2022-11-19 ライフ

夜明け前に取引される新鮮な海産物ーー南部の東港魚市場と北部の基隆崁仔頂魚市場

注目ポイント

「魚」は「余」と同じ発音であるため、台湾では「魚」は豊かな暮らしを象徴する食材だ。お祝いの席には尾頭付きが欠かせず、年配者は全部食べ切らないようにと注意する。少し余らせることが「年々有余」を意味するからだ。 四方を海に囲まれた台湾の近海は、世界第二の海流である黒潮が通り、天然の漁場が形成されている。漁業資源は豊富で、魚市場へ行けばEPAやDHAなどの栄養素を持ち帰ることができる。

文・鄧慧純 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

東港の鮮魚市場。一面の漁獲は大漁を表している。
漁船が帰港すると、注意深く魚を吊るして水揚げする。
屏東——東港魚市場
競り人が素早く早口で値をつけていくと、暗黙の了解の下、視線や指の形で取引が成立していく。

マグロでにぎわう小さな港町
「かつて東港魚市が扱った最初のクロマグロは私が捕ったものです」80歳を越えた老船長の蘇進は、1971年のクロマグロとの格闘を語ってくれた。「マグロを狙って海に出て、首尾よく仕留めたのですが、獲物があまりにも大きく、釣り糸が細すぎて力を入れて引けば切れてしまいます。そこで1~2時間も格闘し、マグロの体力が弱ったところで、ようやく引き上げたのです」

当時、東港の魚はまだ輸出されておらず、蘇進によると、当時の林徳和‧理事長らが奔走し、マグロとカジキの日本への輸出が始まり、クロマグロも日本へ輸出されるようになった。

「日木水巷」の創設者で東港の文化や歴史を研究する蘇煌文によると、東港は清の時代に貿易港として栄えたが、日本植民地時代の後期、近くの大鵬湾が水上空港基地となり、東港も軍事要地とされた。後の1970年代になり、政府が十大建設として地方へ資金を投じたことで、東港は漁業と海産物の輸出で栄え始めたのである。

蘇進は1956年に小学校を卒業するとすぐに船に乗り、20歳余りで船長になった。当時は近海の漁業資源も豊かで、黙っていてもたくさん魚が捕れたという。だが、まじめな船長は、どの季節にどの漁場でどんな魚が捕れ、どのような漁具を使うべきかすべて知っている。蘇進が捕ってくるマグロはほかの船のものより大きく高値が付き、暮らしも次第に豊かになっていった。蘇進は、漁師たちがしだいに貧困を抜け出し、暮らしが楽になっていった過程を話してくれた。

興味深いことに、東港の有名な王船祭からも、この歴史が裏付けられる。昔から王船祭の費用は地元住民が出していて、かつて王船は紙で作られていた。「最初に木造の王船が作られたのは1976年のことで、漁師たちの暮らしに余裕が出始めた時期と一致します」と蘇煌文は言う。

魚が豊富に捕れ、漁師は豊かになり、漁船も大きくなっていった。それにつれて造船や船のメンテナンス、製氷、海産物取引などの周辺産業も発達した。2001年、屏東県政府が開催した「屏東クロマグロ文化観光フェスティバル」は、漁業と観光とブランドを融合したフェスティバルで、東港にさらなる活気をもたらした。

東港でよい話として伝わっているのは、漁業者が設立したサクラエビ生産販売班だ。彼らは自主的に休漁し、時間と量を決めて漁を行ない、海洋資源の保全に努めている。現在は、漁船115隻のみに許可が与えられ、毎年11月から5月末までのみのサクラエビ漁を行なっている。サクラエビの保護に努めることで、市場価格は緩やかに上昇し、人と海とのウィンウィンとサステナビリティが実現している。

トロール網漁の市場は午前2時に取引を開始し、空が白み始める頃にようやく終了する。

魚市場のリレー作業

午前2時、南台湾の東港魚市場では準備が始まる。最初に登場するのはトロール網漁の取引だ。市場内の商店や食堂、宴会用の大量の食材などの買い付けの人がやってくる。

数人がしゃがみ込んで作業を始めると、それが生産ラインになる。サバヒーという魚の頭と内臓を取り、市場で見かける切り身にすると箱詰めして出荷する。多くの食材がこの小さな空間で処理され、それぞれの商店へ送られていく。卸売市場だけで見られる光景だ。

午前6時になると、トロール網漁船の市場は静かになり、もう一つの埠頭で水揚げが始まる。女性たちが、魚をひっかけて運ぶ「手鉤」を持ち、台車を押して水揚げを手伝い、重さをはかる。かつて女性が漁船に乗ることは禁じられていたため、女性たちは港に集まって作業を手伝い、わずかな生活費を稼いでいた。地元の人々は、港で作業をする女性を「走船頭仔」と呼び、東港では今もこうした光景が見られる。

水揚げ作業が行われる中、女性たちは素早く魚を台車に並べていき、バイヤーがそこを行き交い、魚を見定めていく。「現在、東港の鮮魚市場の取引方法は、直接交渉と競りの2種類があります」と東港区漁協魚市場主任の鄧自斌は言う。多くの漁船は帰港する前に、すべての漁獲の販売先を決めており、一部の漁船は競りを選ぶ。

