開票日カウントダウン

選挙ページへ

2023-09-28 政治・国際

台湾コンビニ各社など 「煮卵」の原産地表示へ 「食の安全」不安払しょくへ

注目ポイント

台湾のコンビニ大手4社などで販売する煮卵などを対象に、原産地表示の試験的導入を指導すると明らかにした。食の安全に対する不安の払しょくを狙う。

コンビニで売られる煮卵(資料)

(台北中央社)台湾で、海外から輸入した卵を使って加工した食品の生産地を「台湾」と表示できることを問題視する声が高まっている。薛瑞元(せつずいげん)衛生福利部長(保健相)は27日、コンビニ大手4社などで販売する煮卵などを対象に、原産地表示の試験的導入を指導すると明らかにした。食の安全に対する不安の払拭を狙う。

薛氏はこの日午前、立法院(国会)社会福利・衛生環境委員会への出席前に報道陣の取材に応じ、現行の規定では国民の認識にずれが生じる恐れがあると指摘。一般の人は調理後に生産地が変わると思わないとし、主要な販路に対して原産地を表示すべきとする指導を試験的に6カ月行うと語った。

衛生福利部(保健省)は期間について9月25日から6カ月とし、カードやラベル、ポップ広告などから1種類を選んで表示するよう求めている。

(沈佩瑤、呉欣紜/編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい