開票日カウントダウン

選挙ページへ

2023-03-25 経済

NFT取引が大幅に縮小した理由は…凋落か?それとも変化の渦中にあるのか?

 2022年はNFTにとって浮き沈みの激しい年になっただろう。多くの著名人やブランドがNFTに参入し、多くのチャンスとビジネスモデルの革新がもたらされた。しかしその後、多くの犯罪が発生し、デジタル通貨界の混乱もあって、NFT市場は複数の課題に直面することになった--。

 2020年10月、デジタルアーティストのビープル(本名マイケル・ウィンクルマン)は、わずか10秒のショートフィルムを非代替性トークン(Non-fungible token)という形で、ユニークなデジタル資産として販売し、67,000ドルで落札された。

 また、同アーティストの『Everydays:The First 5000 Days』という別の作品も、クリスティーズでは100ドルから出品され、最終的には6930万ドルという史上最高額で落札され、当時のNFT作品の記録を更新し、NFTブームを巻き起こした。

© GettyImages

 2020年に新型コロナウィルス感染症が発生してから、各国が国境を閉鎖したため、人が国境を越えられなくなったことから、コレクターや投資家はオンラインだけのモノに大金を求め、NFTの人気が急上昇するきっかけとなっている。

 2021年をNFT元年と呼ぶ人も多く、オンライン辞書の大手であるCollins Dictionaryでは、2021年のNFTの人気を反映して検索結果が1万1000%増加したことから、NFTを“今年のホットワード”に選んだ。

 ソーシャルメディアのアバターやNBAの選手カード、デジタルで作成されたアートワークなど、NFTの幅広い用途から、多くの人がこの新興市場に投資し富の象徴となっているのだ。また、NFTブームにより、主要取引通貨の価値がさらに高まることが考えられる。NFT取引額とETH価格の推移グラフから分かるように、2021年ETHの価格は市場の需要により徐々に上昇し、NFTの1日の取引量は2月以降、ETH価格の伸びと同様の傾向で徐々に増加する見込みだ。

 

NFTと暗号通貨市場の暴騰・暴落について

2021年5月、ETHは4000ドルを超える最初のピークを迎え、世界で2番目に大きな暗号通貨となった。これは暗号通貨投資の需要が急増していることに加え、取引通貨としてETHを主流とするNFTの影響もあると専門家は指摘する。

 

前述のアート作品以外にも、多くの著名人やブランドがNFT市場に参入している。例えば、TwitterのCEOだったジャック・ドーシー氏は、2006年の世界で最初のツイートをオークションに出品し、最終的には1630.58ETH価格で落札され、当時の市場価値に換算すると約7836万台湾ドルとなる。大手越境ECマーケットプレイスのEbayも、ホットな取引市場を獲得するためにNFT市場へ参入することを発表した。

⎯  続きを読む  ⎯

あわせて読みたい