2022-10-24 政治・国際

台湾を世界のブランドに――メイド・イン・タイワンを輝かせた 「加工輸出区」の栄光とこれから

© 台湾光華雑誌より

注目ポイント

高雄の加工輸出区(EPZ、Export Processing Zone、輸出加工区)、現在の「前鎮科技産業園区」の製品陳列室。中南米地域の友好国から訪れた来賓が、展示された過去の製品を指さして「ああ、このポータブルステレオは、子供の頃、私も1台持っていましたよ」と声を上げた。これに対して「そうですよ。これは台湾製で、ここから輸出されていったのです」と加工輸出区管理処高雄分処に勤務して20年を超える広報担当の丁世徳が答えた。

文・鄧慧純 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

経済部加工輸出区管理処提供

日立のブラウン管テレビ、ソニーのウォークマン、高級ファブリック、そして野球のグローブなどの商品は、かつて高雄加工輸出区(輸出加工区、EPZ)で生産され、高雄港から世界へと輸出された。これらメイド・イン・タイワンの製品が世界共通の記憶を形成してきたのである。この十数年、メイド・イン・タイワンはさまざまなハイテク製品の中に身を隠している。自動車、スマートフォン、ゲーム機などのチップ類は、いたるところにメイド・イン・タイワンが浸透していることを示している。

楊伯耕は、早くも1966年に加工輸出区が設立されてから、受託生産と輸出を通してメイド‧イン‧タイワンは世界に広く知られていたと語る。

台湾の経済の奇跡

「前世紀の60年代、台湾には資金と技術が不足していました。農村の人口が都会へ出始めて失業率が上昇し、対外的には外貨準備高も不十分でした。こうしたさまざまな要因から、政府は工業と貿易の発展の重要性と切迫性に気づいたのです」と経済部加工輸出区管理処の楊伯耕・処長は、「加工輸出区」設立の背景を語る。当時は欧米や日本など先進工業国の製造業が積極的に海外移転していた時期で、当時の李国鼎・経済相は「域内、税関外」という加工輸出区(EPZ)の概念を打ち出し、1966年に世界で初めての加工輸出区を設立したのである。

その場所に選ばれたのは高雄だった。港を浚渫して得た土砂を盛った埋め立て地が「加工輸出区」の予定地となった。港も空港もそろっている高雄は、原材料の輸入や製品の輸出にも有利だからだ。「加えて税の優遇策やワンストップサービスなどにより、多くの行政手続が簡略化され、企業の投資にも有利でした」と話すのは加工輸出区管理処高雄分処の呉大川・分処長だ。

果たして加工輸出区は台湾経済を飛躍的に成長させ、初年度には海外から1500万米ドルの投資を呼び込んだ。広さ72ヘクタールの敷地は2年で飽和状態になり、政府はさらに楠梓と台中の潭子にも加工輸出区を設けた。

その目覚ましい業績と経験から、ほかの国々もこれに倣い、韓国は馬山に、ベトナムはタントゥアンに、フィリピンはスービック湾やクラーク特別区などにEPZを設けた。さらにパナマやモロッコ、パラグアイ、チェコなど20数ヶ国からも視察団が訪れた。1970年代の末から設けられるようになった科学園区(サイエンスパーク)も加工輸出区の制度に倣ったもので、台湾経済をさらに大きく成長させることとなった。

加工輸出区にある「時代巨輪」の彫刻は素朴なイメージがあり、かつて全国民が懸命に働いて経済を成長させた時代を思い起こさせる。

台湾の基礎は人材

「2010年に経済部工業局はメイド・イン・タイワンをブランドとして打ち出し始めましたが、実際には、それより先の1966年の加工輸出区の設立以降、受託加工と輸出によってメイド・イン・タイワンはすでに広く世界に知られていたのです」と楊伯耕は言う。

当時、最も多かったのは日本企業による投資だった。当時の受託生産や加工は労働集約型で、地域に大量の雇用をもたらし、それが高雄周辺にまで広がり、隣の屏東県から働きにくる人もいた。古い写真には、出勤時間に自転車に乗った人が道を覆いつくす様子が写っている。

