2021-12-06 政治・国際

ニューオリンズのコーヒーブランドはどのようにベトナム コーヒーと結びついたのか?       ~黄褐色のコーヒー缶の秘密~

© iStock

注目ポイント

フランスからニューオリンズを経てベトナムまで、そしてナポレオン戦争から南北戦争を経てベトナム戦争まで、この歴史の流れが「カフェデュモンド」とベトナム系アメリカ人を繋いでいる。ベトナム系アメリカ人の若い世代が、改めて母国のコーヒーのルーツを探るが、「カフェデュモンド」のチコリコーヒーが、ベトナム系アメリカ人の文化の一部であることは、揺るぎのない事実である。

シアトルのワシントン大学付近にあるベトナムレストラン「Ba Bar」には、テーブルごとに「スリラッチャソース」と書かれた黄褐色の缶が置かれている。よく見るとニューオーリンズで有名なフランス式カフェ「カフェデュモンド」のチコリコーヒーの缶である。同店のベトナムコーヒーはチコリコーヒーの粉から作られ、アメリカの西海岸から東海岸にあるベトナムレストランで、黄褐色の缶をよく見かける。ニューオリンズのコーヒーブランドとベトナムコーヒーはどのような関係があるのだろうか。

 

You already know what time it is... WING TIME!!! 🍗🍗🍗 Get your wings on special every Tuesday. 10 wings for 6 bucks. It doesn't get any better than this. #BaBarGivesYouWings #seattleFoodie #SeattleFood

Posted by Ba Bar Seattle on Tuesday, April 9, 2019

コーヒー愛好家はアメリカのルイジアナ州ニューオーリンズに訪れた際は必ずカフェデュモンドに訪れる。この店は1862年、ニューオーリンズのフレンチマーケットにオープンして以来、チコリコーヒーと粉砂糖をまぶしたフランスデザート、ベニエが看板メニューとなった。1803年前ニューオーリンズはフランスの植民地であった為、フランス人がコーヒーにチコリを入れる飲み方がカフェデュモンドでも用いられた。フランス人がチコリコーヒーを飲む歴史は古く、19世紀初頭ナポレオンが起こしたナポレオン戦争まで遡る。ナポレオンは大陸封鎖令を出し、イギリスの経済制裁を狙った。逆にイギリスからコーヒー輸入が止まると、フランスのコーヒー愛好家はチコリの根を焙煎、粉砕、抽出したカフェインレスかつコーヒー風味の飲料を作った。終戦後、フランス人はチコリをコーヒーに混ぜて色も味もより濃いコーヒーを飲むようになった。

© Wikipedia

ニューオーリンズでチコリコーヒーが飲まれるようになったのは何故か?1803年、フランスはナポレオン戦争で莫大な資金を費やした為フランス植民地のニューオーリンズを1500万ドルでアメリカ軍に売った。ニューオーリンズはフランス統治時代、ヨーロッパ大陸と最大の貿易拠点でありコーヒーは輸入の主要品目であることからアメリカ建国後、1840年にアメリカ第二のコーヒー輸入港となった。南北戦争中、当時北軍がニューオーリンズ港を封鎖し、繰り返されてきた歴史の中でコーヒーの輸入が減少した。その為、地元の人々はチコリを抽出したものを「代用コーヒー」として飲むようになり、それがフランス植民地の名残りとして残っている。これは偶然なことではない。ニューオーリンズの人々は皆チコリを抽出したコーヒーに牛乳を混ぜたコーヒー牛乳を知っている。このことは、歴史の中で重要な部分であり、現在、カフェデュモンドのチコリコーヒーの原料もフランスから輸入されている。

© iStock

© AP / TPG Images

アメリカ在住ベトナム系移民が、チコリコーヒーを愛するようになったのは、フランス領ルイジアナを植民地から解放後、フランスがベトナムを植民地化した19世紀末に、インドシナ半島でのコーヒーの栽培が普及してからである。ベトナムのコーヒー栽培はカフェイン含有率が高いカネフェラ種(ロブスタ)を導入しており、金属製のカフェ・フィンを使用して抽出したベトナムアイスコーヒーは練乳を混ぜ、氷の入ったグラスに注いで飲むのが主流である。


