2022-11-11 ライフ

呉青峰の最新作、日本人アーティストとのコラボ実現の舞台裏 連載「果てしない中華圏ポップスの魅力」第3回

注目ポイント

台湾の人気バンド・蘇打緑(ソーダグリーン)のボーカルで知られる呉青峰(ウー・チンフォン)さんが、3rdソロアルバム「馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)」をリリース。日本人アーティストとのコラボ曲も多く収録された一作、制作の舞台裏をワールドミュージック評論家の関谷元子さんが綴ります。

台湾の人気アーティスト、呉青峰(ウー・チンフォン)が新作アルバム「馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)」をリリース、日本でも配信されている。

「マラルメの火曜日って何?」と思われるからもいらっしゃるのでは? 実は私もこのアルバムで得た知識です。さっそく披露します(笑)。

ステファヌ・マラルメは、19世紀のフランス印象派の詩人で、毎週火曜日に自宅をサロンのようにして、アーティストを招き芸術などについて語りあっていたそうだ。

ここ招かれた唯一の音楽家が作曲家のクロード・ドビュッシー。マラルメが書いた詩「牧神の午後」をもとにドビュッシーは「牧神の午後への前奏曲」を作曲した。

青峰は、マラルメのようにサロンを開き、このアルバムで様々なアーティストを招いた。12曲全曲が青峰と12のアーティストとのコラボレーションになっている。うち4曲が日本人アーティスト。小野リサ、和楽器バンドの蜷川べに、大橋トリオ、佐藤芳明。

青峰が中華圏で絶大な人気を誇って来たソーダグリーン(蘇打緑/今は名前を変え魚丁糸=ユイディンミー)というバンドのボーカルであることは、中華ポップス・ファンならご存じかと思う。

そして私はというと、ソーダグリーンのデビュー時からの知り合いということもあり、今回、青峰がコラボレーションしたアーティストのうち、大橋トリオと佐藤芳明を青峰と引き合わせるという役割を果たしたこともあった。今回はそんなお話をしたい。

 

まずは、アコーディオン奏者・佐藤芳明さん。

ソーダグリーンが「當我們一起走過巡迴演唱會」と銘打ったツアーを行ったうちの2012年3月3日と4日、台北アリーナをソールドアウトにしてライブを行うことになった。

ソーダグリーンのプロデューサーに、日本でセンスの良いヨーロッパ的なアコーディオンを弾けるプレイヤーを探してほしいと言われ、友人に相談したところ、佐藤芳明さんに白羽の矢が立った。

佐藤さんは、パリへの留学経験もあり、日本では様々なアーティストと様々な音楽でコラボレーションをしてきた個性的なプレイヤーだ。椎名林檎のライブに参加した時は青峰と観に行った。

そんな佐藤さんを台北にお連れし、リハーサルから参加した。百戦錬磨の佐藤さんの音は言うまでもなく素敵で、それと共に佐藤さんの人柄であっという間に青峰のお兄さんのようになり、青峰がじゃれているように見えたことさえあった。

今回の来日でも、私がお話しさせていただいているPodcast「スキアジ」にこの2人が出てくれ、変わらず楽しい空間を作ってくれた。その時の話だが、佐藤さんのことを青峰は「秒回の男」と呼ぶそうで、というのも、佐藤さんは青峰がメッセージすると「すぐに返事をしてくれる」からだそう。これを嬉しそうに言う青峰。佐藤さん、「だって青峰から来たらすぐに返事したいよ」と返すと、照れたような笑顔を浮かべる青峰。

佐藤さんも登場する蘇打緑「當我們一起走過」のMV

 

そして、大橋トリオさん。

青峰は長い間大橋トリオの大ファンで、10年くらい前、高雄アリーナで行われるライブに大橋さんをお連れできないか、と事務所から言われ、大橋さんに快諾いただき、高雄までご一緒した。

夜、リハーサルを終えて大橋さんが待つホテルのラウンジのような所に青峰が現れたとき、手には何十枚ものCDがあった。「これ、サインしてください」と頼む青峰。一瞬大丈夫かと怯む私。と、「あ~こんなに僕のアルバムを持っていてくれたんだ」と笑顔を浮かべる大橋さん、そして1枚1枚違うサインを書いてくれた。

そして次の日、本番前のゲネプロを見に会場に行くと、青峰がソーダグリーンのメンバー・阿龔(アコン)のピアノで大橋さんの曲「わすれない」を歌っていた。プロデューサーが大橋さんに「弾きませんか?」と突然頼んだ。大丈夫か、と再び怯む私。大橋さん、「青峰のキーは?」と尋ね、ステージに向かう。なんと客入れまで10分かそこらだ。1回青峰と合わせた大橋さんは本番でも伴奏してくれた。大橋さんのピアノは、飛び切り繊細で美しかった。

そして、ライブ後に食べた高雄の台湾料理のおいしかったこと!

そんな事が青峰のアルバム「馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)」につながっていったのだと思うと、感慨深いものがある。

収められている曲からは青峰の様々な個性が浮かび上がる。そしてコラボレーションの相手と緊張感あるプレイの中でお互いを高め合い良い所を引き出し合う、そんな融合が味わえる。

まさに力作、青峰の途方もない音楽家としての才能が窺える渾身の一作になっている「馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)」、台湾ポップスの今の力をこの作品から感じていただければと思う。

「馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)」から青峰と大橋トリオのコラボレーション曲「星の王子様」
 

 

オススメ記事:

6年ぶりにニューアルバムをリリース!C-POP界の大スタージェイ・チョウ(周杰倫)を知る。「果てしない中華圏ポップスの魅力」第2回

中華圏の歌神ジャッキー・チュンのキュートな素顔! 連載「果てしない中華圏ポップスの魅力」

 




 

あわせて読みたい