2022-11-15 観光

片倉真理の台湾探見ーー司馬庫斯(スマングス)~タイヤル族の仙郷と神秘の森を訪ねて

© YAYA神木。司馬庫斯(スマングス)集落の守護神とも称される存在。集落からは5キロの道のり。

注目ポイント

台湾最後の秘境と称される司馬庫斯(スマングス)では、タイヤル族が平等主義のもと、伝統を守りながら共同生活を送っている。行楽客に人気の観光スポットは樹齢2000年を超える巨木群。また、この一帯は日本統治時代初期にタイヤル族と日本軍が戦火を交えた土地でもある。

「台湾最後の秘境」と言われる集落

台湾で最も奥まった土地。台湾北西部の山岳に位置する司馬庫斯(スマングス)は、原住民族(先住民)のタイヤル族の人々が暮らす仙郷だ。手つかずの自然を誇り、「台湾に残された最後の秘境」とも称される。行政区分では台湾北部の新竹県尖石郷玉峰村に位置している。

ここは1979年、台湾で最も遅くに電気が通じた場所としても知られる。1995年までは集落に至る自動車道路もなく、まさに辺境の地であった。長い間、社会から隔絶され、いわゆる「文明」から取り残されていたが、現在は知る人ぞ知る行楽地として知られている。

集落までの公共交通機関はなく、自家用車で向かうか、ツアーに参加することになる。台北から車で片道4時間。曲がりくねった山道を進み、いくつもの山を越えていく。ようやく現れる司馬庫斯の集落は海抜1500mの地点にあり、深い緑に包まれている。しっとりとした空気が肌を包み込み、別世界のようである。

司馬庫斯(スマングス)の集落は海抜1500メートルの地点にあり、夏場でも朝晩はそれなりの冷え込みとなる。奥に見えるのはシッキュス山(漢字では西丘斯山と表記)とその山並み。

司馬庫斯は台湾で唯一、「原始共同社会」の取り組みが実践されている。これはタイヤル族の伝統に従った自治で、集落の規範に従い、住民が共同生活を送るというもの。土地は共有財産とし、農作業から生活基盤の整備まで、さまざまな仕事をメンバーが分業している。行楽客が利用する宿やレストランも彼ら自身の運営によるもので、これが重要な収入源となっている。

興味深いのは、平等主義が貫かれていることで、年齢や地位などにこだわらず、給与は一人一律3万台湾元(2021年1月~)とされている。ただし、暮らしを支える負荷が大きい女性に対しては配慮がなされ、給与が1000元高く設定されている。

教会前の広場で催された歓迎の儀式。頭目(酋長)と前頭目の息子であるラフィー・イチェが訪問者の一人一人にお清めの水をかけ、仲間として迎え入れる。

母なる樹「YAYA」

司馬庫斯を訪れる行楽客が目指すのは、集落のはずれにある「巨木群」である。集落の東側に位置し、往復約10kmのハイキングコースが村人の手によって整備されている。のんびり歩いて往復5時間ほどなので、早朝に宿を出て、昼頃に戻ってくるコースが組まれることが多い。高低差が少なく、歩きやすいので、年配者や子どもでも気楽に散策が楽しめる。

道中の景色は変化が大きく、飽きることがない。見事な竹林があるかと思えば、数百本もの昭和桜や八重桜が植えられた桜並木もある。また、台湾固有種のカンムリチメドリやミミジロチメドリといった珍鳥を目にする機会も多く、山中には彼らのさえずりが響きわたる。

300年前に集落があった場所。疫病でたくさんの死者が出たために移転したが、竹林の中には今も祖先が眠る墓があるという。

コースにはいくつかの休憩所やベンチが設けられている。こういったところで適宜休息を取りながら、自分のペースで無理なく歩いていく。注目したいのは、谷に面して窓が透明なトイレ。思いのほか迫力に満ちた眺望が楽しめると評判だ。

クライマックスとなる巨木群は独自の空気感に包まれ、まるで妖精でも出てきそうな雰囲気。清らかな渓流が随所に流れ、聳え立つ樹々の間にはシダ植物が鬱蒼と生い茂り、亜熱帯の緑を体感できる。

巨木は複数あるが、シンボルとなっているのはタイヤル語で「母」を意味する「YAYA」と名付けられた紅檜(ベニヒノキ)だ。樹幹20.5mという大きさで、樹齢2000年以上と測定されている。大木の途中から太い幹が伸び、途中でほぼ直角に曲がっている。その様子は天に向かってガッツポーズしているかのようにも見え、訪れた誰をも圧倒してやまない。

悠久の時を経て、今もなお力強く立ち続ける「母なる樹」は、まさに「神木」と呼ぶにふさわしい存在感だ。巨木の前に身を置くだけで体の中に元気が漲ってくる。なお、ここはタイヤル族と日本軍が戦火を交えた「霞喀羅(シャカロー)事件」の際、女性や子供たちが避難した場所だったという。

巨大なYAYA神木。前頭目のイチェ・スロンはお告げに従い、山林に眠る巨木群を探したという。1991年の発見後、集落は大きく発展することになった。

人気ゆえの悩みや問題もある

現在、司馬庫斯の人気は高く、「上帝的部落(神の集落)」などという称号も与えられている。1日あたり約100名もの行楽客が訪れており、特にコロナ禍においては雑踏を嫌ってハイキングや山登りをする人たちが増えたため、より大きく注目されることとなった。とりわけ桜のシーズンには大勢の人たちが訪れ、2020年春には1日で4000名の行楽客が押し寄せたこともあった(2021年以降は人数制限をしている)。

人気が高まれば、その分、新たな悩みや問題も出てくる。行楽客によって出されるゴミの処理問題や自然生態の保護、生活インフラの保全など、取り組むべき課題は少なくない。

観光業によって収益を上げ、それを還元することで伝統的な共同生活を守っていく取り組みは、各界の注目を集めている。台湾の原住民族が受け継いできた文化をいかに守り、発展させていくか、彼らの試みは今も続けられている。訪れる際にはしっかりとマナーを守って自然と彼らの文化に接したいところである。

宿泊場所となるロッジは広々として清潔感に溢れている。文字通りの秘境だが、快適に過ごすことができる。

 

取材協力:江孟蓉、鶴悠旅行社、瓦浪(Walang)。撮影:片倉佳史


 




 


 

あわせて読みたい