2022-11-05 ライフ

サウンドスケープ—— 文化をのせる台南の音の風景

注目ポイント

大航海時代以来、台南はオランダ、鄭氏政権、清朝などの統治を経たために多くの歴史的建造物が残り、豊かな文化遺産を有する。また台南名物B級グルメも観光客が台南をリピートする要因になっている。 だが、見る、食べるだけでなく、台南には聞いて楽しむ魅力もある。2015年から台南のサウンドスケープ(音の風景)を採集してきた「目目文創(ViVoクリエイティブ・ワークショップ)」は、台南の特徴的な音を発掘し、文化や歴史を聴覚で探求することで観光の新たな次元を開こうとしている。

文・陳群芳 写真・莊坤儒 翻訳・松本 幸子

初夏、陽光あふれる台南にやってきた。「暑くないですか。扇風機をつけましょうか」最初の目的地「再発号肉粽」は開店したばかりで、店員が愛想よく尋ねてくれた。客が注文するより早く、おかみさんが「いつもと同じでチマキ二つ、タレなしね?」と聞いている。スープなら「熱いから気をつけてね」と言うのも忘れない。

清の時代に開業したという百年の老舗の肉チマキを味わっていると、聞こえてくるのは店の表にある小さな池の涼し気な水の音、そして店と客が交わす親し気な会話だ。

話し声や呼び声、肉や魚を切る音などが響く市場の音は、庶民の生活のひとこまである。

音で日常を探る

古くは「府城」と呼ばれた台南市中西区一帯をぶらつく。再発号肉粽と同様の老舗や建築物が至る所にある。「目目文創」のクリエイティブ・ディレクターである楊欽栄は、当初は台南の文化や生活、産業に魅せられ、台南を博士論文のテーマ「サウンドスケープ」の場所として選んだ。

目目文創は音を採集し、文化や歴史の発展も研究する。楊欽栄は、音を聞く経験を生活の場に据え、音の旅を作り上げた。

再発号肉粽から民権路を1分ほど歩くと玄天上帝を祀る北極殿に着く。30メートルほどのゆるやかな上り坂を指して楊欽栄は「さあ、登山に行きましょう」と冗談めかした。

確かに北極殿後殿は昔は「鷲嶺」と呼ばれた旧市街地で最も高い位置にあり、ここまで上ると全く別の音がある。町の喧騒は遠くなり、殿内に流れる伝統音楽や落ち着いた環境の中で、静かな気持ちになる。「鷲嶺」と書かれた嘉慶15年(1810年)の額の前に立ち、目を閉じて風の音に耳を澄ませると、傍らの池の水音も聞こえる。楊欽栄は、ここは山の頂上のようで、百年前にこの地を踏んだ先人のことが偲ばれると言う。

耳を通して台南の文化に触れれば、旅もより豊かなものとなる。

角を曲がると百年

同じく鷲嶺周辺には「鶯料理」と台湾首廟天壇がある。1912年開業の鶯料理は日本統治時代には料亭だった。再建を繰り返して日本式の庭園と建物を保存し、現在は台南の老舗「阿霞飯店」によって運営されている。楊欽栄は、建物内に流れる日本の演歌や、歩くと廊下がきしむ音などに、日本らしさがあると言う。すぐ近くの台湾首天壇は1855年の完成で玉皇大帝を祀る。近所では供え物を売る店の呼び声があり、廟内ではお祓いの音がする。

この二つの建物は異なる時代の遺物だが、これらが楊欽栄の言う台南の最も特別な点だろう。角を曲がれば大通りの喧騒は消え、いま通り過ぎたのは数百年の歴史のある建物かもしれないのだ。

楊欽栄は目目文創のチームを率い、台南の各地を歩いて文化を感じさせる音を探している。

音に文化を尋ねて

ときには、その場所の標識となる音(サウンドマーク)を示すと聞き手の共鳴を得やすい。台南に竹がまとまって植えられている廟は旧市街にある延平郡王祠と鄭成功祖廟だけだが、楊欽栄が鄭成功祖廟に人々を案内する際は、まず風に揺れる竹の音を聞いてもらう。それから、これが鄭成功夫人の愛した七弦竹であることを紹介する。敷地内にある日本式の手水舎からも鄭成功の母親が日本人であったことが偲ばれる。

四季の変化も異なるサウンドを生む。秋冬には祖廟の塀の外の路地に落ちた竹の葉を踏みしめる音がある。「枯葉を踏む音を聞いて鄭成功祖廟だとわかるのは、ここだけにしかない音だからです。それがサウンドマークです」

しかも、音が過去を知る手掛かりとなることもある。台南の清水寺付近で録音していた際、地下を流れる水の音に気付き、その地下にかつて旧市街を流れていた枋渓が残っているとわかった。寺の門にも「寶筏渡川」と書かれた額が掛かる。

言い伝えでは、枋渓を流れてきた木が仏に似た形をしていたので住民が拾って観音像に彫り上げて祀った。それがこの寺の水流観音だ。「水流観音」と刻まれた溝蓋の辺りで耳を澄ませば、冬にはゆっくりと、夏には勢いを増して流れる水音があり、水流観音の伝説が鮮明な体験となる。

