2022-10-04 政治・国際

【台湾現地採用→起業を経験した僕が語る】台湾現地スタッフに嫌がられる日系企業の行為5選

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

社員の解雇に消極的、中国語ができない駐在員への高待遇ーー「日系企業が台湾でもっと飛躍するため」に、改善するべき5つの悪習を台湾で起業した日本人経営者が紹介。


みなさんこんにちは!台湾で2017年に起業し、2022年9月に台湾起業6年目を迎えた applemint 代表の佐藤峻です。

今日のこのコラムでは、台湾で現地スタッフに嫌われる、日系企業の行為についてお話をしたいと思います。
現在台湾に進出されている日系企業の方や、今後台湾に進出する予定の日系企業の方是非読んで頂きたい内容です。

「お前なんかに何がわかるんだ!」と思うかもしれませんが、それがわかるんです(笑)

僕は実は今から約5年前に台湾で現地採用として某日系企業に就職しました。僕はSkype 面接を経て内定を勝ち取り台湾へ移住したのですが、僕が他の日本人台湾移住者と大きく違ったのは、中国語を流暢に喋れたということです。

僕は入社早々から中国語で台湾の現地スタッフに接した事で、日本人ながらも完全に現地スタッフのグループに溶け込み、彼らから日本人役員への不満をガンガン聞く事ができました(笑)辞めた台湾人スタッフからは辞めた本当の理由まで聞く事ができました。

余談ですが、台湾人スタッフは離職する際、家族を看病するために田舎へ帰ると言う方がいますが、僕の感覚だと9割は台北に残っています(苦笑)

その後台湾で起業をしたら、今度は台湾の日系企業に勤める日本人総経理とお話をする機会に恵まれ、彼らの本社に対する不満や、現地スタッフとの間に生まれる軋轢など聞けるようになりました。

その結果、台湾にいる日系企業のスタッフは台湾に長くいればいるほど、台湾の商習慣を理解し、比較的に柔軟性のない本社との間にジレンマを抱える傾向がある事を僕は知りました。

今回のコラムでは、僕が台湾の現地スタッフ及び駐在員から聞いた、現地スタッフに嫌がられる日系企業の行為と、改善が可能と思われる日系企業本社の制度についてお話ができればと思います。


 

嫌われる行為その1. 解雇できない日系企業

最初にご紹介したいのは、解雇が出来ない日系企業は、総じて現地スタッフに嫌がられという事です。僕は従業員を解雇することに対して賛同するわけではありませんが、必要であればする覚悟です。

台湾は労働者が比較的に守られている事もあり、解雇は容易ではありません。しかし日本ほど解雇が非日常的かと言われるとそういうわけではありません。試用期間中に採用を見送る事は多々ありますし、解雇も少数ではありますが聞きます。

しかしながら日系企業の多くは、本社の文化なのか、台湾人現地スタッフを解雇する事に対して消極な場合が多々あります。これが優秀なスタッフの離職を招きます。

例えば僕が現地社員として日系企業に勤めていた際、ある新卒の男性社員が何かと言い訳をして仕事をサボり、他のメンバーは度々日本人の役員にクレームを出していました。

日本人の役員は、「うちには人を解雇する文化はない」とメンバーの意見を一蹴し、その後新卒の男性と一緒に働いていたメンバーは居心地の悪さから離職しました。

離職した女性は、「なんであいつは何もしないでお金がもらえて、あたしはこんなに仕事をしないといけないの?」と嘆いていました。

台湾の日本人駐在員もこうした事情はよく理解していて、可能なら仕事をしないメンバーを解雇したいと考えている人は多いです。しかし本社が台湾の事情を考慮する事はないそうです。海外で成功するためにはサービスや商品の現地化はもちろん、こうした日本式のシステムの現地化も必要でしょう。


 

嫌われる行為その2. 中国語が出来ない駐在員による日本語話者への高待遇

次にお話ししたい事例が、一部の日本人駐在員が、どうやら日本語を話せる台湾人スタッフを無意識に優遇している事です。

「日系企業だから台湾人スタッフは日本語が話せて当たり前だろ!」、と思うかもしれませんが、僕は台湾ほど日本語が話せる現地スタッフがいる国を見た事がありません。

例えば僕の友人はアメリカの日系IT企業に勤めていましたが、社内のコミュニケーションはもちろん英語ですし、日本語を話せた現地スタッフは彼ぐらいだったそうです。

アメリカに進出した日系企業が社員に日本語コミュニケーションを求めるなんて話は聞いた事がありません。しかしこれが台湾になると、台湾には日本語話者があまりに多いためか、一部の駐在員の方々は、台湾人は日系企業に合わせて日本語を話せないといけない、と錯覚します。

