2022-10-18 政治・国際

台湾人戦争犠牲者はどのように追悼されるか

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

太平洋戦争で死亡・負傷した数万人の台湾人戦争犠牲者を慰霊・記念する公的施設が、台湾国内には存在しない。日本・台湾における犠牲者の慰霊の実際を見ながら、その理由を考察する。

「台湾人戦争犠牲者」とは

戦時下の台湾では、多くの犠牲者が出た。それはアメリカの空襲と日本の軍事動員によるものだった。帝国日本による動員によって、数万人の台湾人が帝国軍人または軍属として、東南アジアや太平洋地域で命を落とし、または行方不明になった。

そして台湾本島では、アメリカ軍を主とした連合国軍による空襲が激しく行われて、多くの死傷者が出た。以下では、戦争動員と空襲で死亡し、または負傷した人々を「台湾人戦争犠牲者」と呼ぶこととする。

大まかに言えば、現在の台湾政府、正確に言えば中華民国政府(蔡英文政権によれば「中華民国台湾政府」)は、アジア・太平洋戦争で死亡し、負傷した人々の慰霊・記念を行っていない。それはなぜだろうか。

台湾政府による慰霊が行われていない理由を検討する前に、まずは現存する台湾人戦争犠牲者慰霊施設について概観しよう。


 

日本の台湾人日本兵慰霊施設

興味深いのは、一部の慰霊施設が日本にあることだ。例えば東京・九段下の靖国神社では、戦場で亡くなった台湾人を「大日本帝国軍人」として祀っている。

また、沖縄県糸満市摩文仁にある県営平和祈念公園の園内には、「台湾之塔」が立っている。日台の民間人の寄付で2016年に建立されたもので、蔡英文総統の落款があり、碑文には「時代が変わろうと、人が自らの命を犠牲にして他者を救わんとした行為は、民族や国家の如何を問わず、人道の範として賞され語り続かれなければなりません」とある。「先の大戦に台湾から参戦し散華した軍人軍属などの御霊を慰霊・顕彰」するために、この台湾之塔を建立したのである。

戦場で戦った台湾人兵士が果たして「自らを犠牲にして他人を救わんとした」ものかはさておき、沖縄県、あるいは国民国家日本の公的施設で台湾人戦争犠牲者が記念されていることは、「台湾之塔」の特徴といえよう。

沖縄県営平和祈念公園 台湾之塔

 

台湾での台湾人日本兵慰霊施設

次に、台湾国内における民間による慰霊の実際を見てみよう。民間による戦時下の犠牲者の慰霊の多くは、台湾の民間信仰の場、すなわち「廟」で行われる。

例えば、新竹北埔の濟化宮は、1980年代に靖国神社との交渉で、靖国神社で祀られている台湾人日本兵の魂を台湾に迎えた。濟化宮は今になっても、遺族にとって親しい場であり続ける。また、台中の宝覚禅寺では、一部の台湾人日本兵の遺骨が祀られている。そこには元総統の李登輝による慰霊・記念碑も建てられている。中華民国国史館の館長だった張炎憲も在職中に当寺に参拝した。

宝覚禅寺の例のように、台湾(中華民国)政府の政治家や官僚は台湾人戦争犠牲者の慰霊を完全に無視したわけではなかったが、慰霊自体を民間の宗教施設に任せているのが現状である。

もう一つ注目に値する事例は、高雄旗津の戦争与平和記念公園である。台湾人日本兵だった許昭栄の努力で、2009年に設立された施設であり、今は関懐台籍老兵文化協会に管理されている。

当公園には記念館が設置されており、台湾国内で台湾人日本兵を記念する唯一の記念館である。ちなみに記念館は台湾人日本兵のみならず、中華民国政府(及び中華人民共和国)に強制的に徴兵されて国共戦争に参加せざるを得なかった台湾兵と、日本の海軍工場へ徴用された台湾人少年、そして慰安婦なども記念の範疇に入れている。

高雄旗津の戦争与平和記念公園

公的施設ではないが、2016年に民主進歩党の蔡英文総統が記念儀式に出席した。公的施設ができていない現状の中で、台湾の歴史を重視している蔡英文総統は私的施設に訪問し表敬することで、台湾人日本兵の慰霊・記念に参与する。

