2022-11-21 政治・国際

世界人口が80億人に 11年で10億人増 「嘆く必要なく、歓迎すべき」との研究者も

© Photo Credit: AP / 達志影像

注目ポイント

世界の人口が80億人に達した。地球の資源が枯渇することを危惧する専門家にとって、この大きな節目は、起こりうる災難の前兆だと見る。だが、米政治専門紙ザ・ヒルは、地球にとって「人口増加は大歓迎」だとする人口問題研究者の見解を紹介した。その根拠とは―。

米ナショナルジオグラフィックによると、世界の人口が10億人に達したのは1804年頃。地球上にホモ・サピエンスが登場してから数十万年後のことだった。ところが、2011年に70億人になってからわずか11年、国連は今年11月15日を「80億の日」と宣言した。

世界では同時に別々の場所で人口爆発と人口減少という正反対の現象に直面している。人口14億人の中国は、過去2000年間維持してきた人口世界1位の座を、今年中にもインドに明け渡そうとしている。実際、1980年に1人っ子政策を取り入れる前から、中国の出生率は減少し始めていたという見方もある。

米国のオカシオ・コルテス下院議員は2019年、「人類は今や地球1・75個分に相当する量の生態系資源を消費している」とし、「我々の子供たちの生活が非常に困難になるというのは、科学的コンセンサス」だとインスタグラムで発信した。そんな状況が事実なら、多くの若者たちは「これから子供を作って大丈夫なのか」という疑問が沸いて当然だ。

米コメディアンで政治評論家のビル・マー氏は、「気候変動問題の中で議論されていない重要な事実は、人が多すぎて、(資源を)使い過ぎていることだ」とし、人口過剰理論を単刀直入に要約した。

マー氏は、18世紀の英経済学者トーマス・マルサスが1798年に発表した有名な「人口論」を引用し、世界の人口が急上昇する一方、人口を養うために必要な資源は平坦な直線でしか伸びないと指摘。「人口論」は、人口増加が食糧増加を上回り、飢餓が間近に迫っているというものだ。

だが、米シンクタンク「ケイトー研究所」のグローバル・リバティ&プロスペリティ・センターで人口問題を分析する上級研究員のマリアン・L・トゥピー氏はザ・ヒルに寄稿。それよると、「人口論」が危惧したような状況は決して起きなかったと指摘。実際は、その反対が真実であることが判明し、増加する世界人口と人々の自由な発想により、人類史上比類のない繁栄と豊かさの時代が開かれたという。

1850年までさかのぼって、何百もの食料品、金属、鉱物、燃料の価格を分析したところ、時間の経過とともに人口増加が人類の革新を促進し、それが〝超豊富〟と呼ばれるほど、我々の生活を豊かにしてきたことが分かったという。

食料品、織物、建材などインフレに関する不快なニュースに接すると、これは直感的に逆だと思えるかもしれない。だが、物価とは単なる「比較」だと同氏は解説する。

8月に出版されたトゥピー氏の共著「Superabundance: The Story of Population Growth, Innovation, and Human Flourishing on an Infinitely Bountiful Planet(超豊富:無限に豊かな地球の人口増加、イノベーション、人類の繁栄の物語)」は、商品やサービスの価格を、それらを購入するための労働時間と比較する

モノの価格は通貨で示され、時給は時間で換算される。時給を計算するには、商品またはサービスの価格を時給で割る。これは、何かを買うためにどれだけ働かなければならないかを示すことになる。したがって、時給が価格値より速いペースで増加する限り、商品やサービスはより豊富になるというものだ。

トゥピー氏は歴史的事実として、全般的に価格は消費者にとって劇的に安くなってきているという。同氏の研究によると、1900年から2018年の約120年の間に、労働者階級のアメリカ人が豚肉を買うために必要な賃金を稼ぐために働かなければならなかった時間は98・4%減少したという。米の場合は97・6%減り、カカオ、小麦、トウモロコシはそれぞれ97・1%、96・7%、96・1%短くなった。

ゴム、アルミニウム、カリ、綿などの非食用商品の場合も99・4%から95・8%の幅で下落した。その間、米国の人口は7600万人から3億2800万人に増加した。

当然、現代の人口増加に対して悲観的な見方の多くは、主に地球上に増え続ける人間が存在することによる環境コストを懸念してのもの。だが、実際には人口が増えると、環境を保護するために必要なイノベーションが促進されるという楽観的な見方もできると同氏は指摘する。

経済発展の過程で、人類は多くの環境破壊を引き起こしてきたが、その過程で人間が生み出した新しい富と知識は、より良い地球を守ることにもつながっているという。

人口増加を懸念する悲観論者が、銅であろうと亜鉛であろうと、地球が有限数の物質で構成されていることに注目することは間違いではないが、これらの資源の有限性は人間の幸福とはほとんど無関係だとトゥピー氏は言う。重要なのは、これらの物質をより価値のある方法で利用し再利用する新しい知識を生み出す人間の能力だというのだ。

例えば細かな砂粒は、最初はガラス瓶、次に窓ガラス、そして近年では光ファイバー ケーブルの材料として、技術革新の中で利用されてきた。新たな知識の量は、地球の物理的な限界によって制限されるのではなく、自由に考え、検討し、つながり、投資し、アイデアや発明をもたらすことのできる人たちの数に比例する。そのためにも人口増加は不可欠だとトゥピー氏は強調した。



 

あわせて読みたい