2022-11-18 政治・国際

「神様がこのポジションをくれたから、しっかり耐えないと次のステップには進めない」~26日の台北市長選に出馬する黃珊珊副市長に独占インタビュー~

© The News Lens / TJ Ting

注目ポイント

台北市の副市長・黃珊珊氏が今月26日に行われる統一地方選の台北市長選に無所属で出馬すると表明し大きな話題となった。その黄氏は、自分がまだ弁護士や市議会議員のときは、色々な物事に対して、話すことしかできないと感じる場面が多かったが、副市長になってからは「聞く」、「話す」、「行動する」ことができるようになったため、毎日台北を少しずつ変えていくことができ、そのことで台北という都市がとても変わったと感じている。

【インタビュー:楊士範、ライター:黃皓筠】


午後、台北市の無所属市長候補の黃氏がスタジオを訪れた。台北市の青、緑、白の「三つどもえ」の白熱した戦場の中心にいる黃氏は、リラックスした様子。市議員6期から副市長になるまで20年近く政治に携わり、その間に大病を患った黃氏はインタビュー中、選挙と人生について、おおらかな雰囲気で語った。


今回の選挙の感想を聞いてみると「世論調査はあくまで参考で、相手が汚い水をかけてきたら、緊張していると受け止めている」と笑って答えた。もともと市長選に出馬することは予想外であり、もし副市長に任命されなかったら、自分に市長を務める能力があるかどうかさえ知らなかったと言う。未知の結果に対して、黃氏は「今日は明日のことを考えない。考えたら萎縮してしまうから。目標を決めてそれに向かって突き進むだけで、残りは神様に任せる」と言った。


Q:あなたの「住居に正義を3.0」の説明を見ましたが、私の同僚が「台北市の住宅価格や家賃は高すぎるし、多くの住宅は古いし、新しくて合理的な公営住宅は当たらない」と言ってました。もし、わかりやすい方法で若い投票者に伝えるとして、どのようにしたら彼らの心に響くと思いますか?

A(黃氏):台北市で若者が住めるようにする方法はいくつかあります。1つ目は公営住宅で、実は台北市は長い間建設に取り組んでおり、現在、公営住宅の数は全国で1位の2万世帯弱です。2つ目はサブリースで、家賃補助も入れると実際には2万世帯あり、公営住宅と合わせて約4万世帯になります。

しかし、これだけではまだ十分ではありません。台北市の家賃は高すぎて、ワンルームで1万台湾ドルから2万台湾ドルもするのですから、本当に怖いです。注目したいポイントは、賃貸物件のプラットフォームが不透明なため、大家が広告を出したくない状況になっていることです。ですから大家にプレッシャーをかけない、透明で合理的な賃貸市場を作ることが、私たちの次の目標になるかもしれません。

実際、首都圏全体の発展を考えると、全ての若者がここに住むのは理想的ではなく、郊外に住む人もいるはずです。昼間は市街地で仕事をし、夜は郊外の家に帰るというのが本来のトレンドです。

実はかつて、新北市に公営住宅を建設し、台北市で仕事をする案を検討したことがあり、実際、美河市や林口ユニバーシアードの選手村は台北市が建設しました。私たちはこれらの住宅を、公営住宅にそのまま利用したかったのですが、中華民国の法律は非常に面白く、住宅が新北市にあるので、台北市の公営住宅にすると「戸籍法」に抵触してしまうのです。「戸籍法」によれば、新北市に公営住宅を建設した場合、そこに市民が住み込めば新北市民となり、当然、台北市民としての福利厚生は失われ、結局、台北市外の公営住宅を台北市の公営住宅として運用することはできませんでした。

最も重要なのは、大家に住宅をサブリース契約したいと思わせることです。台北市の大家は資産が多く、住宅をサブリースに提供するよりも、空き家にしたままの方がいいと思っているようです。そのため、空き家がとても多いのです。現在、政府は持ち家優遇策を出しており、2世帯、3世帯以上の住宅には住宅税を2倍にするなどしているため、大屋たちには空き家を提供してほしいと思っています。しかし、住宅税は彼らの収入には入らないので、効果はまだ出ていません。

住宅価格や物価は一体性のあるもので、経済発展にも関係するものです。何しろ台北は最高の都市で、仕事も沢山あるし、台北に住みたい人も多いので、公営住宅をいくら建設しても間に合いません。ホテルのような、短期間に多くの宿泊場所を提供する民間施設は、良い選択になるでしょう。


Q:人それぞれ利害が異なると思いますが、あなたのこれまでの経験から、法律であれ市の政治であれ、犠牲になっている人々がやはりいる中で、どうやってコミュニケーションをとり、妥協するのですか?