その結果、日系企業で働く日本語が出来ない台湾人スタッフは、意思決定者との間でコミュニケーションが進まず、プロモーションの機会を度々逃す傾向にあるように僕は感じます。一方で日本語ができるスタッフは、上司とのスムーズなコミュニケーションにより昇進する光景を僕は何度か見ました。

日本語が話せる台湾人スタッフはコミュニケーション能力があるとも取れるので、彼らが優遇されている事は一概には批判できませんが、話せないスタッフもきちんと評価される透明性のある客観的な制度は必要かもしれません。


 

嫌われる行為その3. 駐在員が決定をしない日系企業

僕は中国語を流暢に話せるためか、よく日系企業に勤める台湾人の方から「なんでうちのボスは自分で決めないの?台湾にいる意味なくない?」と不思議がられます。

僕はこの意見にとても同意的で、予算や大規模な方向性を本社が決めるならまだしも、数千~数万台湾ドル単位の決定さえ、本社に対して稟議書を発行している日系企業には正直びっくりします。

そもそも台湾に進出できる日系企業は、往々にして億単位の資産を持っている企業ばかりです。そんな企業が台湾に派遣された駐在員の数十万円程度の予算を毎度確認して、事業のスピードを遅らすのは僕には不思議でなりません。

こうして意思決定が遅れると現地スタッフのフラストレーションは溜まり、その矛先は駐在員に向けられます。でも実は駐在員の方々も本社に対してフラストレーションを感じていて、台湾現地で数万円程度の決定も出来ないシステムは、台湾及び海外ではまずいと思っています。

 

嫌われる行為その4. 二日酔いで出社してしまう駐在員

台湾に来た駐在員の多くは、台湾に来ると、あまりの居心地の良さに、帰任の際はほぼ例外なく日本帰国を惜しんでいます。

なぜ台湾は駐在員にとって居心地が良いのでしょうか?その理由は、台湾では自分がボスになれて、お酒を飲んでもタクシーで帰れて、物価に対して相対的に高い給与を得ているからだと僕は思っています。

しかし、何をするにも節度は必要で、早朝の2-3時までお酒を飲んだ後、お酒の臭いが残ったまま出社している駐在員の話をたまに聞きます。台湾の現地スタッフは当然気づいていて、裏では「酒鬼」(お酒ばかり飲む人) と言っています。

台湾という2300万人の市場に何人も日本人を送れないのは百も承知ですが、駐在員がきちんと節度をもって勤務しているか監視する仕組みは必要だと僕は思います。

これを見て、「こっちは付き合いもあって早朝まで酒を飲んでいるんだ!軽々しく言うな!」と思う方もいるでしょう。ちなみに僕は、飲み会は遅くとも1時には帰りますし、2次会や3次会はほぼスキップします。しかし、顧客はいます(笑)付き合いや関係の構築はもちろん大事ですが、お酒があまり飲めない僕はそれ以外の所で頑張っています。


 

嫌われる行為その5. 台湾を慰安地と定義する日系企業

最後にお伝えしたいのが、台湾市場を軽視して台湾を慰安地のように考えている日系企業が一部あるお話しです。台湾は市場規模の小ささ故なのか軽視され、リタイア間近の方や日本で処遇に困った人を台湾に送る話はよく聞きます。

そのせいなのか一部の駐在員は、あまりやる気が見えない、という話は台湾の現地社員のみならず、日本人駐在員からも聞きます。

本社は今まで頑張ってくれた社員を労う意図があるのでしょうが、それに付き合わされる現地のスタッフや、やる気のある若手駐在員はフラストレーションを感じています。

やる気がない人は、他のスタッフのやる気を削ぎます。これは何も日系企業だけではなく、台湾企業もそうです。

僕は台湾で起業して、現地スタッフと駐在員の両者の視点で物事を見る事が出来るようになった事で、とにかく仕事量ではスタッフに負けないようにアピールを続けています(そのせいで首を悪くし、先日首のヘルニアの手術をしました…みなさんは、仕事はほどほどに…苦笑)

台湾を従業員労いの地とするのもいいですが、やる気のなさは伝染するので心当たりがあれば再考する必要があるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?正直ここまで書くと一部の日系企業からは敵視されそうですが、これが僕の知るリアルな台湾です。僕は日系企業が台湾でもっと飛躍してほしい一心でこのコラムを書いています。今こそ臭い物には蓋をするのではなく、日系企業の制度ややり方をアップデートする必要があるのではないでしょうか?


 

あわせて読みたい