2021-12-07 経済

台湾タピオカミルクティーがフィリピンで大ブームになる⁉ 「ジョリビー」が3.5億台湾元でMilkshopの株式51%を取得

注目ポイント

フィリピン国民に大人気の同国本土のファーストフードブランドであるジョリビー(Jollibee)グループは11月5日、1,280万ドル(3.5億台湾元)で台湾のドリンクチェーンMilkshop(迷客夏)株式の51%を取得したと発表した。台湾タピオカミルクティーが、フィリピンでブームを巻き起こすことになるだろう。専門家は、台湾のシェイクドリンクは東南アジアで大人気。特に見栄えの良さと甘いフレーバーが特徴であると指摘している。

フィリピン飲料市場の年平均成長率11%に

フィリピンは近年人口と収入が年々増加し、消費水準も高くなっている。それに伴い、食品、ドリンク市場も持続的に拡大し、国際的に有名なドリンクメーカー、例えばコカ・コーラ(Coca-cola)、サン・ミゲル(San Migue)、ネスレ(Nestle)などが、揃ってこの国で市場を広げ続けている。

 

駐フィリピン台湾経済チームの調査によると、フィリピンの非アルコール飲料の平均年成長率は10.4%で、茶、コーヒー、その他ホット飲料の成長が最も顕著で、年成長率は11%、その金額は2,739億フィリピン・ペソ(1,506億台湾元)に達するという。

 

調査によると、フィリピンは暑く、現地の人々は甘いものを好むため、現在台湾のシェイク業者、例えばChatime(日出茶太)、五十嵐、一芳、Tigersugar(老虎堂)などのブランドはすでにフィリピン市場に進出し、人気を博しているという。中でも2011年に進出したChatimeの経営は良好で持続的に成長しており、2019年(コロナ前)に店舗数は150に達していた。
 

フィリピンのシェイク飲料トップ10を対象としたi-Buzz Asiaの調査によると、ランキングには台湾とフィリピン本土のブランドがそれぞれ4社、マカオと中国ブランドがそれぞれ1社入っている。マカオの「マカオインペリアルティー(澳門皇茶)」は、卓越したカップデザインとソーシャルマーケティングでChatime(日出茶太)を追い抜き、フィリピンで最も人気のブランドとなっている。
 

フィリピン本土のシェイク飲料ブランドは、その多くがほかの商品と一緒に販売されている。例えばBlack Scoop Cafeは主にコーヒーとミルクティー、Chowkingは中華料理とタピオカミルクティーを組み合せて販売している。唯一、台湾ブランドの脅威となっているSereniteaは台湾に留学経験のある華人が創設したブランドで、豆花ミルクティーが広く人気を集めている。

 

フィリピンの大手ファーストフード、ジョリビーは台湾の有名生乳シェイク飲料店Milkshopを買収し、飲料業界の関心を集めた。ジョリビーは声明で、タピオカミルクティーは1987年に台湾から始まったとした上で、Milkshopは高品質のミルクと天然材料を使用することで有名で、台湾、香港、メルボルン、バンクーバー、シンガポールで250を超える支店を展開しているとコメントした。

 

ジョリビーは、Milkshopの昨年の売り上げが、コロナ流行下でも7,470万ドルに達しており、これはシェイク飲料産業が多くの市場をまたいで大きな魅力を有していることの証明であるとコメントしている。当サイト「The News Lens」の取材によると、台湾シェイク飲料市場の業界関係者は、台湾タピオカミルクティーの魅力はすでに国際的にも認知されており、現在、世界6大陸、ニューヨークからドバイ、ヴェネツィアからカンボジアまで、どこでも台湾タピオカミルクティーの市場が確立していると語っている。


Milkshop生乳シェイク飲料がフィリピンに進出

ジョリビーグループは台湾ではあまり知られていないが、フィリピンではサンミゲルビール(San Miguel Brewery)に次ぐ2番手の多国籍企業であり、本部はフィリピンのパシグにある。主力業務はファストフードチェーンで、ホットドッグ、ハンバーガー、フライドチキンなど伝統的なアメリカのファストフードを提供しており、コーラはペプシコーラを提供している。2019年までに、ジョリビー傘下の外食ブランドは、フィリピン国内で3,195店舗、海外の1,418店舗と合わせ計4,613店舗に達している。

 

業界関係者の間では、東南アジアのシェイク飲料市場の競争は激しく、六角グループ(Chatime傘下)以外に、SHARE TEA(歇腳亭)や他の多国籍飲料グループが競合しており、今になってジョリビーが参入するのは、少し遅いのではないかとの声も上がっている。

 

しかし当サイトが東南アジアに6年余り駐在している国連顧問のJack Huang氏に意見を求めたところ、彼は異なる見方をしていた。シェイク飲料は東南アジアの日常に浸透しており、参入が遅すぎることはなく、台湾ブランドの進出時に鍵となるのは、独自の特色とアイディアの有無であると語り、台湾シェイク飲料が作り出すブランドは、ここ数年、非常に「人気」だと断言した。

 

Jack Huang氏によると、タイでは飲料消費には見た目が重要とのこと。写真映えする華やかなスペシャルメニューがあれば、コミュニティ、インフルエンサーなどの素材を結びつけて人々の間での大きな話題となり、購買意欲と印象をアップさせて素晴らしい販売実績につなげることも可能だとしている。そのほか、東南アジアで「原材料」を調達することが鍵であると彼は指摘する。例えば、キャッサバ粉、ゼリー粉などを安定して供給できれば、経済発展にも大いに貢献することになる。また彼は「甘い」ことについての潜在的な需要を強調している。台湾のシェイク飲料ブランドは、濃厚な味に加えて、進出の過程で一定のローカライズを行っており、今後また多くの台湾企業が、異なるアイディアの飲料を発展させて現地での人気を得ることになるだろうと語っている。


 

あわせて読みたい