2022-11-18 政治・国際

クレオパトラの墓につながる地下トンネルか 考古学者がエジプトの神殿の遺跡で発見

注目ポイント

失われたクレオパトラの墓を探し続けてきたドミニカ共和国の考古学者が、ついに発見への突破口となる可能性があるトンネルを発掘したことが発表された。一方、クレオパトラの偶像化された伝説に切り込んだ新刊本が先週発売され、話題を集めている。

エジプト観光・考古省は、ドミニカ共和国にあるサント・ドミンゴ自治大学の考古学者キャスリーン・マルティネス氏率いるチームが、地中海沿岸にあるエジプトの港湾都市アレクサンドリア近郊の遺跡で、深さ13メートルの地下にある全長1305メートルのトンネルを発掘したと発表した。

「今回の発掘では、3つの聖域をもつ巨大な宗教施設と、聖なる泉、1500点以上の遺物、胸像、彫像、黄金の断片、アレクサンダー大王とクレオパトラ女王およびプトレマイオスを描いた大量の硬貨が見つかった」とマルティネス氏はCNNに語った。

「最も興味深い発見は、地中海と沈んだ構造物につながる入り組んだトンネル群だった」とマルティネス氏は言う。2005年からクレオパトラの墓を探す研究を始めた同氏は、次の段階として、クレオパトラの墓が存在する可能性がある、この地下の構造物の調査に当たるという。

定説によると、共和政ローマの政治家・軍人だった恋人のマルクス・アントニウスが、紀元前30年に自分の腕の中で息を引き取ると、間もなくクレオパトラもコブラに自分をかませて後を追った。この説は、当時の絵画や文学にも描かれている。とろこが、2000年以上たった今も、2人が眠る場所についてはほとんど分かっていない。

CNNによると、マルティネス氏は、クレオパトラの墓がアレクサンドリアからほど近いタップ・オシリス・マグナ神殿の遺跡にあると推測。同神殿はエジプト北部沿岸の、ナイル川が地中海に注ぎ込む地点にある。

この説は2009年の発見も大きな根拠となっている。エジプト考古最高評議会は同年4月、タップ・オシリス・マグナ神殿跡を発掘中、クレオパトラの彫像の頭部、肖像が描かれたコイン20枚以上と、アントニウスの面が発見されたと発表。同評議会は、2人がこの場所に共に埋葬された可能性があるとの見解を示したのだ。

他にも理由がある。それはタップ・オシリス・マグナ神殿という名称そのものだ。当時、クレオパトラは「女神イシスが人間に生まれ変わった存在」とされ、アントニウスは「オシリス神の生まれ変わり」と考えられていたというのだ。クレオパトラはこの神話を反映した墓に夫を埋葬することを選んだ可能性があるとマルティネス氏は考えたのだ。

アレクサンドリア周辺で同氏が調べた20の神殿の中で、「タップ・オシリス・マグナ神殿ほど多くの条件を兼ね備えている場所はほかにない」と断言する。

04年、マルティネス氏は、当時のザヒ・ハワス考古学担当相に自分の説を持ち込み、発掘プロジェクトは翌年に許可された。

CNNによると、これまでの発掘調査の結果、「この寺院がイシスに捧げられたものだった」ことが判明し、そのことはクレオパトラの失われた墓が近くにあることを示す新たな手がかりだとマルティネス氏は言う。

さらに、クレオパトラの墓につながる可能性のある海底のトンネルが見つかったことでマルティネス氏は今、海底の発掘調査という〝新たな旅〟が始まったと語った。

そんな中、米著名作家フランシーン・プローズ氏による「クレオパトラ伝:歴史と伝説」(原題)が8日発売された。

英紙タイムズは書評で、「伝説に覆い包まれているクレオパトラの真実は〝セックス依存症の魔女〟だったのか」との見出しで同書を紹介。この疑問に対し、プローズ氏は同書の中で、クレオパトラは39歳で自らの命を絶つまでに関係を持った男はガイウス・ユリウス・カエサル(シーザー)やアントニウスの2人だけだったはずだと確信する。

シーザーとアントニウスはどちらもクレオパトラよりずっと年上で、子宝には恵まれなかったという。 

クレオパトラは父プトレマイオス12世の死を受け、女王として君臨。プトレマイオス朝は自らをギリシャ人だとの自負から、血統を維持するために兄弟間の近親婚が慣習化していた。クレオパトラも弟2人と順に結婚したが、権力闘争をめぐり、それぞれを死に追いやっている。

そんなクレオパトラは、貪欲で権力に飢えた女王として描かれることも多いが、プローズ氏は、私欲どころか、治世の大半をライバルのローマの捕食者からエジプトの独立を守るためだけに奮闘したと指摘。

また、後に古代ローマ帝国初代皇帝となるオクタウィアヌス(アウグストゥス)支持派とプトレマイオス朝およびアントニウス支持派連合軍による紀元前31年のアクティウムの海戦が、別の結果になっていたら、クレオパトラの評価は全く違ったものになったとしている。クレオパトラは〝セックス依存症の魔女〟のイメージからほど多く、慎重なバランス外交を繰り広げた女王で、その努力が成功につながるまで、あと少しで夢破れた。

プローズ氏は、亡きアントニウスの後を追うため、友人たちを集めて最後の晩餐会を開き、コブラに自らを噛ませて自害したというのは後世の創作だが、何らかの毒薬を飲んで命を絶ったとしている。


 

 


 

あわせて読みたい