わずか11坪の赫茲博物館では、サウンドスケープのさまざまな試みを通して人々の感覚を豊かにしている。

文化的サウンドスケープ

目目文創は2015年からサウンドスケープの採集を開始、最初は民生路ロータリーから放射状に徒歩1キロ広げた範囲で採集、後に安平や白河、ほかの町にも足を延ばした。楊欽栄によれば、サウンドスケープは音源、環境、聞き手の三つの要素が働き合って成るもので、聞き手のいる位置と時間がそれに特殊性と文化性を与える。「サウンドは独立した音源ですが、そこに環境や歴史が関係すれば、サウンドスケープのマークとなります。そのサウンドマークこそがサウンドに、現在或いは過去の意味づけを加えます」

そのため、録音時にはその場にじっくり腰を据え、その場の音が異なる時間に環境とどう関わり合うかを感じる必要がある。例えば中正路と忠義路の交差点にある、市の文化財の土地銀行台南支店は、外側に古代エジプト神殿を模した高い柱廊があり、その天井が奥まった設計なので上下に音が反響する。天井近くには燕の巣が多くあり、早朝や夕方にはおびただしい燕が飛び交い、さえずりがこだまする。そして目を閉じて聞けば彼らの飛ぶ方向がわかるという。「土地銀行の建物の構造のおかげで音は上方から直接耳に入ります。まるでスピーカーに囲まれたように立体的に聞こえ、鳥の声が周囲の車の音を圧倒するほどです」燕と建物の共鳴、そして車の行き来する音が、この建物のサウンドスケープを形作っている。

竹の葉が風に揺れる音は、目目文創(ViVoクリエイティブ‧ワークショップ)が鄭成功祖廟で採集したサウンドスケープだ。

夜は見事に変身

サウンドで町を感じる場合、時間を変えるとその多様性が感じられる。例えば台南の路地裏にある廟に行けば、昼間はときおり自転車やバイクの通り過ぎる音、近くの町工場の機械音、住宅の犬の鳴き声くらいしか聞こえない。だが夕方には隣の飲食店が廟の広場にテーブルを並べて営業を始め、調理の音や客の笑い声など昼間にはなかった活気にあふれる。他に総趕宮前の松仔脚焼烤海産餐庁や馬公廟前の葉家焼烤などの飲食店も、やはり昼と夜で異なるサウンドスケープを作る。

友愛街にある友愛市場は、朝昼晩で異なるサウンドの聞ける空間だ。早朝は買い物の声、昼が近づくと弁当を売る屋台で調理が始まり、肉を叩き切る音や、調理の音、客とのやり取り、受け渡しする小銭の音など市場の音があふれる。午後はしばらく静まるが、夕方になると、昼間に魚屋や八百屋だった場所にテーブルが並び、灯りや音楽も創意を凝らして日本料理や洋食、タイ料理の店が登場する。楊欽栄は初めて夜に友愛市場を訪れた際の驚きを今でも覚えており、この見事な変化はぜひ訪れて体験する価値があると言う。

目目文創は小さな食卓でのインタラクティブな体験装置を設計した。食器を少し動かすと、台南の食に関わる音を聞くことができる。

赫茲博物館の多様な可能性

創立7年の目目文創は常に「いま記録するサウンドは未来の歴史になり得る」との理想を掲げ、サウンドスケープのデータバンクや、台南サウンドスケープを巡るツアールートを作ってきた。そしてそれら資料を整理し、台南サウンドスケープを紹介する『声存指南』を出版した。「生存」と同音の「声存」をコンセプトに、水、火、食、避難所、野営術、気候・地形の6カテゴリーに分け、歴史的建造物やB級グルメ、消えゆく川といった台南のサウンドスケープが紹介されており、これらの場所を再認識できる一冊だ。

大自然のサウンドスケープは生態保護など国際的な共通点を持つが、文化的サウンドスケープにはその地方の特殊性がある。だからこそ文化的サウンドスケープは世界に台湾を知ってもらう手段となり得る。海外の展覧会によく招かれる目目文創は台南人のもてなし好きや茶の文化を日本や香港にも伝えている。

サウンドスケープという概念を広めるため、楊欽栄は藍晒図文創園区(ブループリント・カルチャー&クリエイティブ・パーク)の工房に「赫茲博物館(ヘルツ博物館)」を作った。館内にはテーブル上の食器を動かすと料理の音が聞こえる装置などがあり、またその場で自分の思いを録音したカードを作成したり、目目文創が集めた海外のサウンドスケープも聞けるなど、11坪の小さな空間で世界を聞くことができる。同博物館は2020年に台湾の金点設計賞(ゴールデン・ピン・デザイン・アワード)を受賞、2021年のドイツiFデザイン賞でも最終審査に残った。

目目文創設立当時はいつまで続くか考えもしなかったが、やればやるほどその魅力や他ジャンルとのコラボの可能性が見えてきたと、楊欽栄は笑う。彼によれば、サウンドは町の話す言葉だ。どんな町もサウンドスケープで再発見できる。旅に聴覚を加えれば、体験はさらに深まるだろう。

鷲嶺古地にある北極殿は都会の喧騒を離れ、山頂にいるような静けさを感じさせる。
土地銀行台南支店の吹き抜け空間は、まるでスピーカーボックスのような効果を発揮し、そこに立つと音の生命力が感じられる。
台南市中西区にある清水寺の前の地下を枋渓が流れている。川は目に見えないが、音を通してそれを感じることができる。


 転載元:台湾光華雑誌

 

オススメ記事:

肉圓に秘めた町の物語

庶民に愛される伝統の米食――大根餅

 


 

あわせて読みたい