2022-10-24 ライフ

今時の台湾女性や若者は〇〇を好む? 知られざる台湾のお酒事情

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

台湾人の年間の平均飲酒量は日本人の半分にも達しませんが、女性や若者の間で高粱酒が見直されたり、スコッチウイスキーやカクテル人気も高まっています。高級なイメージだった日本産の日本酒を気軽に楽しめるスペースも登場しているようです。

こんにちは、台湾在住・台湾大好きライター津山です! 今回は、台湾現地のお酒事情についてご紹介したいと思います。

台湾を代表するお酒といえば、最近では日本の大手コンビニでも手に入るようになった、台湾ビール(Taiwan Beer)です。スッキリとした喉越しが台湾の炒め物料理(熱炒:ラーチャオ)にピッタリで、台湾料理には欠かせないお酒となっています。

しかし、台湾人に愛されているお酒は、台湾ビールだけではありません! 台湾では、ウイスキーから、とうもろこしを主原料とする高粱(コーリャン)酒や日本酒まで、実に多種多様なお酒が飲まれています。

しかも台湾は近年、世界的な品評会で何度も賞を獲得しているウイスキーメーカー・カバランや、世界大会で優勝するほどの実力派バーテンダーを輩出するなど、お酒の世界で目覚ましい活躍を見せています。

そこで今回の記事では、台湾における知られざるお酒事情や、台湾人に好まれるお酒、また日本からの日本酒の輸出額が世界トップ5に入る台湾で、日本のお酒がどのように受け入れられているのか、詳しくご紹介します!


 

台湾お酒事情:台湾人とお酒の付き合い方

台湾人の平均年間飲酒量

台湾というと、紹興酒や高粱酒など、度数の高いお酒をイメージされる方もおられるかもしれません。しかし、実は台湾人の飲酒量は、世界の中では少ない方です。

OECD台湾メディアが公開したデータを調べたところ、台湾人の1年間の平均飲酒量は3.2リットルとなっており、日本の平均飲酒量7.2リットルと比較すると、半分にも達していません。

実際に台湾で生活していると、金曜日の台北であっても、街中で酔い潰れた人を見かけることがほとんどありません。台湾では、バイクや車で通勤している人が多く、仕事終わりに飲みに行くといった習慣がない、という背景もあるようです。

 

台湾のお酒市場に見られる変化

一方、ここ数年で、台湾のお酒事情は少し変化しています。

日本国内では、若者を中心としたお酒離れが進み、酒類の国内販売が減少傾向であるのに対して、台湾政府が公開している酒類の流通量を調べてみると、輸入酒の流通量は20年前の2倍以上に増えています。

この動きに伴い、台湾向けの日本のお酒(日本酒や焼酎)の輸出額も、年々増加しています。後ほど詳しく紹介しますが、2019年以降、日本から台湾に日本酒を輸出する際の関税が40%から20%に軽減されるなど、日本産のお酒類の受け入れ先として、台湾には今後さらに期待ができそうです。


台湾で実際に飲まれているお酒

台湾人に最も飲まれているお酒は、量で比較するとやはりビールです。

しかし最近では、度数が高く、女性や若者のファンが少なかった高粱酒のメーカーが、4種類の新たな風味や新しいカクテルを開発して、ファンを増やしています。

また、台湾は近年、ウイスキーの消費量の多さで世界の注目を集めており、特にスコッチウイスキーの消費量においては、世界でもトップレベルです。The News Lensの調査によるとウイスキーは台湾の女性にも好まれている、という結果が出ています。

その他にも、台湾では若者を中心に、リキュールを使用したカクテルが注目を集めています。近年、台湾では、アジアのトップ50に選出されるバーや、世界大会で賞を獲得する実力派バーテンダーが次々と誕生し、カクテル好きの人にとって非常に魅力的な場所になっています。

皆様が台湾を訪れる際は、台湾ビール以外にも、ウイスキーや高粱酒など、ぜひ色々な種類のお酒を楽しんでください!

台湾お酒事情:台湾における日本のお酒の立ち位置

日本のお酒は高級品? 台湾人の生活に浸透しない背景

親日のイメージが強く、日本料理屋も多く出店している台湾ですが、台湾人の中には、日本産の日本酒や焼酎は高価で手を出しにくい、というイメージを持っている人も少なくありません。その理由の一つは、日本の酒類に課される高い関税です。

台湾では、日本からお酒を輸入する際に、以下の3種類の関税がかかります。

日本酒、焼酎を例にした場合の計算方方法(2022年10月現在):

  1. 関税:販売価格×日本酒は20%、焼酎は40%
  2. 酒税:アルコール度数×1度ごとに日本酒は7TWD、焼酎は2.5TWD×内容量
  3. 台湾営業税:(販売価格+関税+酒税)×一律5%

参考:常見菸酒之稅額試算範例

特に、日本産の焼酎は関税が40%も課されるため、実際に台湾で流通される際には、物流費や小売店のマージンも上乗せされて、元の販売価格の3倍〜4倍の価格になってしまいます。

台湾産の日本酒や、韓国産の焼酎が、1本1000円以内でコンビニで購入できることを考えると、専門の酒屋等でしか手に入らず、しかも数倍の値段をつける日本産のお酒は、台湾人が日常で楽しむお酒としては、少しハードルが高いと言えます。

台湾で日本のお酒を広める新たな動き

しかし、最近では、日本のお酒にとってプラスになる嬉しいニュースもあります!

まず、2022年10月13日から、日本人の台湾入国時の自宅隔離が不要になり、今後はコロナ前のように、日本の酒蔵が台湾を訪れて試飲会などのプロモーションを行えるようになります。

また、2022年10月には、東京駅の駅ナカで立ち飲みバーを開く「長谷川酒店」が、台湾の美食レストランをプロデュースする中租企業と協力し、台北メトロ「市政府」駅の目の前に、日本酒の試飲ができる酒屋「仲酣(JLK SAKE STUDIO)」をオープンしました。

筆者も早速行ってみましたが、日本酒の試飲が1杯120TWD(2022年10月のレートで約550円)で楽しめました。今後も、​​仲酣(JLK SAKE STUDIO)のように、台湾人にとって、日本のお酒が気軽に楽しめる場所が増えていくことを、期待します!

 

オススメ記事:

愛が止まらない!? 台湾大好きライターが台湾で見た日本アニメの人気ぶり

台湾バイク産業の発展の裏には日本企業がいた!台湾バイクの歴史と変わる台湾バイク市場

 


 


 

あわせて読みたい