2022-10-01 ライフ

台湾と日本の食事マナー

注目ポイント

国によって異なる食事のマナー。同じ箸食の文化を持つ日本と台湾は大きな違いがなさそうですが、日本ではタブーとされる行為が台湾では気にされないことも。マナーの違いや台湾人が困惑する日本ならではの食習慣を紹介します。

「白米は左手前に、お味噌汁は右手前に置く」「お茶碗は持って食べる」「食事中にはテーブルに肘をつけてはいけない」など日本には食事のマナーが多く存在します。幼少期より親や学校で厳しく躾けられたという方もいるのではないでしょうか?

国や文化によって大きく異なるということもよく知られている食事マナーですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。今回はあまり違いはないと思われがちな台湾と日本の食事マナーの違いについて見ていきましょう!

 

食事マナーの違い

 <台湾・日本ともにNG>

・ご飯にお箸を刺して立てる

・迷い箸

台湾は日本と同様に仏教が主要な宗教のひとつであるため、仏事を連想させてしまうお茶碗に箸を刺して立てる行為はNGとされています。迷い箸も日本と同様に行儀が悪いと感じられるようです。

 <台湾ではNG、日本ではOK>

・スープやラーメンをすする時に音をたてる

最近では日本でも、特に女性は汁が飛ばないようにと、麺を箸ですくい上げてレンゲやスプーンに乗せて口へ運ぶ人もいますが、台湾では音を出さない食べ方が一般的のようです。「すすった方がラーメンを食べた感じがして、美味しく感じる!」という人もいるかと思いますが、マナーが悪いと思われてしまう可能性もあるので台湾に行った際には気をつけましょう。

<台湾ではOK、日本ではNG>

・箸と箸で食べ物を渡す「はさみ箸」

・おかずに箸を刺して取る「刺し箸」

・箸をなめる「ねぶり箸」

・食後のげっぷ

・箸の持ち方が自由

・箸を縦向きに置く


日本はお葬式の火葬の際に骨を箸で渡す文化があることから、食事の際に「はさみ箸」をすることが忌避されていますが、台湾では気にされません。

日本人が台湾に行ってよく驚くのが、食後にげっぷをすること。人間の生理現象として捉えられているため、台湾人は気にしないようです。台湾で暮らす友人曰く、人と話している途中に相手の顔を見ながら気にせずげっぷをする光景を見て、最初はかなり驚いたとのこと。しかし、台湾人の一部(特に若者)にはげっぷをマナー違反だと感じる人もいるため、日本にいる時同様に気をつけたほうがよいでしょう。

また、日本では箸の持ち方でパートナーを選ぶ人もいるほど、箸の持ち方は重要な作法だと考えられていますが、台湾ではこだわる人は少ないようです。ご飯が食べられるのならそれでよいと考えられているのかもしれませんね。

そして、日本では箸置きが用意されているため、お箸は横向きに置くのが一般的ですが、箸置きを使わない台湾では、お箸は右端のお皿に縦向きにして置きます。


その他の食習慣について

<日本の食習慣で台湾人が困惑するもの>

・持ち帰りができない店がある

・お通しでお金が取られる

・喫煙禁煙

 

日本では、衛生の観点から持ち帰りをNGとする店舗もありますが、台湾ではお持ち帰りすることは一般的なようです。ついつい頼み過ぎてしまうこともあると思うので、お持ち帰りができるのはありがたいですね。なんと、スープなどの汁物もビニール袋に入れて持ち帰ることもあるそうです……!台湾に所縁がある友人に聞いたところ、自炊をする文化が台湾にはあまりないため、何でも持ち帰りできることが当たり前になっているとのこと。

また、日本では当たり前の居酒屋のお通しにはとても困惑するそう……。なぜ頼んでもないものを出されてお金が取られるのかと戸惑う台湾人が多いようです。私も成人して初めて居酒屋に行った時には、頼んでもないお通しにも代金が請求されることに驚きました……。お店のこころ遣いから提供されているようですが、日本人の若者の中でも賛否は分かれているようです。

さらに、台湾人は日本で喫煙可能な店舗があることにも驚くようです。台湾では3人以上集まる室内は禁煙という法律があるため、喫煙の際には外に行かないといけません。外でも屋根付きの歩道は禁煙とされており、喫煙に関する規則は厳しいそうです。

 

<日本食で多くの台湾人が苦手なもの>

日本人がこよなく愛する刺身などの生ものや納豆は、台湾人には受け入れがたいと思われることも多いとのこと。また、台湾はベジタリアンが多く国民の約1割を占めていたり、仏教の精進料理の概念からニンニクや玉ねぎ、ネギなどの刺激物を食べない人もいるようです。

まとめ

台湾で暮らす日本人の友人は、骨など食べられない部分をテーブルに直接置いている台湾人にかなり驚いた経験があると話していました。彼女は直接置くことには抵抗があるため、ティッシュやお皿の端に置くようにしているとのことですが台湾歴が長いのでもう慣れてしまって、食事のマナーの違いは気にしなくなりつつあるようです(笑)。

 

台湾旅行の際には郷に入ったら郷に従えと言うように、現地のマナーに気をつけながら観光してみたいですね!


 


 


 


 


 

あわせて読みたい