2022-11-19 政治・国際

「以前は誰もが "漂北 "と言っていたが、今は "脱北 "と言われている」~台北市長選、蔣萬安候補に独占インタビュー~

© 關鍵評論網/范瀞文

注目ポイント

来週26日の台北市長選に出馬する蒋萬安氏は、台湾に帰ってから国民党に入る理由についてこう語った。「経国元総統の勤勉さと人民への愛情は、今も台湾の人々の心に深く刻まれている」。十大建設プロジェクトとは別に、TSMCも当初は趙耀東、孫運璿のような役人と民間の技術者が共同で決めていたものだった。「これが、ビジョンを持ち長期的な発展のための基礎を築くための鍵である」と蒋氏は話している。

【インタビュー:楊士範、文字整理:李芯】


来週26日の台北市長選に出馬する蒋萬安氏は、台湾に帰ってから国民党に入る理由についてこう語った。「経国元総統の勤勉さと人民への愛情は、今も台湾の人々の心に深く刻まれている」。十大建設プロジェクトとは別に、TSMCも当初は趙耀東、孫運璿のような役人と民間の技術者が共同で決めていたものだった。「これが、ビジョンを持ち長期的な発展のための基礎を築くための鍵である」と蒋氏は話している。

2013年ごろマリオは、現在も弁護士として活躍しているウェインと、仕事の関係で知り合った。 とある日曜日、彼のもとに1本の電話がかかってきた。「おい、蒋萬安が立候補するって知ってたか?」。

その後、台北の人々が目にしてきたように蒋氏は2015年に起業を支援する弁護士から政治家へと転身し、デビュー戦では、党のライバルだった羅淑蕾氏を破って小選挙区で当選しただけでなく、国会議員にも選ばれた。4年後、民進党の吳怡農氏を破り、2期目で立法院に進出し、その後、国民党の推薦を受けて台北市長選挙に出馬した。蒋氏は今年まだ43歳で、インタビューの中でも語っているように、国民党に若い「新しい風」が入ったことを表している。


蔣氏は「寝そべり主義」(物事に対し消極的で、寝そべっている姿勢のこと)「仏系」(物事にこだわりがなく、欲のない人)と揶揄(やゆ)されてきたが、選挙が近づくにつれ、かつての選挙本部のアイドル的なイメージを一掃し、頻繁に政策論争を繰り広げ、ライバルと激しくワクチン論争も行っている。


以前は誰もが 「漂北」と言っていたが、今は 「脱北」と言っている。台北で生まれ育った蔣氏は、将来のことを語るとき目を輝かせる。「私は、台北は少しずつ変化する必要があると感じている」。
 

Q:台北市長選への出馬を考えたのはいつごろからですか?

A:私は台北で生まれ、台北で学び、台北で育ちましたが、ここ数年、台北に関連する多くの開発が止まっているのを目の当たりにしています。さらに驚いたのは、この6年ほどの間に、非常に深刻な人口減少が起きていることです。20万人というのは数字で見てもインパクトが大きいですが、その内の6割が子供を連れて台北から離れていった若い世代の親たちなのです。

昔は、自分の力で生計を立て夢を実現するために台北に行き、ここに定住する「漂北」(日本でいう上京の意味)という言葉がよく使われていました。それが現在では、台北から「脱北」する人が多い状態にあり、人々が台北から離れることは、人材を確保できず、かつてのような競争力を失っていることを意味する。

台北は今、岐路に立たされ決断を迫られていると思う。今までのルールに固執しても仕方がない。私はここで生まれ育ちましたが、台北で何かを変えなければならないと感じています。


Q:もしあなたが当選したら、台北ドーム以外に現段階で真っ先に推し進めたいことは何ですか?

A:基本的にどの年代の方と会っても、みんな「都市再生」を口にします。なぜなら台北の建造物は古いものが多すぎるから。台北には築40年、50年を超える古い建物が多くあり、これらは街並みだけでなく、市民の安全にも影響を及ぼしています。政府の調査によると、台北でマグニチュード6.2規模の地震が発生した場合、4900棟以上の建物が倒壊するとされています。

先月、大安区の新威ビルに行ったのですが、築40年、戸数は500戸以上、狭い廊下には家具やガスボンベ、下駄箱、冷蔵庫までが所狭しと並んでいました。生活環境が悪いだけでなく、治安の面でも非常に深刻な問題があります。現在取り組んでいる「都市再生」は、第1段階で住民の90%の同意が必要なため、ハードルが高く、現状81%しか進んでおらず、計画が行き詰まっている。

そこで、「早期参入、容量拡大、柔軟性向上」のために、第1段階のハードルを下げ、人員や予算を増やし、都市再開発を加速させ、歴史ある家屋全体を対象とした審査により、建ぺい率の基準値を緩和することを提案しました。それでなくとも、大地震で建物が倒壊したり、死傷者が出たりするのは大変な問題です。

 

Q:以前は議員のチームを率いていたのに対し、今は8万人の市民と向き合っていますが、この人たちをどう統率していくのでしょうか?

