2022-09-29 ライフ

【TAIWAN PLUS 2022】進化する台湾カルチャーの最前線

© 中華文化総会

注目ポイント

日台交流イベント「TAIWAN PLUS 2022 台湾吉日」が、9月17日と18日の2日間、東京台東区の上野公園で開催されました。「MUSIC + ART + DESIGN」をテーマとする本イベントでは、文創(Culture & Creative)なブランドが約50ものブースを出店し、ライブステージでは「台湾フリースタイル」な演奏が繰り広げられていました。音楽、クリエイティブ、食など、進化し洗練され続ける台湾カルチャーの現在について、ご紹介します。

文/本宮一慶

9月18日、台風14号の暴風雨が迫る中、東京は上野公園で開催されたTAIWAN PLUS 2022に行ってきました。私は、中国は上海での居住歴はあるものの、台湾への渡航歴は一切ない、前知識ほぼゼロの台湾素人。そんな私が台湾と日本を繋ぐイベントを取材し、台湾カルチャーの最前線を体感してきました。

台湾・日本の交流イベント、3年ぶりの開催

「今日は雨がすごいので、取材はゆるゆるまったりでいきましょう」

電車に乗っていたとき、The News Lens Japan編集者の台湾人ランさんからそんなLINEが届きました。「ゆるゆるまったり」。なんていい響きなのでしょう。台湾の「た」の字くらいの知識しかないがために、取材に対して緊張していた私は、その一通のメッセージで肩を撫で下ろしました。

上野駅に着くと、外は豪雨。テンションダダ下がりです。少し雨脚が弱まるのを待ってから、上野公園内の会場に向かうと、DJが鳴らすサウンドが響いてきました。なんだか、緊張していたはずが、思わず顔がにやけて、自分がお祭りムードに包まれていくのを感じます。

ランさんに通話をして待ち合わせ。「猫のTシャツを着ています」とのことなので、「猫、猫」と思いながら周りを見渡していると、シュールな猫が一匹描かれた白いTシャツ姿の女性がこちらに向かってきました。「猫のTシャツ、これも台湾っぽさなのかな」。そう感じたのが、この日私が最初に感じた“台湾”でした。

© 中華文化総会

会場では42もの店舗が出店されており、効率的に取材をすべく、取材先を事前に抜粋してリストにしてありました。ただ、雨がひどいので、とりあえずイベントマーケットディレクションである「初耳」さんにご挨拶に行きます。

「年に2、3回、こういった台湾と日本の交流イベントをしているんです」と担当者さんに言われて、そんなにいくつもの台湾系のイベントが日本で開催されていることに、早速驚きました。アンテナを立てていないとわからないものですね。アジア・東南アジア好きな私としては、台湾は決して興味のない国ではなく、むしろ行ってみたい国なのですが。

また、今回のTAIWAN PLUSは、コロナウィルス感染拡大のため3年ぶりの開催とのこと。そう考えると、台湾好きな日本人や、日本に住む台湾人にとっては、開催が待ち遠しいイベントだったに違いありません。台湾人が自国の魅力をPRし、日本人が日本にいながらにして台湾を感じる。そんな機会になっているんだろうなぁ、なんて、中国語がほぼ聞き取れない私は、ランさんが担当者さんと話しているのを横目に、妄想に耽っていたのでした。

古きを求め新しきを知る

雨脚が弱まったので、取材開始。まずは、「大浪漫商店」のブースへ。こちらは、日本にある台湾を含むアジアミュージックのレコードを扱うお店で、この日はDJブース「TAIWAN RADIO +」を携えての出店。私が会場に到着したときに聞こえてきたのは、ここから発せられていたサウンドだったのですね。

© 中華文化総会

ブースには、タイのミュージシャンのLPや台湾ミュージックのカセットテープ、その他キーホルダーや台湾ビールグラスなどの関連グッズが販売されていました。「なぜ今の時代にカセットテープ?」と思い、ランさんに尋ねると、「日本は、カセットテープ→MD→CDと、音楽の媒体は変化したけれど、台湾にMDはなく、カセットテープから直接CDに移行したんです」。なるほど、台湾には台湾の歴史があって、今のカルチャーを生み出しているのですね。古き良きレトロな雰囲気のあるカセットテープを、コレクションしている若者が今もいるそうですが、それも合点がいきます。

© 中華文化総会

次に訪ねたのが、「Wolf Tea」というお茶を取り扱うブース。かわいいロゴとカラフルなパッケージが特徴のこのお店では、烏龍茶、緑茶、紅茶など20種類以上のお茶が取り扱われていて、中にはミルクティーの香りのするものもありました。台湾では、若者があまりお茶を飲まなくなったとのことで、若者にもお茶に親しみを持ってもらいたいというコンセプトもあるそうです。温故知新の精神に重きを置こうというのは、現代の日本と似た部分かもしれませんね。

© 中華文化総会

その他のブースにあった商品もそうでしたが、台湾カラーは赤、緑、黄、水色をミックスしたカラフルなイメージ。全体的に日本の昭和レトロの雰囲気を帯びています。「古きを求め新しきを知る」。そんなデザインや街の雰囲気に哀愁と魅力を感じ、台湾を訪れたいと思う日本人が多いのもわかる気がしました。

