2022-10-11 観光

日台の始球式あれこれ―始球式の球、打ち返していいの?―

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

日本の始球式はどちらかと言うと儀式的なものが多いのに対して、台湾の始球式は見る人を楽しませることに重きを置いています。今回は日本と台湾の始球式の違いや、印象に残った始球式について紹介します。

米国大リーグ選抜vs早稲田大学野球部の試合で日本初の始球式が行われました。時は1908年11月、始球式を務めたのは早稲田大学の創設者、総長、政治家であるあの大隈重信!大隈の球は外角に大きくそれてしまいましたが、早大トップバッターの山脇正治は、大先生に恥をかかせてはいけないと思いわざと空振りをしました。ナイス忖度ですね。その後日本では投手役にリスペクトの気持ちを表すため空振りをすることが慣例となりました。

日本と台湾の始球式はどこが違う?

このような形で始球式が始まったわけですから、日本では後攻のチームは捕手も含め内外野がちゃんと守備につき、先攻のチームはトップバッターが打席に入ります。そして投手役の投げた球を空振りするのです。投手役だけではなく、捕手役や打者役を務めることもあります。2球以上投げるケースや打ち返すケース、ゲスト同士が真剣勝負するケースなど、始球式の形は自由です。2013年5月5日に行われた始球式では、投手役松井秀喜、捕手役原辰徳、打者役長嶋茂雄、審判役安倍晋三が務め、夢の始球式と言われました。最近の始球式はエンターテインメント性が重視され、アイドルや貞子(貞子は日台両方に出没)、元プロレスラーなどが呼ばれることも増えてきました。ハンマー投げ五輪金メダリスト室伏広治(現スポーツ庁長官)、ゴールデンボンバー樽美酒研二、お笑い芸人高岸宏行、俳優間宮祥太朗など、非プロ野球選手が始球式で球速を競うことも流行っています。

台湾の始球式はアメリカ方式で、原則として打者はバッターボックスに立たなく、また後攻チームも守備につきません。球団スタッフがMCを務め、投手役の人にインタビューをしたり、投手役の人がスピーチやパフォーマンスをしたりしたあと、正捕手ではない選手かコーチの捕手役に向かって投げます。チームのマスコットキャラクターが審判をすることも多々あります。2021年3月、味全ドラゴンズのプロリーグ復帰を記念して天母球場で柯文哲台北市長を始め156人の投手役(捕手役を含めると312人)が一斉に始球式を行うという前代未聞のセレモニーが行われました。これは2011年に111人の投手が投げた日本の始球式を抜いてギネス世界記録に認定されました。


台湾野球の面白始球式

台湾プロ野球の始球式は日本に比べて最初からエンターテインメント性が強いものでした。もちろんスポンサーや地方自治体の上層部、社長や会長による始球式もありますが、ほとんどは俳優・女優、アイドル、歌手、野球以外のスポーツ選手、話題の人などで、日本から招待されて始球式を行った人もいます。2013年小泉進次郎、乙武洋匡、2018年乃木坂46の齋藤飛鳥、2020年EXILEのAKIRA(リン・チーリンの夫)のほか、稲村亜美、ニッチロー、福原愛などが台湾で始球式をしました。

柯文哲市長と156人の始球式

2017年、台中で行われたアジアウインターリーグの始球式では、地元の女子中学生江宛庭さんが指名され、キレッキレのダンスを披露した後2塁に向かってボールを投げるという大ハプニングの始球式がネットで全世界に配信され、話題になりました。本人曰く、あっち(2塁方向)に人とカメラマンがたくさんいたのであっちに向かって投げちゃった、とのこと。

二塁牽制始球式江宛庭

美人ヨガインストラクターの房妍さんは2014年、ラミーゴモンキーズ(現楽天モンキーズ)の始球式で音楽に合わせてヨガのポーズを披露したあと、突然ユニホームを脱ぎ捨てビキニ姿になって美しい肉体、細い腰(これこそ「水蛇腰」です!)も披露。ボールを投げた後、捕手役の林智勝に駆け寄り抱きついてかかえられてしまいました。球場はやんややんやの大喝采ですが、日本では信じられない始球式でした。林智勝はあとで奥さんにこっぴどく叱られたそうです。

現在64歳になる陳憲問は球場の外で屋台を引いて30余年香腸(シャンツァン:台湾ソーセージ)を売ってきました。野球ファンにとって「香腸を焼くにおい=プロ野球観戦」のイメージを定着させた人です。屋台を軽トラに積んで試合がある球場まで移動します。台北、新荘、桃園などの球場の外で香腸を売りながらボールを打つ音や観客の歓声、怒号、応援歌を聞くのが楽しみだそうです。2016年、中信兄弟チームは陳憲問さんに始球式をお願いすることにしました。当日彼は外野の入り口から屋台を引いて入場し、ピッチャーマウンドへ行きました。そして多くの野球ファン、香腸ファンの見守る中、彼の投げたボールは見事にノーバンでキャッチャーのミットにおさまりました。陳さんは、「何歳まで香腸売りできるかわからんが、屋台が引けなくなったらやめるよ」と言って、今でも「没人出局(ノーアウト)」とプリントされたTシャツを着て元気に香腸を売っています。陳さんが引退するまでに一回は彼の香腸を買って食べたいですね。

香腸売り陳おじさんの始球式


 オススメ記事:

応援の花チアリーダー ―試合とチアダンス、どっちを見る?―

台湾でプロ野球を見よう―チケット購入とお口の友―

深くて長いお付き合い①-日本と台湾の野球―台湾プロ野球(CPBL)もうすぐ開幕―

深くて長いお付き合い②-日本と台湾の野球―台湾野球の誕生 100年の歩み ―

深くて長いお付き合い③-日本と台湾の野球―台湾プロ野球の浮き沈みと将来の展望―


 

あわせて読みたい