開票日カウントダウン

選挙ページへ

2023-10-21 ライフ

日本人芸術家の作品、台湾・高雄で展示 漁港の美しさ味わって

注目ポイント

台湾と日本に拠点を置く芸術家、阿部乳坊さんの作品が、南部・高雄市の弥陀漁港で20日から展示される。人の形をした色彩豊かな彫刻など芸術品計5点が堤防などに置かれる。同市海洋局が水産品や漁村文化をPRしようと、阿部さんに協力を依頼した。より多くの人に高雄の漁港の美しさを味わってほしいとしている。

高雄市の弥陀漁港で展示される阿部乳坊さんの作品(高雄市海洋局提供)

(高雄中央社)台湾と日本に拠点を置く芸術家、阿部乳坊さんの作品が、南部・高雄市の弥陀漁港で20日から展示される。人の形をした色彩豊かな彫刻など芸術品計5点が堤防などに置かれる。同市海洋局が水産品や漁村文化をPRしようと、阿部さんに協力を依頼した。より多くの人に高雄の漁港の美しさを味わってほしいとしている。

テーマは「旅路の海」。水際の歩道には、鳥を連れて遠くを指さす旅行者の姿を表した作品が設置された。旅が間もなく始まることを伝えている。海に向かってスマートフォンを構える金色の人型の彫刻は、旅行中に心を躍らせる人を表現した。

11月25日まで展示される。

(蔡孟妤/編集:田中宏樹)

 

あわせて読みたい