革新を生む文化的背景

東京にも店舗を構える「連珍(Len Jen)」という台湾スイーツ店のブースも出店していました。名物のタロイモボール(芋頭球)は、私が到着した13時頃には、売り切れているほどの人気商品。追加で搬入されたものをランさんが手に入れてくれて、それを食べながら台湾や日本のこと、東南アジアのことを、雨宿りしながら話しました。

© 中華文化総会

 

「台湾人から見て、日本はどんな存在ですか? “憧れ”ですか?」

私はそんな質問をランさんにぶつけてみました。ランさんの回答はというと、

「“憧れ”というよりは、“好き”なんだと思いますよ」

 

それを聞いたとき、なんだか私は恥ずかしくなりました。なんと上から目線の質問をしていたのだろう、と。台湾は未だ発展途上国で、日本に憧れを持つアジアの一国に過ぎないと、私は心のどこかで思っていたんだと痛感しました。

今から4年ほど前、私が上海に住んでいた頃、洋書を扱う書店で、台湾の雑誌を手に取ったことがありました。そのデザインは、日本のそれをどこか真似しているようで、台湾は日本に対して憧れを抱いていたり、日本の文化を追っているような印象を受けたのです。ところが、この日私が見た台湾カルチャーはそれとは異なるもののように感じました。

© 中華文化総会

Taiwan Excellence」はイノベーティブな台湾ブランド製品に贈られる賞。その展示ブースには、台湾の最新技術や斬新なアイディアを遺憾なく発揮した、便利な商品や興味深い商品が展示・販売されていました。日本でいうところのグッドデザイン賞のようなものでしょうか。Transcendの小型軽量モバイルSSDや、水循環と水波によるマッサージを施す世界初のアイマスクなど、最新の技術を駆使して開発された便利な商品が展示されていました。中には、首に掛けられる小型空気清浄機や、23.5度傾斜をかけて浮いた状態で自立するホバーペンなど、もちろん技術は最新のものですが、個性的な商品も評価されている印象です。斬新な発想を受け止めようという、南国台湾ならではの寛容さの表れでしょうか。

極め付けは、「上野夜市」のブースで出会ったタイポグラフィックデザイナーのワンさん。彼女が作成・販売していたのは、繁体字で「白目」と書かれたピアス。ワンさん曰く、「『白目』の意味は、『空気が読めない』の意味です。けど、このピアスに描かれたフォントは敢えて読みにくいようにデザインしているので、読める人は少ないと思います。だから、誰かがこれをつけて人に会っているのを想像するとおもしろいなぁって」と、なんとも小憎らしくも薄笑いを浮かべてしまいそうな発想。けれど、こうした斬新なアイデアを受け入れる土壌、伸び伸びとそれを表現できる環境が、“台湾”なのかもしれません。

© 南国超級市場by Oo!

私が思う“台湾”は、遊び心を忘れていないように思います。遊び心から生まれた発想が、また新たな発想を生んでいるのかもしれないと、このイベントで展示・販売されている新しいものが生まれるその背景事情を、垣間見ることができたような気がしました。

音楽を通した台湾と日本の融合

その後会場内をブラブラしていると、気付けば17時を回っていました。ライブステージでは、台湾の国民的バンド「Fire EX.」が大トリを務めるべく、準備を始めています。機材確認のリハーサルから、爆音全開。「え! こんなにかっこいいの!?」と度肝を抜かれました。本番がスタートして数曲目には、1990〜2000年代ジャパニーズパンクロックシーンで人気を博した、HUSKING BEEのボーカル「いっそん」こと磯部正文氏が登場してコラボ曲を熱唱し、会場を沸かせました。その世代の私としては、感動モノです。調べてみたら、同時期に活躍していたバンドBRAHMANともコラボしている楽曲もありました。ランさん曰く、Fire EX.はSUMMER SONICに2回、そして今年のFUJI ROCKにも出演しており、日本でも知名度が増しているのだそう。日本語の楽曲もあります。進化する台湾カルチャーの象徴のようなバンドですね。

© 中華文化総会

時代を越え、国境を越え、自国独自の技術と発想を活かして、音楽、食、デザイン、生活用品などの分野で、スピード感を持って進化する台湾カルチャー。そのパワーに圧倒されて、この日の私は帰路に就きました。上野駅に着いたときとは、私の思う“台湾”の印象はガラリと変わっており、今後の発展から目が離せないと感じるに至りました。来年のTAIWAN PLUSが今から待ち遠しいです。

 

※取材日が雨天だったため、掲載されている画像は一部開催初日に撮影されたものです。

 

オススメ記事:

台湾文化発信イベントTAIWAN PLUS開幕 駐日代表、台日交流強化に期待

台湾文化発信イベントTAIWAN PLUSがプロモ映像 「上野公園で会いましょう」

文化発信イベント「Taiwan Plus」 60以上の台湾ブランド紹介 来月東京で

あわせて読みたい