A:第1に、多数派の利益と少数派の利益の両方を考慮し、バランスをとることが必要で、少数派の利益が多数派の利益に影響を与えてはいけません。第2に、少数派の利益は基本的な補償がなければいけません。

都市更新案の場合、9割の人が賛成してくれましたが、残り1、2軒の立ち退きを拒否している世帯はどうすればいいのか? こういうときは、法律が手続き上の正義を守ってくれるので、その方たちには参加権があり、権利が減ることはありません。それでも反対なら、強制退去の仕組みがありますが、全ての人に完備した手続きを保障した上で、個人の権利の侵害に進みます。

侵害は実際に侵害ではなく、個人の権利と義務はなくなりませんが、それでも全ての人の権利を考慮しなければならないので、私たちはこのような状況下でバランスを取っているのです。何かを決断するとき、まず誰が被害者なのかを聞き、誰が利益を得るのかを考えるのはそのあとです。被害者の状況を理解し、影響を見極めた上で改善策を模索することが重要です。

2人の利害関係者を理解した後、このことが大多数の市民にとって有益かどうかを確認し、この3つの思考ポイントを通じて、どの方法で政策を進めるのかが明確に分かるのです。私たちはやはり1つの都市ですから、一部の人たちにだけ利益を与えるわけにはいきません。全市民にとってこの利益が公平である態度でいたいと思います。
 

Q:『黃珊珊:33のライフストーリー(黃珊珊:33個人生故事)』の著書の中で、当時、大病から回復したときに、To Do ListとNot to Do Listを作り、Not to Do Listの項目を何年もかけて、全て削除したと言っていましたが、その中で私たちに共有できる項目はありますか?

A:もともとは夜更かししたり、コーヒーを飲んだり、その他不健康な物事でした。また、選挙活動やあまり行きたくない付き合いもありますが、それでも無理矢理行く時もあります。選挙ではやらなければならないこともあり、過去は「みんなのためなら、やるか」と考えるようにしていましたが、今は自由自在に心の声に身を任せて、enjoyできることはするようにしています。


Q:本当に1度も、もがいたことはなかったのですか?

A:1度死んでいるのにもがく意味がありますか? もがくことはもちろんありますが、断捨離をして決断を出さないと、いつまでたっても納得のいかない、でもやらなければならないことをしなければなりません。選挙でやらなければならないことは絶対にありますが、少なくとも良心を失わないように、別人にならないように、つまり、初心を保ったままでなければなりません。

私はもともと自分の好きなことをやる人間ですが、大病を患ったことで、このポリシーをより一層、確信しました。


Q:副市長になった経験から、市長選に出馬したいと思ったのでしょうか?

A:もちろん、そうです。副市長になっていなかったら、自分がいい仕事ができるかどうか、わからなかったでしょう。これまで大きな部署のリーダーを務めたことがなかった私にとって、柯市長から副市長を頼まれたときは、実は大きな挑戦であり、彼にとっても大きなリスクでした。

それに対して、私は勉強をするために入ったつもりで、最初から何かできると思っていなかったですし、3か月でうまくいかなければ、交代させられるのではないかという不安もありました。就任して3か月後に防疫副司令官になったのですが、公衆衛生を専門としていなかったので、最初はとても緊張しました。

市政府に入ってまず学ばなければならなかったのは、コミュニケーションと協調の方法でした。防疫政策は市長が決定し、私が実行するのですが、各部署や局と連携し、明確にタスクを割り振らなければなりません。適材適所のポジションに人員を配置し、彼らをまとめて、目標へ向かわせるのが私の仕事です。この経験によって、私はリーダーシップを身につけ、適切な人員配置ができることを知りました。

防疫のほかにも、私は15もの部署の監督をしていました。命令文を作って、部下に実行させるだけではうまくいかないこともあるため、業務上、部下との連絡や調整が必要で、コミュニケーションを取り続けなければなりませんでした。私はいつも、神様がこのポジションをくれたから、しっかり耐えないと、次のステップには進めないと言っていました。


Q:あなたは数年間、副市長を務め、台北ドーム建設契約、屋台改善計画、政府都市更新計画など、多くの難しい案件を処理してきました。自分が市長になったとき、今と違うところがあるか考えたことはありますか?