A:国民党から台北市長選に立候補した私は、早速、歴代の市長たちを訪ねて回りました。その中で、黃大洲市長は私にこう言ったのです。「萬安、どんな自治体にいても、必ず壁はあるものだが、どんな時でも“なぜこれを成し遂げたいのか”ということをチームにちゃんと伝え続け、絶対にやるんだという気持ちを忘れないことだ」。

シリコンバレーでの経験から、政府の役割は規制や障壁を取り除くことにあると学びましたし、都市の政策も同様です。何かを変えようとするならば、既成概念にとらわれず、あえてルールや規則を破ることも必要であり、私は常にそれを主張してきたのです。今までの立法院でも同じように、多くの重要な議案について正しいと思うことを貫いてきました。


Q:誰にでも意見はあるものですが、なぜ自分が決めたことが正しいと思うのでしょうか?

A:非常に重要なポイントは、市民のニーズや願望を理解することです。私の都市政策の理念は、市民との連携とボトムアップです。ボトムアップアプローチとは、市民が根本から解決してほしいと感じている課題と、今後に期待することを把握し、市政と共通認識を持って自治体を推進する、これからの政策立案モデルのことです。

法案を推進する時も、政府を監視する時も、私たちは常に市民側に立ち、市民のニーズと期待を最優先に考えています。


Q:奥様は本の中で、あなたを独裁的なリーダーだとは思っていなかったと、とても興味深いコメントをされていますよね。実際、ご自身のことをそのように思っているのかとても気になりますが、いかがですか?

A:実際、私は事実に基づいて話しています。 皆さんは、私が立法院でしてきた言動を見れば、はっきりとわかると思います。私は強い言葉や体の動き、金言で自分を表現するのは好きではない。私は正しいことを貫き、正しくなければそれを厳しく指摘する。これまでもそうでしたし、これからもそうだと思います。


Q:国民党はあなたの生い立ちにそれほど影響を与えなかったとおっしゃいましたが、アメリカから台湾に戻り、選挙に出ようと思ったとき、なぜ国民党を選んだのですか?

A:アメリカから帰国後、選挙に立候補しようと思った最大の理由は、政府の法改正のために、多くの新規事業チームを支援したが結果が出ず、何もできないまま終わってしまうことが多く、無力感を感じたからです。制度の外から叫ぶのではなく、制度の中に飛び込んで、産業だけでなく、台湾の人たちのためにも、法案を推進すべきだと思いました。

確かに国民党には賛同しています。そして、私の立候補によって、政治に参加しようとする若者がいることを示すことができればと思います。国民党の何に賛同したかというと、一番大事なことは経国元総統が国民を愛する勤勉な人だったことです。今でも台湾の人たちの心に深く刻まれているのです。十大建設プロジェクトにしても、多くの若い人が支持するTSMCにしても、その創始者は趙耀東であり、孫運璿などの役人が地域の技術コミュニティと連携して創り上げたものです。


Q:今回の選挙に勝てなかった場合、今後の予定や考えは?

A:どんな仕事でもやるからにはしっかりとやり遂げたいと思っています。それは弁護士でも、議員でも、候補者でも、目的達成のためにベストを尽くします。台北では、街を歩き、1人1人と手を取り合い、支持されるよう努力し、対話の機会があれば何度でも話し、私の政策が何なのかを直接伝え続けます。

また、将来的には、コロナ終焉後の台北市で、大規模な国際コンベンションやカーニバルを開催したいと考えています。例えばアメリカのテキサス州オースティンで毎年開催されている「サウス・バイ・サウスウエスト」のように、音楽祭から始まり、後に映画やマルチメディアを取り入れ、イノベーションとテクノロジーを融合させ、毎年、オースティンに国際的な観光客や専門家を引き込むことが出来るようなもの。このように大規模な国際会議・展示会が開催されることで観光、宿泊、交通、飲食、ビジネスなどの発展が期待されますよね、台北でも同じようなことが出来ればと考えています。


Q:要するに、確実に勝てると思っているんですか(笑)?

A:これらの考えを実現するためには、勝たなければならないのです。


 

あわせて読みたい