開票日カウントダウン

選挙ページへ

2023-03-07 政治・国際

エスワティニ首相が台湾訪問 蔡総統と会談へ 総統府「心から歓迎」

注目ポイント

中華民国(台湾)と外交関係を持つアフリカ南部・エスワティニのクレオパ・ドラミニ首相らが5日、台湾入りした。6日には蔡英文(さいえいぶん)総統と総統府(台北市)で会談する。

呉釗燮外交部長(右から2人目)と握手を交わすエスワティニのクレオパ・ドラミニ首相

(台北、桃園空港中央社)中華民国(台湾)と外交関係を持つアフリカ南部・エスワティニのクレオパ・ドラミニ首相らが5日、台湾入りした。6日には蔡英文(さいえいぶん)総統と総統府(台北市)で会談する。

総統府のKolas Yotaka(グラス・ユタカ)報道官は5日、報道資料で「心からの歓迎」を表明。ドラミニ首相の訪台は就任後初だとした上で、昨年10月に国王ムスワティ3世が台湾を訪れたばかりであることや、ドラミニ首相に複数の閣僚が同行していることに触れ、「両国間の友情に対するエスワティニの重視を十分に示している」との考えを示した。

また、エスワティニは台湾における重要なパートナーだとし、今回の対面での交流を通じて両国間の協力を引き続き深化させ、外交関係をより強固なものにできればとコメントした。

空港であいさつするドラミニ首相(左)
空港であいさつするドラミニ首相(左)

ドラミニ首相は5日午後、桃園国際空港に到着。中華民国政府の招待に感謝を述べた。

ドラミニ首相は5日間滞在する。期間中、エスワティニに拠点を設けている台湾企業や新竹サイエンスパーク(新竹科学園区)などへの訪問も予定されている。

(葉素萍、呉睿騏/編集:楊千慧)

影片來源:CNA 北部地方組

あわせて読みたい