A:違うところはあると思います。以前はどちらかというと執行役だったので、前線に出ることが多かったです。例えば屋台改善計画では、本当に1軒1軒屋台を回って、コミュニケーションを取り、市政府の計画を伝えなければなりませんでした。公務員の同僚たちは、これまではっきりと彼らに説明できませんでしたが、私は民間出身なので、国民と行政の間の通訳をすることが多かったです。あなたが言うことは彼らには理解できないし、彼らが言うことはあなたには理解できない。その間に欠けているのが、通訳というプロセスなのです。

私が市長になったら、とても重要な過程になると思います。市民に度重なる抗議をさせることはありません。近年、このような状況はかなり少なくなりましたが、もし私が当選したら、もちろん自ら間に入り、仲裁することはできませんが、これは私たちの執政文化となり、問題は後から出てくるのではなく、先に出て来てほしいと思います。一方で、正しい政策を推進するのであれば、それを明確に説明しなければなりませんが、物事が進歩する価値を貫くために、私は過度にポピュリズムに走ることはありません。


Q:自分は青でもなく緑でもない、あるいは青や緑から解放される選挙であってほしいとおっしゃっていますが、具体的には、青と緑がそれぞれ何を代表していると思いますか?

A:青と緑は、実は非常に狭い考えで、統一と独立のための争いでしかないのです。しかし、今の台湾では、もはや争いをする必要はなく、皆同じ台湾人、同じ中華民国人です。45歳以下の人たちは、かつて私たちが話題にしていた、統一や独立の話をあまり知らなくなっていると思います。残っているのは中国がいかに台湾をいじめているか、中国に抵抗し、台湾をどう守っていくかということで、意識的にはみんな同じだと思います。

私にとっての青と緑は、意識を操るために青と緑を塗り分けることです。意識を操らなければ、政党はどのように生き残るのでしょうか? 要は、人はまず色をつけて、私のものだと他の人に投票できないようにする、という考えですが、台北を含む台湾は、この8年間でこの意識から脱却し、今や青と緑の領土マップは存在しません。馬英九氏(青)に投票した人は、蔡英文氏(緑)にも投票したことがあり、蔡英文氏が獲得した817万票のうち、半数は過去に国民党に投票した人たちです。

したがって、投票者の多くは、青や緑で決めるのではなく、今回はあなたに投票し、次回は彼に投票する、という中立的な立場で、あなたが良い仕事をしたのか、数々の問題にどのように関わっているのかを考えて、投票しているのです。むしろ、中立者の票の行き先が勝利を決めると思うのですが、彼らがどう動くかは分からないので、彼らが喜ぶようなビジョンやアプローチを考えていく必要があります。

私はずっと青でも緑でもなく、過去の選挙区では不思議なことに青と緑が半々だったのですが、確実に私の居場所がありました。ですので、この力(中立者たち)はずっとあって、どんどん大きくなっていると思います。


Q:『33のライフストーリー』の中で、何度も「国家と国民のためになる」というフレーズを見ましたが、このコンセプトはどのようにゆっくりと出てきて、身についたのですか?

A:弁護士だった私は、法律が間違っていると伝えることしかできず、枠の中にいて、変えたくても変えることができませんでした。そのため、自分が法律を変える側になりたいと思い、なって初めて、法律だけが間違っているのではなく、他にも色々な問題があることに気づきました。実際、これらは私たち政治家が容易に変えられることばかりで、もし、私たちの存在理由がそのためではないのだとしたら、私たちは存在する必要があるのでしょうか?

政治を行うことは、街をより良くすることです。国家と国民のためになることは大きくなくても、あなたの玄関先の歩行者優先歩道やマンホールのような、小さな物事でもいいのです。しかし、毎日の仕事が全て市民の生活に影響していることを私たちは知っています。まだ副市長ではなかったときは、色々な物事に対して、話すことしかできないと感じる場面が多かったのですが、副市長になってからは、自分から聞く、話す、行動するということができるようになったため、毎日、台北を少しずつ変えていくことができ、そのことで台北という都市がとても変わったと感じています。


 

あわせて読みたい