日系の台湾亜細亜興業の鄭寧娟・副総経理は、1970年から加工輸出区で働き始めた。最初は経理の仕事から始め、会社の経営企画に加わり、一歩ずつ昇進してきた。その話によると、同社は日本の日東電工とともに加工輸出区に投資して入居した。当初は主に工業用ペーパーパイプを生産して日東電工に供給するという間接輸出の形態だったが、その後は、2度にわたるオイルショックと顧客の資金引き揚げなどの難関を乗り越えてきた。「一時は会社を存続させるために、どんな注文も受けていました」と鄭寧娟は言う。中日音響や日立のテレビの受託生産も行い、会社の規模は最大時には200人近くに達した。ただ近年は産業界の環境が変わって、専門の紙パイプ生産に専念するようになり、現在の社員は十数人だ。人数は減ったが、自動化を進めており、製造工程の7割は自動化されているため、業績は悪くない。こうした産業の盛衰からも、台湾経済の強靭さがうかがえるというものだ。

当時、加工輸出区が外国企業をひきつけたことにより、台湾には技術が残された。例えばアメリカ系の高雄電子やオランダ系のフィリップスなどが台湾のICパッケージング・テスト産業の基礎を築いたと楊伯耕は指摘する。液晶ディスプレー産業としては日系の高雄日立電子とシャープが加工輸出区内に工場を置き、後発だった台湾のパネル産業において多くの技術者を育成することとなったのである。

当時、加工輸出区は外国からの貴賓が必ず訪れる視察ポイントだった。上の写真は1973年、アジア人民反共連盟第19回大会の参加者がギター工場を視察する様子。

台湾経済史の縮図

私たちは加工輸出区管理処の黄文谷・元処長を訪ねた。8年と7ヶ月という任期が最も長かった処長である。「純粋におしゃべりをしましょう」と笑いながら話し始めたが、その内容は、まさに台湾経済の発展史そのものだった。

黄文谷は着任当時の加工輸出園区の情景を思い出す。当時は繊維や既製服、製靴など労働集約型の産業の多くはすでに海外に移転した後で、一部の工場はあまり使用されておらず、加工輸出区も設立から30年がたっていた。「当時は、少しずつ現代的な工場も建ち始めていましたが、全体的には古びていて、転出する企業と残る企業に別れ、まさに転換期を迎えていました」と言う。

企業が転出すると「根こそぎ抜かれる」ような状態だったと黄文谷は形容する。サプライチェーン全体が断たれ、従来のクラスター効果も瓦解し、一度はもうダメかと思ったそうだ。だが、見方を変えた。「根を抜かれるのも一つの契機です。大変ではありますが、転換を始められるのですから」と言う。

外国からの投資を引き入れて、新たな技術を導入するというのは、加工輸出区設立の第二の目的だった。その長年にわたる成果により、台湾の技術レベルは大幅に向上し、企業も自発的に技術力を向上させてきた。工場での生産も、自動化から情報化、デジタル化へと前進している。「これまでの20~30年、私たちは時間をかけて少しずつ立て直し、すでに形を成していましたが、まだ十分ではありませんでした。それが米中の貿易摩擦が発生したことで、転換のラストワンマイルが成功したのです」と黄文谷は言う。

米中貿易摩擦により、中国域内に進出していた台湾企業は再び対外移転を迫られることとなった。この時、台湾は適時に政策を打ち出し、多くの企業が再び台湾に戻ってくることになったのである。彼らは改めて台湾に投資し、サプライチェーンも再度構築された。「加工輸出区の変化と台湾経済の発展を照らし合わせると、時期的にほとんど一致しており、まさに台湾経済発展史と言えます」と黄文谷は言う。

労働集約型産業が中心だった当時、加工輸出区は高雄に多くの雇用をもたらした。下の写真は加工輸出区の出勤風景。

台湾企業の中国からの回帰によって、工場やオフィスの需要が高まったが、高雄加工輸出区では、早くから前瞻創新ビルの建設に着手しており、2022年初に竣工した。呉大川は私たちを完成したばかりの工場に案内してくれた。瑞儀光電(Radiant Opto-Electronics)や凱鋭光電(JET OPTO)などの企業がすでに入居しているという。これらの企業の回帰の流れが、産業にイノベーションをもたらすこととなった。