ちなみに、台北大直では「国家軍事博物館」が建設中であるが、その博物館で台湾人戦争犠牲者がどのように位置付けられるかは興味深いことだ。

以上で見たように、政府による公的慰霊・記念が行われていないにせよ、台湾人日本兵の魂は、東京の靖国神社、沖縄の台湾之塔、台湾新竹の濟化宮、台湾高雄の戦争与平和記念公園と、多様な形式で慰霊・記念されている。


 

忘却・放置される空襲犠牲者

しかしながら、台湾人戦争犠牲者は台湾人日本兵だけではない。「台湾人空襲死亡・負傷者」も台湾人戦争犠牲者の一部である。ただ、管見の限りでは、台湾における空襲死亡・負傷者を慰霊・記念する施設は未だ存在しない。その理由はなぜだろうか。

そもそも、台湾の空襲死亡者の慰霊が行われていないからといって空襲が台湾社会に甚大な被害を与えなかったわけではない。1928年に生まれた筆者の祖母は2022年現在になっても、ロシアのウクライナ侵略や中国の軍事演習のニュースを見て、17歳で経験したアメリカ軍による台北空襲の惨状を思い出す。1940年代を生き抜いた台湾人にとって、1945年の空襲と1947年の2・28事件(中国国民党による台湾人大規模虐殺事件)はともに耐え難い惨禍だろう。

したがって、アメリカによる空襲、及び日本による戦争動員がもたらした死傷が現代台湾の公的な慰霊の場でさほど提起されていない原因は、アメリカ及び帝国日本が「終戦」に伴って台湾社会から遠く離れて、逆に(2・28事件の責任者たる)中華民国政府・中国国民党が台湾の支配者になったからであると考える。

中華民国政府・中国国民党による戒厳統治の圧政のもとで、台湾人が日々思い出したのは、2・28事件の記憶である。そして1980年代の民主化運動において民主派勢力(党外、のちに民主進歩党)の相手は中国国民党だったため、「党外」の指導者、例えば鄭南榕が提起した慰霊と記念の要求は、2・28事件をめぐるものでなければならなかったのである。2・28事件の犠牲者の魂、言い換えれば中国国民党の30年に及ぶ圧政を生き抜いた台湾人の集団的トラウマをある程度癒したから初めて、戦争動員と空襲犠牲者の魂の浮上が可能になる。

また、台湾人日本兵の記憶が1980年代以降徐々に浮上したのに対して、空襲犠牲者が未だに議論されていない理由は、賠償や謝罪を求める対象の不在・不明にあるかもしれない。最後は、台湾人空襲犠牲者について少し述べよう。


 

台湾人空襲犠牲者の魂のゆくえ

日本では、民間人の空襲被害者による日本政府への訴訟が行われてきた。しかしながら、勝訴は一度もなかった。それにしても、民間の空襲犠牲者記念館や慰霊碑が多く設置されている。大阪国際平和センターや東京大空襲・戦災資料センターがそれである。そこでは、街の被害が記されており、犠牲者が追悼されている。

では、台湾人空襲犠牲者に対してはどうすればいいだろうか。「日本の植民地支配下だから日本政府は責任を取って台湾人空襲犠牲者に何らかの意思表示をすべきだ」というような主張は理論上では可能かもしれないが、日本国民による空襲訴訟の厳しい現実や現在の日台関係を考えると、無謀な試みに他ならない。

やはり、台湾人自身が行動を起こさなければ何も始まらないと思う。具体的にすべきことはもちろん、なぜ慰霊・記念するのかも考えなければならない。なぜなら、「魂のゆくえ」は死者の課題より、生者の課題であるからだ。

台湾人はこれからどのような集団的記憶を作りたいのか。すなわち、台湾人はどのような記憶をもってどのような未来を作るのか。この問いを念頭に置いて、先祖たちの魂の位置付け方を熟慮するのがよいのではないかと筆者は考える。



 

参考文献:

陳柏棕「臺籍戰歿日本兵紀念場域的形塑: 以新竹北埔濟化宮為例」『國史館館刊』第六十二期(2019年12月),頁165-198。

陳婉真「風蕭蕭兮魂歸故鄉!台籍日本兵慰靈祭的省思」『民報』2016年11月27日。

栗原俊雄『東京大空襲の戦後史』岩波書店、2022年。

「高雄市戰爭與和平紀念公園主題館HP」(http://warpeace.khm.org.tw/
 

あわせて読みたい