2022-11-04 ライフ

謹厳実直ながら挑戦し続けた女性生涯を王室と国民に捧げた君主~故エリザベス女王に関する10の豆知識~

© AP/TPG Images

注目ポイント

9月8日に亡くなったイギリス女王・エリザベス2世は、英国君主史上で最も年齢が高くかつ最も長く在位した人物である。

1952年に王位を引き継ぎ、今年で70周年を迎え、96歳で亡くなった一国の帝王は、現代社会における君主制の進化を見届け、その代名詞のような存在である。 ここでは、謹厳実直でありながら挑戦し続けた女性、かつ生涯を王室と国民に捧げた君主を理解するための女王に関する「10の豆知識」を紹介する。


#01:彼女は英国で最も長く在位した君主

これまでの記録保持者は、エリザベス2世の5世の祖にあたるヴィクトリア女王の在位期間63年と216日であり、エリザベス2世の在位期間は70年と214日であった。歴史上、在位期間が最も長かった君主は4歳でフランス王となり、72年と110日間在位した「太陽王」ルイ14世である。エリザベス2世はかつて、これほど長く在位できるのは個人的な目標ではないと語っている。彼女は歴史上、在位期間が最も長かった君主ではないが、少なくとも在位期間が最も長かった女性君主である。


#02:女王のウエディングドレスは衣類の配給券で賄われた

王室のプリンセスとして、ウエディングドレスはおとぎ話のプリンセスのように堂々とした、夢のあるものでなければならない。エリザベス2世ーー当時のエリザベス・アレクサンドラ・メアリー王女は、第二次世界大戦の2年後、ギリシャとデンマークのフィリップ・マウントバッテン王子と結婚した。戦後のイギリスは長い復興期を迎え、緊縮財政政策が実施され、多くの基礎物資が配給制のため配給券で交換しなければならず、プリンセスのウエディングドレスも例外ではなかった。イギリス中の人々がウエディングドレス製作に少しでも役立ちたい気持ちから、プリンセスのために大量の衣類配給券を寄付したが、当時配給券の転送は違法だったため、エリザベス王女は人々の好意を送り返さねばならなかった。

中国製シルクにルネサンス初期の画家サンドロ・ボッティチェッリの絵画からインスピレーションを得た柄を縫い付け、多くのクリスタルと1万個のパールをちりばめた美しいウェディングドレスを実現するために、英国政府は王室に200枚の衣類配給券を追加発行し、誠意を示したのである。
 

© AP / 達志影像

 

#03:女王はコーギー王

女王のコーギー好きはよく知られており、映画「ミニオンズ」、「ロイヤルコーギー レックスの大冒険」、2012年ロンドンオリンピック開会式のスペシャルパフォーマンスなど、数えきれないほどの流行作品の中で、この小さな短足でお茶目な犬が女王の足元を跳ね回っているのが見られる。私生活が極めてプライベートな女王にとって、コーギーは彼女の個人的な嗜好を知ることができる数少ないものの1つである。女王はコーギーが好きなだけでなく、しつけも上手なため、世界中のコーギーファンの間でも女王的存在になっているといえる。

元ロイヤルドッグのトレーナーであるロジャー・マグフォード氏(Roger Mugford)は、「女王は素晴らしいドッグトレーナーです。 私が初めて女王に会ったとき、女王は9匹の犬を飼っていましたが、どの犬もとても躾(しつけ)が行き届いていて、おとなしく従順でした」と述べている。

女王は生涯で30匹以上のコーギーを飼育しただけでなく、妹のマーガレット王女のダックスフンドと交配させ、短足犬家族の中で最も背の低い代表格である2匹を結婚させることに成功した。 このコーギーとダックスフンドのミックスは「ドーギー」(dorgi)と呼ばれている。

© AP / 達志影像

 

#04:女王の無免許運転

王族の生活は一般人と異なり、生活に必須な特定の免許などは必要ない。運転免許証で例えると、王子や王女が外出する際は常に側近が付いているため、運転を覚える必要はない。しかし、女王は運転ができる。昨年、医師の助言に従って静養中だったものの、ヘッドスカーフを着け、サングラスをかけて、ウィンザー城の自宅周辺を運転している姿をジャーナリストの手により写真に撮られている。女王は側近からの運転の申し出を断わり、「ワイルド・スピード」のひとときを大いに楽しんだようだ。