正午になると「華僑市場」に明りがともる。1500坪近い空間に400余りの商店が入っていて、鮮魚エリア、調理済みエリア、特産品エリア、食事エリアなどに分かれていて、ここへ来れば、目も舌も満足させられる。さまざまな魚介類が並べられ、店主に魚の名前や味、調理方法などを教えてもらうことができ、ここで買った鮮魚を市場内で調理してもらって食べることもできる。華僑市場の賑わいは夜の8~9時まで続く。その数時間後には隣のトロール網漁市場に再び明りがともり、新しい一日が始まるのである。

多くの消費者は季節限定のクロマグロを目当てに東港を訪れる。
基隆——崁仔頂魚市場
華僑市場の商店にはさまざまな魚介類が並べられ、消費者の質問にも親切に答えてくれる。

台湾北部の鮮魚市場

夜の11時に基隆駅に降り立つと、駅前は静まり返っているが、忠一路から孝一路へ入ると魚の匂いが漂ってくる。昼間は閉じているシャッターが開き、大型トラックが次々と入っていき、魚を入れた発泡スチロールの箱が卸されていく。

店先では2~3人の従業員が、卸された魚を鮮度や大きさで分けて並べていくと、すぐに買い手を待つ状態になる。市場の周囲には大量の氷を乗せたトラックが行き交い、作業の人々のための屋台が並び、市場の開始を告げる。

「夜の11時から入荷が始まり、午前5時まで仕事が続きます」今回、私たちは崁仔頂市場聯誼会の会長で義隆魚行の3代目経営者である彭瑞祺に案内してもらった。「私が若い頃は、午前4時半にようやく営業が始まったものです」と言う。高速道路や雪山トンネルが開通すると、営業開始時間がどんどん早まっていったそうだ。各地からの買付け業者や委託販売の魚が集まってくる。「この市場では全台湾の半分の消費に対応しています。東は花蓮から西は台中までの業者がここに買いに来るのです」と言う。宜蘭の大渓漁港の水揚げも基隆で売られるのだろうか。「そうです。首都圏の購買力は高いので、高級魚も良い値で売れるので、ここへ運ばれてきます」と言う。

崁仔頂魚市場の歴史は清の時代までさかのぼる。彭瑞祺は、彼が経営する義隆魚行の向かいにある建物を指さしてこう話す。「以前はあそこに川が流れていて、満潮の時には船が直接店の前まで入ってきて水揚げしていました。潮が引いた時は自分たちで階段まで運んでいました。『崁仔頂』の名称の由来です」

以前は崁仔頂では、鮮魚だけでなく、干物や漬物も扱っていた。だが彭瑞祺は時代の変化を読み取り、早くから営業方針を転換した。「父親と一晩話し合い、消費者の考えも変わってきたので、将来のために鮮魚だけを扱うことにしたのです」と言う。 

魚市場で働く人は「夜は寝ないので早起きはしない」と冗談を言う。

眠らない市場

深夜12時過ぎ、店が開店の準備を始めると、すぐにお客がやってくる。この時間帯に多いのは日本料理レストランの仕入れ担当だ。

午前2時には卸売業者がやってくるが、荷下ろしもまだ続いている。ここの特色は、仕入れながら販売することだと彭瑞祺は言う。車に積まれた箱には外国のマークがあり、輸入品であることがわかる。桃園空港から運ばれてきたのだ。

競りは各業者の競り人によって行われる。彼らは魚の量と質を見定めて最初の値をつけ、素早く買い手を決めていく。彭瑞祺によると能動的に売値をつけて競りを行なうのを「武市」、静かに取引をするのを「文市」と呼ぶそうだ。

業者によって競り人のスタイルは異なる。彭瑞祺の店の方法は他とは違い、競り人は絶えず価格を調整しながら最も高い値を付けた時には金額を一度しか言わず、語尾を長引かせる。するとすぐに取引が成立するのだ。競り人の巧みで素早い言葉が緊張感を生み、競りのリズムを掌握して買い手を刺激するのである。

午前3時、小型トラックが義隆魚行の前に止まった。夜12時に海に出て釣ってきたイカだ。この時間になると、魚市場の人出はさらに増え、各地の市場の鮮魚店が仕入れにやってくる。

午前4時、競りの声が響きわたる中、次々と鮮魚が運ばれていく。競り人は魚を秤に乗せ、重さを確認すると、指の形を示したり、買い手と視線を交わしたりして次々と交渉を成立させていく。取引は一斤(600グラム)単位で行われ、傍らの従業員が計算機で総額を出し、もう一人が現金を受け取って記帳していく。

午前5時、彭瑞祺の予測通り鮮魚は売り切れ、従業員が容器を洗い、床を掃除していく。空も白み始め、町が目覚めていく中、この一角だけは戦いの時を終えるのである。 

競り人は競りの雰囲気を掌握し、買い手と売り手の双方が満足する値を素早くつけていく。
台湾の北半分の消費に対応する崁仔頂魚市場には各地から鮮魚が集まってくる。
義隆魚行の三代目経営者の彭瑞祺は、崁仔頂魚市場の生き字引でもある。
夜が明け始め、町が目覚める頃、崁仔頂の戦いはようやく終わる。

転載元:台湾光華雑誌

 

あわせて読みたい