2022-10-15 観光

台湾人の性格や特徴って? 日本人とこんなところが違う!

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

ある国の人々の性格を「〇〇である」とひとくくりに語ることはできませんが、現地で生活していると何かしらの共通点に気付くこともしばしば。台湾で暮らしていた一人の日本人が感じた、台湾人の性格と特徴とは?

世界には色んな人がいますが、国によってその国の人たちの性格や特徴、国民性など、それぞれのカラーがありますよね。

台湾は日本のお隣の国ですが、台湾人の性格やどのような特徴があるのか皆さんご存じですか?

今回は私が台湾に住んでいた時に感じた、台湾人の性格と特徴について書いていきたいと思います!

なお、性格はもちろん一人ひとり違うので「台湾人は全員こう!」とは一概には言い切れませんが、あくまで私が感じた台湾人はこういう性格の人が多いという一意見であることをご了承ください。

 

世話焼きで優しい

台湾人がよく言う言葉で、私が好きな言葉があります。

それは「我幫你」(ウォーバンニー)、日本語で「手伝うよ」という意味の言葉です。

この言葉を聞くたび、私は台湾の社会には普段から助け合う習慣があるんだなと感じます。

台湾人は世話焼きで優しい人が多いです。

例えば、重いものを運んでいたり、何か分からないことや出来ないことがあって困っていたりすると、「手伝うよ!」と言って自ら手伝ってくれる場面に出会ったことが何度もあります。

台湾人は外国人に対しても優しくしてくれることが多いと感じます。

私が初めて台湾に旅行に行った時、バスの乗り方が分からず困っていました。すると近くにいた日本語を話せるおじさんが「どこに行きたいの?」と声をかけてくれて、どのバスに乗ってどこで降りたらいいかなど、手取り足取り教えてくれたことがあります。

また、私が台湾へ留学した時の初日、一人も知っている人がおらず何も分からない中で、寮が同じだった台湾人の女の子が生活用品を一緒に買いに行ってくれたり、近くの夜市を案内してくれたりしました。

「ほとんど中国語が話せない外国人にこんなにも優しくしてくれるなんて!」と感動した記憶があります。

 

大らかな人が多い

台湾人は大らかな人が多いです。良い意味で気を使いすぎず、気楽な雰囲気があります。

例えば自分の友達に別の友達を気軽に紹介したり、友人とご飯を食べる時に自分の恋人を連れて行き、友人に紹介して一緒に食事をしたりします。

日本ではこういったことは比較的少なく、どちらかというと面識のない人を一緒に連れていって会わせることは、時には少し気まずかったりしますよね。

中国語には日本語のような敬語が存在しないからか、日本よりも初対面でも気軽に話せる雰囲気があると感じます。

また、仲良くなると友人だけでなく家族に紹介してくれたりもします。台湾人の友人のお父さんお母さんに何度か会ったことがありますが、台湾のおじちゃんおばちゃんはこれまたすごく面倒見の良い人が多いです。

友人の家族と一緒にご飯や観光地に連れて行ってくれたり、留学中の旧正月の長期休暇時には「一人じゃ寂しいでしょう? おばあちゃんの家に一緒に連れて行ってあげるから旧正月を一緒に過ごそう!」と家族のイベントにまで参加させてくれたこともあります。

台湾人が初対面の相手にもウェルカムな態度で優しく接してくれるというところは、私が台湾を好きな理由の一つでもあります。

 

ストレートな表現をする

表現の仕方で言うと、日本人に比べストレートな表現をする人が多いです。

程度は人にもよりますが、日本人よりも思ったことをはっきり言ったり、感情を素直に顔に出すことが多いと思います。

私が日本との違いを感じたのは、ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりした後に「疲れたからそろそろ帰ろう」と普通に言うところです。

そして特に気まずい空気にもならずサクッと解散することも多いです。

日本では友人と遊んだり飲みに行ったりした時に、正直なところ疲れていたとしてもはっきり「疲れたから帰りたい」とはあまり言いにくい空気があると感じます。

飲み会の後にお店の前でだらだら喋ってなかなか帰らない、という場面もよくあると思います。

考えてみれば人間は誰だって疲れるので「疲れたから帰る」と言っても何もおかしくないですよね。

自分が思っていること、したいことをストレートに伝えて、お互いにストレスをかけないところはすごく良いところだと思います。

また、恋愛面でもストレートな表現をする人が多いです。

恋人に毎日の愛情表現や電話をしたりするのは当たり前ですし、学生などであればほとんど毎日会うカップルもいます。

日本人であれば普段なかなか「好きだよ」とか「愛してる」、「綺麗だね」などと直接言わないカップルも多いかと思いますが、台湾人は普段からこのような直球の愛情表現をします。

Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

外見を気にしすぎない

台湾人は日本人ほど外見を気にしない部分があります。

例えば、女性でもお化粧をしている人もいればしていない人もいるし、体毛を剃らない人もいます。

コンタクトレンズをつけている人の割合も日本より少なく、メガネをかけている人が多いイメージがあります。

暖かい国ということもあり、服装なども普段からそこまで気張った服を着ている人は少ないです。

特に真夏などであればTシャツに短パン、といったシンプルな格好の人も多いです。

日本では普段からかなりおしゃれな服を着ている人も多いですよね。

台湾にいた時に、日本で普段着ていたちょっとおしゃれなワンピースを着ていたら「今日はデートか何かあるの?」と聞かれたことがあります(笑)。

ものすごく着飾るというよりは、自然派で素敵な人が多いというイメージですね。


まとめ

今回は私が思う台湾人の性格や特徴を、私が体験したことをもとにお話ししました。

色んな部分で日本人との違いもあり、比較してみるとそれぞれの良さも見えてきて面白いですよね♪

私は台湾人の大らかでeasy-goingな南国気質なところが好きです(笑)。

台湾の人の良さは台湾の魅力の一つでもあると思います。

旅行などで台湾に行く時、台湾人のおおらかな雰囲気に触れられる機会があれば、より台湾を楽しめるかと思います!

ではまた♪


 


 

あわせて読みたい