2023-06-11 流台湾

注目!台湾の定番グルメ「麺線」ってどんなメニュー?日本で買えるインスタント麺線も食べてみた

注目ポイント

日本のそうめんによく似た細い麺を、鰹出汁が効いたとろみスープで煮込んだ麺線は、小腹が減ったときに屋台などで気軽に食べられる台湾人のソウルフードです。最近は日本でも専門店が登場し、台湾食材店に足を運べばインスタントの麺線も手に入れられるようになりました。徐々に知名度を上げている麺線の特徴とは?

大家好! keiko在台灣です。台湾好きには定番グルメ「麺線」。しかし、まだまだ日本での知名度は少ないのかも…? 今回はまだ麺線を食べたことがない方へ向けて、私の視点で麺線について紹介します。 

麺線と聞いて、私が思い浮かべるワードを5個あげてみました。

①とろみのついた鰹出汁のスープ
②牡蠣とモツ
③パクチーのせる?のせない?
④黒酢や豆板醤で味変もおすすめ!
⑤日本人観光客にお馴染みの「麺線」のお店といえばココ!

①とろみのついたカツオ出汁のスープ

麺線を説明する時、一番使うワードです。カツオ出汁のスープはやさしい味わいでとろみがついているので、そうめんのような細い麺にたっぷりからみ、いつまでも熱々の状態で食べられます。麺はしっかり煮込まれているので、消化にも優しそうです。

②牡蠣とモツ

麺線の具材は、この2つが定番です。牡蠣入りの場合は「蚵仔麵線」、モツ入りは「大腸麵線」と表記されていることが多いです。両方トッピングされた麺線を置いているお店もあります。ちなみに台湾の牡蠣は小粒なサイズで、他にもオムレツや炒め物に使われている、日常的に見る食材です。

③パクチーのせる?のせない?

お店によっては「パクチーのせますか?」と聞いてくれます。パクチーが苦手な方はぜひ「不要香菜(ブーヤオ シャンツァイ/パクチーは入りません)」という言葉を覚えてくださいね。

④黒酢やニンニク、豆板醤で味変もおすすめ!

麺線に必須なのが、黒酢やニンニク、豆板醤などの調味料。特に私のおすすめは黒酢! 毎回たっぷりかけていただきます。台湾の黒酢は「烏酢」と言ってウスターソースのような旨味があります。

⑤日本人観光客にお馴染みの「麺線」のお店といえばココ!

私が今までさまざまな台湾観光情報を見た中で、「麺線」のお店といえばやはり「阿宗麺線」。台北の西門町にある店舗にはたくさんの観光客が訪れます。阿宗麺線では、その場で麺線を食べることができるのですが、机はなく椅子のみ。立ったまま食べてもOKです。
行列はありますがスピーディに提供してくれるので、あまり待たずに食べられます。ぜひ1度トライしてみてください。

インスタント麺線を食べてみた!

先日、台湾食材をたくさん扱っている日本のお店でインスタント麺線を見つけました。家でも手軽に食べられるのは嬉しい! 早速作ってみます。

一袋で2〜3人分。とろみをつけるための片栗粉は「玉米(とうもろこし)」で作られているようです。3分ほど煮込めば出来上がり! とっても手軽です。せっかくなので具材を載せてみました。コンビニで買ってきたモツ煮込みや、海鮮ミックスをトッピング。パクチーの代わりには、刻みネギと紫蘇を使いました。

いざ実食! とても美味しいです。麺の食感は普段食べているものと少し違いますが、味わいはしっかり麺線です! 手軽に家で食べられるのは嬉しいですね。次回の台湾旅行では、お土産で麺線のインスタントを探してみたくなりました。

⎯  続きを読む  ⎯

あわせて読みたい