第二次世界大戦中に女王は父親に長い間懇願したあげく、エリザベス王女として英国陸軍婦人部隊に加入し、その際に運転を習得した。王女は軍隊で訓練を受け、軍の大型トラック運転手となり、車の修理方法も習得した。基本的なタイヤ交換やエンジンの修理も彼女にとって全く難しいことではない。王室の行動規範によると、女王は運転するのに運転免許試験や運転免許証を必要としないが、女王も本当に必要ないようだ。女王は重要な式典やお気に入りのイベント(ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーなど)には自分の運転で向かうことを続けており、ジャーナリストたちは、女王が自分で運転しハンドルを手に窓から外を眺める、まるで馬上の君子のような写真を多く撮影している。

イギリスの運転免許証とナンバープレートは、女王の名前で発行されているため、女王は運転免許証とナンバープレートを必要としない。女王の息子であるチャールズ皇太子であっても運転免許証を取得しなければならない中、イギリスでたった1人、この特権を行使することができる。では、もし女王が無免許で道路を走っていたら、バカな警察官が無免許運転で取り締まることができるのか?答えはノーだ。最も根本的な理由は、女王は法律より上位にいるからだ。女王が本当にドムのように「ワイルド・スピード」でロンドンの街を走っていたとしても、スピード違反や信号無視の切符を切られたりすることはないだろう。「罪を犯した王子は庶民と同罪」という素晴らしいことわざがあるが、ご覧の通り、このことわざに女王は入っていない。

 

© AP / 達志影像

 

#05:女王の国技への愛

女王の趣味がドライブとコーギーであることはよく知られているが、この神秘的な女性はそれ以外にも、王室の伝統的な娯楽である乗馬(そのためロイヤル・ホース・ショーが好きだ)と鳩レースが好きで、同時にサッカーも好きである。一国の主と国民が同じスポーツを愛してるとき、厄介な問題が1つ発生する。女王はどのサッカークラブを支持しているのか?女王は自分の発言が大きな騒ぎになることを知っているため、国民は長年、女王の中立的な沈黙について推測し続けなければならなかった。

女王は1960年代からウェストハム・ユナイテッド・フットボール・クラブ(West Hamunited)を応援していたと言われているが、2007年に女王がバッキンガム宮殿でアーセナル・フットボール・クラブの監督であるアーセン・ベンゲル氏(Arsene Wenger)に会ったことをきっかけに、アーセナルに興味を持つようになったと言われている。つまり、女王が最も支持しているサッカークラブは? これは私たちが永遠に知ることのない秘密なのかもしれない。

© AP / 達志影像

 

#06:お忍びで外出する女王

女王は毎回の外出を媽祖巡行のように大々的にアピールするわけではなく、数人の側近とともに目立たないように行動することが多い。ある時、女王がスコットランドを訪れた際に出会ったアメリカ人観光客数人に、地元の人かと尋ねられ、自分は確かに近くに家を持っていると告げた。そして、明らかに女王の顔を知らないアメリカ人観光客らは、「あなたはイギリス女王を見たことがあるか?」というおかしな質問をした。

ユーモアのある女王は真実を告げることなく、横にいる側近を指差し、「私は会ったことがないけれど、彼はあるのよ!」と言ったのだ。

 

#07:女王は学校に行く必要がない

エリザベス王女とマーガレット王女は学校に通ったことがなく、正式な学歴を持っていない。または彼女らが通っていた学校は最も素晴らしい学校だったと言うべきだろう。彼女らは宮殿内にてイギリスで最も優秀な家庭教師の指導を受けており、イギリス歴史協会の創設者で、後にイートン校の副校長となった名高いヘンリー・マーチン氏(Henry Marten)がその1人である。また、エリザベス女王の家庭教師には、「王女物語」の著者であるマリオン・クローフォード氏も含まれており、女王は幼い頃から彼女にフランス語を教えられたため、後にフランスを訪問する度に、フランス大統領とフランス語で直接対話をしてきたのだ。

学校に行かなくても良いからと言って、女王の教育水準が低かったわけではない。 エリザベス王女が7歳の時の1日のカリキュラムを見てみよう。毎朝9:30から11:00までは読み書き、作文、フランス語、ピアノやダンス、午後からは屋外活動、ダンス、歌のレッスンに参加しなければならい。 1936年にエリザベス王女の父親が即位すると、カリキュラムが変わり、歴史、法律、国際情勢、音楽などを学ぶようになった。私たちは就職や社会に溶け込むための必要な知識を身につけるために教育を受けている。 そして、彼女も同じく女王になるために必要な知識と気質を身につけなければならず、すなわち物理や化学は女王が最も関心を持つべきテーマではないのかもしれない。
 

© AP / 達志影像

 