黄文谷にとって、もう一つ特別な意味があるのは加工輸出区の名称変更である。「『加工輸出区』という名前は、ある意味で歴史的な栄光を表しますが、それはまた一つの負担でもありました」と言う。産業の転換とグレードアップにより、今では多くの工業団地が「科技産業園区」へと名称を変更している。「加工輸出区の名称は過去のものとなりましたが、その精神は受け継がれ、次の50年を歩んでいくことでしょう」と黄文谷は締めくくった。

時代の記憶とともに歩む

呉大川は、台湾一の港湾である高雄港を見渡せる前瞻創新ビルの屋上に私たちを案内してくれた。見える範囲の各所に多くの歴史的ランドマークがある。時代巨輪の彫像は素朴なイメージで、当時人々が懸命に働いた歳月を思い起こさせる。長年使われてきた第一工場は、多くの起業家が最初の一歩を踏み出す場だった。また、最後のアメリカ援助の費用で建てられた事務棟は、東海大学の路思義教会を設計した建築家の陳其寛と、台湾大学洞洞館を設計した虞曰鎮の手になるものだ。外壁と内部の階段はコンクリートの飾りブロックで装飾されており、幾何学的なラインが美しい。

ここより数年遅れて設立された楠梓加工輸出区では、事務棟と荘敬堂は沈祖海が設計した。シャープな印象の車寄せのデザインや、荘敬堂の屋根を支える楕円形が、新しさを感じさせる特徴となっている。

工場は企業のニーズによって絶えず改築や拡張を続けてきたが、台湾経済の成長の記憶を残すには実物を保存しなければならない。例えば、製品陳列室に展示された当時の製品や、これら半世紀を超える建築物などが歴史の証人となる。「かつて私たちは経済発展を重視し、その一方で環境や文化の価値にはあまり目を向けてきませんでした。しかし現在、当時の歴史を振り返ると、台湾の経済成長とともにあった記憶を保存してこそ、当時の苦労に満ちたプロセスを思い起こすことができるのです」と呉大川は言う。

昨年(2021年)、高雄加工輸出区は正式に看板を下ろし、新たに「前鎮科技産業園区」の看板がかけられ、新たな時代へと再スタートを切った。呉大川は、彼自身と加工輸出区の物語を話してくれた。彼は生まれも育ちも高雄で、しかも高雄加工輸出区が誕生した年に生まれた。しかし、その輝かしい歳月に彼自身が参加するには間に合わず、加工輸出区で働いていた人々が、当時の栄光を話すのを耳にするだけだった。3年前、呉大川は高雄分処の分処長に就任したが、そのタイミングはまさに加工輸出区の転換期にあたり、また前瞻創新ビルも完成した。「かつての加工輸出区に私は参加できませんでしたが、今は私の学んだことを生かして過去の『加工輸出区』、現在の『科技産業園区』を再びテイクオフさせたいと考えています」と言う。

過去から将来までを見渡し、楊伯耕はこう話す。「加工輸出区は台湾経済において多数のマイルストーンを立てました。台湾は『経済を深耕し、世界へ出ていく』という発展への道を歩み始め、名称を『科技産業園区』に変更してからは、産業のグレードアップに力を注いでいきます。スマート製造とサステナビリティの方向へと向かい、『イノベーション』が牽引する新たな時代へと歩んでいきます」

鄭寧娟は青春を高雄加工輸出区に捧げ、台湾経済の起伏を体験してきた。
日用品や電気製品の多くが、かつて高雄加工輸出区で生産され、高雄港から世界へと輸出された。これらのメイド‧イン‧タイワン製品は、世界共通の記憶となっている。
加工輸出区内で台湾の経済成長を見守ってきた歴史的建築物は保存され、活用されている。前鎮園区の事務棟(左)、楠梓園区の荘敬堂(下)、それに危険物倉庫(右下)など、かつての困難な日々を思い起こさせる。
呉大川は自分の専門分野を活かし、改名後の「科技産業園区」を再び高みへと成長させたいと考えている。
台湾のICパッケージング‧テスト産業の基礎は加工輸出区で培われ、その後の進歩を経て、今では台湾の重要な産業クラスターを形成している。

 

転載元:台湾光華雑誌

 




 

あわせて読みたい