレーションゲーム、女性でロールプレイング。第5位は男性でスポーツゲーム、女性でアクション/アドベンチャーゲームという性別で好みがはっきり分かれる結果となった。性別による好みで特徴的だったのは、女性の第3位に音楽ゲームが、男性の第5位にスポーツゲームが来ていることで、男女の好みがはっきり分かれた結果となった。

 

10~20代は身体や五感で、40代は時間合間に、50代は簡単だが熟考できるゲームが人気

16~29歳では、身体や五感を使って楽しめる音楽ゲームが1位で最も人気が高かった。続いて第2位にパズルゲーム、第3位にアクション/アドベンチャーゲーム、第4位にロールプレイング、第5位がシミュレーションゲームとなった。

 

30-39歳では、全回答者のランキング結果と同じであった。

 

40-49歳では、1~4位までは全回答者の好みと同じであるが、全回答者の第5位が音楽ゲームなのに対し、カジュアルゲームが来ている。これは、通勤時間や休み時間などの合間に簡単に遊べるためと考えられる。

 

50-60歳では、パズルゲームが1位で最も人気が高かったが、全回答者の2位がロールプレイングなのに対し、シミュレーションゲームで、全回答者の第3位がシミュレーションゲームに対し、テーブルゲームとなった。また全回答者の第4位がアクション/アドベンチャーゲームなのに対し、ストラテジーゲームとなっている。

 

これは、熟考して計画を練ることに焦点を置いたストラテジーゲームが、成熟した思考型に向いているためと思われる。第5位は、全回答者で音楽ゲームとなったのに対し、カードゲームが来ている。カードゲームと言えば、カジノ定番のトランプゲームがメジャーで、全世界共通で成熟層に人気がある。特徴として、ルールは簡単だが、熟考できるゲームに人気がある。

 

コロナ禍のゲーム利用実態調査

調査目的本調査は、コロナ禍のゲーム利用状況を把握することを目的として実施された。

調査対象調査対象は16歳から60歳までの日本人

調査方法Webアンケート

調査期間2021年4月1日- 5日

回答数1050名

執筆:庄司恵子