#08:女王の初めてのインターネット体験

多くの若者にとっては少し遅いように感じるかもしれないが、2019年に女王は最初のインスタグラムを投稿した(しかし、83歳という年齢を考えると遅すぎることはないだろう)。ところが、女王が初めてEメールを送信したのは1976年で、当時はまだSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)が発明される前。世界中の多くの人よりもずっと早かった。女王のメールアドレスをご存知だろうか? @より前にあるアドレスは「HME2」(Her Majesty Elizabeth II)で、このメールのタイトルは「女王陛下からのメッセージ」(A Message from Her Majesty the Queen)、メールの最後には女王が今後すべてのデジタル通信で使用している「Elizabeth R」と署名がなされていた。 

女王が初めてTwitterを利用したのは2014年10月で、最初のツイートにはこう書かれていた。

「本日、科学博物館で情報化時代展が開催されることをうれしく思う。皆様にも楽しんでいただけるよう願っている。ElizabethR.」


#09:女王のiPod

2009年に当時のアメリカ大統領のオバマ氏は、女王に特別仕様のiPod(ブロードウェイのヒット曲が満載!)を贈った。 しかし、それ以前の2005年に女王は、米国旅行でiPod(シルバーのiPod mini)を購入しており、米国のメディアはすぐに「女王がiPodファミリーに加わった!」というニュースを発表している。 問題は、オバマ大統領が気を利かせてプレゼントを準備しているとき、誰も女王がすでにiPodを持っていることを伝えなかったようだ。そのため、オバマ大統領は少数のメディアから、女王に贈り物をした行為に関して揶揄された。しかし、ミュージカルは確かに女王の音楽嗜好の1つであり、オバマ大統領からもらった160ギガバイト(当時のiPodの最大容量)の贈り物は、少なくとも女王に数日間ミュージカルを聴かせることができた。


#10:女王の音楽嗜好

もちろん、女王が誰かのファンであると主張することはできない。そのことにより感動して泣きながら膝を打つ所属事務所のことを考えてみてほしい。しかし、女王の90歳の誕生日イベントで、私たちは女王の音楽の好みについてより詳しく知ることができた。 女王の誕生日を祝うラジオ番組「Our Queen: 90 Musical Years」の中で、次のように語られている。

「女王は演劇やミュージカルが大好きで、『ショーボート』(Showboat)『オクラホマ!』(Oklahoma!)、『アニーよ銃をとれ』(Annie Get Your Gun)などをはじめ、聞いただけで踊り出したくなるような、私たちにとって忘れられないものばかりだ」。これらは、ロイヤルパーティーのプランナーであり、エリザベス女王のいとこでもあるレディ・エリザベス・アンソン(Lady Elizabeth Anson)によって明らかにされた。この番組では、女王が選ぶ「ミュージカルベスト10」を発表した。その中には、「オクラホマ!」の同名曲や、「アニーよ銃をとれ」の「Anything You Can Do (I Can Do Better)」、トップダンサーのフレッド・アステア(Fred Astaire)の名曲「チーク・トゥ・チーク(Cheek to Cheek)」などが含まれている。

しかし、この優しそうな老婦人の内面には、冒険を恐れない大胆さがあった。女王はミュージカル黄金期のダンスや音楽に浸っていただけでなく、もう少し刺激的な曲も楽しんでいた。女王は音楽グループのABBAが好きで、特に彼らの不朽の名曲「ダンシング・クイーン(Dancing Queen)」を愛した。DJのクリス・エヴァンス氏(Chris Evans、キャプテンアメリカではない)は、女王のウィンザー城でのパーティーで「ダンシング・クイーン」が鳴り響いたときに、本物のクイーンがすぐに立ち上がって踊りを披露したのを目の当たりにしている。そして、女王はア然とするDJにこう言った。

「この曲を聴くと、すぐに立ち上がって踊りたくなるの。なぜなら、私はクイーンで、ダンスが大好きだから」

まじめな話、「ダンシング・クイーン」の音楽と一緒に踊る資格は私たちの誰にもなく、「ダンシング・クイーン」はこの踊る女王のテーマソングである。

民主主義国家における君主の役割は、実質的な軍事、政治、経済を管理することではなく、一国の主の責任はやや形上なものになる。精神面で国民の団結力を高め、国が正しい方向に進んでいること、どんな困難にも前進を止めることはできないと国民に納得させなければならない。エリザベス2世の功績を見ると、確かにイギリスの王として尊敬を集める存在になっている。 彼女の最も重要な功績は、君主という言葉を、この新しい時代においても異なる面目で存続させていることかもしれない。このイギリス中が涙している日に、みんなでかけがえのないイギリス女王を追悼しよう。


 

あわせて読みたい