 

1975年サイゴン陥落後、アメリカ軍の支援で12万5千人のベトナム人がアメリカへ渡った。キリスト教信者数が多く、漁業が盛んなルイジアナ州ニューオリンズには多くのベトナム系移民が定住した。アメリカ在住ベトナム系移民は、アメリカンコーヒーの味が薄くカフェデュモンドのチコリコーヒーを飲んで好みの味だと感じた。「カフェデュモンド」にある黄褐色の缶は、在米ベトナムコミュニティによって流行した。


 

また、「カフェデュモンド」でアルバイトしているベトナム人と特別な繋がりがある、ともいわれている。Louise McKinneyは著書「New Orleans: A Cultural History」の中でこう綴っている。「カフェデュモンドでは多くのベトナム人労働者が雇われ、マネージャーは彼らがチコリコーヒーを友達や家族に送っていることに気づき、アメリカのアジアンマーケットにチコリコーヒーを販売するよう薦めた。それ以来、黄褐色の缶に入ったチコリコーヒーはベトナム系アメリカ人家庭だけでなく、アメリカ全土のアジアンマーケットやベトナム食材店、ベトナムレストランでよく見かけるようになった」。

© AP / TPG Images


 ベトナム系アメリカ人による「ベトナムコーヒー運動」が行われている。確かにカフェデュモンドのチコリコーヒーは、すでにベトナム系アメリカ人の中にしみついているが外国貿易がより盛んになったことで、多くのベトナム系アメリカ人がベトナム本土で生産されるコーヒーを購入するようになった。チコリコーヒーを使用し本確的なベトナムコーヒーを作れるかどうかが話題となった。


 

ベトナム最大のコーヒーメーカー「Trung Nguyên」のアメリカ版公式サイトはこう伝えた。「チコリコーヒーは本物のベトナムコーヒーと何の繋がりもない」。それからベトナム系アメリカ人が立ち上げたコーヒーブランド「Nguyen Coffee Supply」は、公式ブログでも「これ(チコリコーヒー)はベトナムの伝統でもベトナムコーヒーでもない。なぜなら『カフェデュモンド』は、コーヒー豆の出所に触れていないからである」と強調して「ベトナムコーヒーはベトナムで栽培し生産されたコーヒーなので 、『カフェデュモンド』のコーヒーがベトナムコーヒーとして勘違いされてしまう」。これ以外にもベトナムコーヒー運動は密かにアメリカで起きている。近年、ベトナム系アメリカ人シェフやコーヒーマスターの多くはベトナムコーヒー豆をカフェ・フィンで抽出した「ベトナムコーヒー」を積極的に広めている。


 

アメリカには既に6社のベトナムコーヒー焙煎店がある、テキサス州オースティンのPhin Coffee Clubをはじめ、シカゴのFat Miilk、サンノゼのOmni Bev、フィラデルフィアのCàphê Roasters、ニューヨークのNguyen Coffee Supplyだ。Nguyen Coffee Supplyでは、ベトナムダラットの4代目家庭農園の有機コーヒー豆を使い、ニューヨークのブルックリンで焙煎し、アメリカ人のベトナムコーヒーの概念を塗り替えようとしている。

© istock


 

フランスからニューオリンズを経てベトナムまで、ナポレオン戦争から、南北戦争を経てベトナム戦争まで、歴史の流れがカフェデュモンドとベトナム系アメリカ人を繋ぐ。ベトナム系アメリカ人の若い世代が、改めて母国のコーヒーのルーツを探るが、カフェデュモンドのチコリコーヒーはベトナム系アメリカ人の文化の一部であり、揺るぎのない事実である。Nguyen Coffee Supplyの創設者Sahra Nguyenはかつて「私たちの代と一世代上の移民たちは、自宅でベトナムコーヒーを作る際、『カフェデュモンド』を選ぶのだ」と言っていた。

 

原文作者:吳象元
原文校閲者:杜晉軒
翻訳者:大森伊紗
校閱者:TNL JP編集部
 

あわせて読みたい