2022-10-20 政治・国際

プーチン氏の30万人部分動員令から1か月 無差別徴兵を逃れ、海外脱出する若者急増

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

ウクライナに侵攻したロシアで「部分動員」という名の無差別徴兵が始まって21日で1か月。モスクワでは警察や軍関係者が手あたり次第、街で見かけた男たちを強制的に連行し、入隊を強要している。そんな状況から逃れるため、国外脱出する若者が後を絶たない。一方、ウクライナでは約70%の国民が「侵略者に勝つまで戦い続ける」と答え、士気の高さを示した。

ロシアのプーチン大統領は19日、一方的な併合に踏み切ったウクライナ東部と南部の4つの州を対象に戒厳令を出した。戒厳令を口実にして、占領地の住民の基本的人権を奪う意図があるとみられる。米国のバイデン大統領は同日、戒厳令の狙いについて「プーチン氏は信じられないほど困難な状況に置かれている。ウクライナの人々を残忍に扱い、脅して屈服させようとすることだけが、彼がとれる唯一の手段だ」と批判した。

プーチン氏の〝困難〟は、ロシア国内でも顕著になっている。先月発令した「部分動員」が機能していないようだ。米紙ワシントン・ポストは、切羽詰まったロシア当局が、街中で手あたり次第、男性住民らを強制的に徴兵する様子を証言に基づき以下のように伝えた。

警察官と軍の将校が先週、予告もなくモスクワのオフィス街のビルに立ち入った。彼らの任務はウクライナの戦場に送る男たちを徴兵することだ。そこで彼らは見かけた男たち全員に声をかけ、そのまま身柄を確保した。その中にはリハーサル中だった音楽家や小包を配達中の宅配業者、歩行障害のある泥酔した50代男性もいた。

「なぜ彼が連れてこられたのか分からない」とアレクセイさんは泥酔した男性について同紙に漏らした。複合オフィスで働いていた数十人の男性たちと同じように、アレクセイさんも近くの入隊事務所に連行された。

ロシア全土の町では、入隊対象の年齢の男たちが、当局に見つからないよう隠れているという。

ここ数日、警察や軍の強制徴募担当官らは、路上や地下鉄の駅の外で待ち伏せし、男たちを連行している。アパートのロビーに潜んで男性住民に召喚状を配り、オフィス街やホステルなどでも強制的に男たちを連れ去り、カフェやレストランでは逃げられないように出口をふさぐというのだ。

アレクセイさんは30代の平和主義者で、飼い猫と一緒に暮らしていた。連れ去られるまではバーやカフェ、公園で友達と過ごし、コンサートに行ったり、欧州での次の休暇の計画を立てたりして、ごく普通の人生を楽しんでいた。

だが今月11日、役人がアレクセイさんのオフィスに突然押し入ったことで、彼の生活は一変した。2人の警察官と数人の私服の軍関係者が現れ、身分証明書の提示を要求。彼らは黙ってついてくるように命じ、「さもなければ武力を行使する」と脅迫したという。

「パニックになった」とアレクセイさんは明かした。「今まで拘束されたことなんてないし、ロシアで当局者に捕まるということは、大変なことになることぐらい、この国の誰もが知っている」と続けた。

(ワシントン・ポスト紙はアレクセイさんの安全を考慮し、匿名を用い、具体的にどういう状況でインタビューしたか、詳細を明かすことは控えた)

ウクライナ軍の反転攻勢に押され、苦戦を強いられているロシア軍では、死者や行方不明者、戦闘不能になった負傷者らが合わせて9万人以上との推定もあるとロシアの独立系メディア「バージニエ・イストーリー」が先週、報じた。

兵員不足が深刻なため、プーチン大統領は先月、新たに30万人を募兵するため「部分動員」を発令。一部の報道によると、その数は120万人に達する可能性もあるという。この事実上の徴兵に、ウクライナの前線に送られるくらいなら国を捨てて国外に逃げる決断をした若者たちが後を絶たない。その数、数万~数十万とも伝えられている。

出国先は近隣国のジョージアやトルコなどが多数を占めるが、中東イスラエルもその一つだ。同国に移住するため、祖先にユダヤ人がいるかどうかを調べる人が急増しているという。

AFP通信は、祖父母がユダヤ人だったことを示す証拠を必死に探している男性イワン・ミトロファノフさん(32)に話を聞いた。IT系の仕事に就いているミトロファノフさんは、今回の動員の対象外だ。それでも、「国境が開いているうちに急いで出国したい」と語った。

モスクワ西部の役所に勤務するタチアナ・カラズニコワさんはAFP通信に、「ここに来る人の9割がユダヤ人の子孫であることを示す証拠を探している」と証言。当局は、国外脱出を図るロシア人は愛国的ではないと批判し、カラズニコワさんも良くは思っていない。「ロシアを去って、(パレスチナとの)終わりが見えない戦争をしているイスラエルに行くなんて」と皮肉った。

AFP通信によると、イスラエルの人口940万人のうち、100万人以上が旧ソ連にルーツを持つという。侵攻が始まって以降、ロシアとウクライナからの移住申請は3倍に増えた。イスラエル統計局によると、2月末以降、ロシアからは2万人、ウクライナからは1万2000人超が入国した。

一方、米世論調査会社ギャロップは18日、9月上旬にウクライナで行った調査結果として、約70%のウクライナ人が「ロシアに勝利するまで戦いを止めない」と回答したと伝えた。調査はウクライナ軍の反攻が同国東部や南部で大きな戦果を挙げ始めた時期に実施された。

「勝利」の定義について、91%は「2014年のロシアによるクリミア併合以降にウクライナが失った全ての領土を取り返すこと」だと答えた。


 


 

あわせて読みたい