2022-10-06 観光

普段使いから旅のお供にも最適! 台南発のシューズブランド「hanamikoji」

注目ポイント

台湾発ブランドのアイテムを日々身につけているkeiko在台灣さんがおすすめのシューズブランドを紹介。日本の古都・京都からインスピレーションを受け、台湾の古都・台南で生まれた「hanamikoji」のシューズは、仕事やプライベートにもヘビロテできるデザイン性の高さに、職人の手作りによる履き心地の良さもポイント。「ストラップシューズの概念を覆してくれた」というシューズの魅力を深掘りします。

你好! keiko在台灣です。

台湾好きな皆さんは、普段の生活でも台湾雑貨を使っているのではないでしょうか? 私も例にもれず、普段の生活で衣服やバッグなど、台湾発ブランドの商品を身につけて生活しています。

今回は、私がお気に入りのシューズをご紹介します。台湾・台南発のシューズブランド「hanamikoji」(はなみこうじ)のシューズです。

「hanamikoji」とは?

2013年、台南の女性たちが京都を旅した時に感じたインスピレーションから生まれたブランド。彼女たちが旅を通して京都と台南の共通点を見い出し、その2つを結びつける方法として思いついたのが、シューズ作り。ブランド名のhanamikojiは京都の「花見小路通」からつけた名前です(詳しいブランドストーリーはこちらをご覧ください)。
 

「hanamikoji」のシューズの特徴は?

「あなたと旅するフラットシューズを」をコンセプトに掲げるhanamikojiのシューズ。日常に彩りを添えてくれる、ちょっと変わったユニークでかわいいデザイン。シンプルなものから元気でカラフルなデザインまで、さまざまなラインナップが揃っています。見た目はもちろん、それ以上に履き心地にとてもこだわっているんです。

この道40年の職人さんが、手作りで作っているシューズたち。私自身も初めて履いた時、その履き心地の良さに衝撃を受けました! 履き心地の秘密の一部を下記に明記します。


履き心地の秘密①|履き心地へのこだわりから生まれた、ふんわりインソール

hanamikojiのシューズのインソールは「日本製の高品質な豚革」と「弾力性のあるラテックス」を貼り合わせた特別仕様なんです。革製のインソールは化繊のインソールに比べ吸湿性があり、ムレにくいといわれています。また裏地には、クッション性の高いラテックスを使用することで、ふんわりとした履き心地につながっています。かかと部分の厚さは一般的なインソールの3倍に設定されているんです。

履き心地の秘密②|しなやかで丈夫な「ヴァルカナイズ(加硫)製法」

hanamikojiのシューズは、日本でも扱っているのは数社のみという昔ながらの製法「ヴァルカナイズ(加硫)製法」で作られています。通常のシューズはアッパーとソールを接着剤で結合しますが、ヴァルカナイズ製法では、アッパーとゴム製のソールが剥がれないように、結合した後に高熱の釜の中で圧力をかけながら加熱することで、ゴムの中に混ぜ込まれた加硫剤が反応し、強固に接着されるんです。

アッパーとソールが一体化したような、しなやかで丈夫な履き心地は、このヴァルカナイズ製法が実現しているものなのでした。

keikoさん愛用のストラップシューズ

私が日々愛用しているのはオレンジレッドの「ストラップシューズ 」。服飾デザイナーの鄭惠中さんとコラボした商品です(シューズの詳細はこちらをご覧ください)。

仕事やプライベートでヘビーローテーションしているこのシューズ。かわいい見た目で機能性も抜群! 実は、私がストラップシューズを手元に置くことは大人になってから初めて。ストラップシューズでたくさん歩ける印象が私の中になかったのですが、このシューズはその概念を覆してくれました。

国内の取材旅行に行った時、このシューズを履いて2万歩近く歩いたことがありますが、シューズのおかげで足が全く痛くならず、とても助かりました。

カラフルな見た目ながら、シューズの形はシンプルで上品。カジュアルにも、オフィスに行く時にも使える優れものなんです。履いている時、シューズのきれいな色が目に入ってくるのも嬉しく感じます。

想像以上にさまざまな服装と合わせられるのも、ありがたいです。

日本で購入するには?

日本にも公式のオンラインストアがあります。キナリノモールなどの、ECサイトからも購入することもできますよ。オンラインストアでは、シューズの詳しい情報をしっかり読むことができるので、特におすすめです。

通販だとサイズが合わなかったらどうしよう……という心配も無用。通販で購入するコツをスタッフさんが丁寧に教えてくれますし、サイズが合わないときは交換も可能です。詳しくはオンラインストアをのぞいてみてくださいね。

そのほか日本各地で催事に出展したり、CLASKAなどのセレクトショップで一部販売されていることも。もし近くで催事が行われた際は、その履き心地を試しに行ってみてください。

台湾渡航が自由にできるようになった時は、ぜひhanamikojiのシューズを旅のお供に、台湾各地へ行ってみてくださいね。 

あわせて読みたい