2022-09-22 政治・国際

WHOテドロス氏がコロナ禍「終わり視野」 中国ではバス事故から「ゼロ・コロナ」批判

© Photo Credit: Reuters /達志影像 Guiyang 

注目ポイント

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は先週、新型コロナウイルスによるパンデミックの状況について、「終わりが視野に入ってきた」との見解を明らかにした。また、100万人を超える世界最悪の犠牲者を出した米国のバイデン大統領もパンデミックは「終わった」と発言。その一方、中国では凄惨なバス事故を巡り、ネットユーザーたちが習近平体制の「ゼロ・コロナ」政策に怒りを爆発させている。

WHOのテドロス事務局長は14日の記者会見で、新型コロナウイルスの世界全体の死者数が2020年3月以来の低い水準になったとし、「世界的な感染拡大を終わらせるのにこれほど有利な状況になったことはない。まだ到達していないが、終わりが視野に入ってきた」と述べた。

WHOによると、今月5日から11日まで1週間の世界全体の死者数は前週比22%減の1万935人で、新規感染者数は28%減って約313万人となった。

テドロス氏は、「マラソン選手はゴールが見えてきたからといって立ち止まることはなく、残った力を使って、より速く走ろうとするものだ。この機会を逃してはならない」とし、収束に向けて感染拡大防止の取り組みの継続を訴えた。

米国のバイデン大統領も18日、米CBSの番組「60ミニッツ」とのインタビューで、「パンデミックは終わった。われわれはまだ新型コロナウイルスの問題を抱えている。やるべきことはたくさんある」と強調した。ただ、米政府は現在も新型コロナウイルスを公衆衛生上の緊急事態と位置付けており、WHOの「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言もまだ解除されていない。

バイデン氏の発言に保守派は現行政策との矛盾を非難し、リベラル派は時期尚早だと懸念。医療関係者はマスク着用率やワクチン接種率の低下を招くと指摘する。11月の中間選挙に向けて議論を呼びそうだ。

だが、コロナ禍収束に向けての動きが広がっていることは事実だ。ニューヨーク市のアダムズ市長は20日、コロナ対策として市内の民間企業に課していた従業員へのワクチン接種義務を11月1日から撤廃すると発表した。企業側に従業員の接種について判断を委ねる。

アダムズ氏は、警察官や教師など市職員については当分の間、ワクチン接種義務を残す意向を示した。ニューヨーク市は昨年12月、オミクロン株の流行に備えて企業への接種義務を導入。ワクチン接種を拒んだ従業員の中には解雇されたケースもあった。

また、ニューヨーク州のホークル知事も今月、州内の公共交通機関で約2年半続いたマスク着用義務を撤廃。空港や公共の交通機関でもマスクの着用が不要となった。

そんな中、米CNNによると、中国では18日未明、貴州省の省都・貴陽市からコロナ陽性者47人を乗せて、約250キロ離れた遠隔地の隔離施設に輸送中のバスが山道のカーブで横転。この事故で27人に死亡したことから、政府の「ゼロ・コロナ」政策への不満が爆発している。

中国の輸送規制では午前2時から同5時の間に長距離バスを走らせることを禁じているとされ、事故を起こしたバスがなぜそのような時間に運行していたのかは分かっていないとCNNは伝えた。

バスに乗っていたとされる乗客が撮った写真には、目の部分だけが開いた防護服を着てハンドルを握る運転手が写っている。また、別の写真や動画には、屋根の部分が大破したバスが大型トラックにけん引されているものや、防護服の職員が数メートル離れた位置から消毒液を噴霧する姿も。

多くの犠牲者を出した今回の事故のニュースを受けてソーシャルメディアでは、1人でも新規感染者が判明する度、中国当局がこれまで実施してきた地域ロックダウンや大規模集団検査を批判。今回の事故も、その延長線上で起きた不必要な悲劇だったとしている。

この過剰ともいえるロックダウンなどを巡り、貴陽や四川省成都、山東省済南、新疆ウイグル自治区、チベット自治区などでは、住民らによる激しい抗議活動が起きているという。

SNSで拡散した「あなたもこのような深夜バスに乗せられないという保証はない」とのメッセージは、当局に削除されるまで25万件以上の「いいね」を集めた。別のSNSユーザーは「誰もがみんな、あのバスに乗っていた。まだ、事故に遭っていないだけ」と発信した。

また、友人を今回のバス事故で失ったという貴州省の女性は、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で、コロナ陽性者を僻地に隔離しようとした貴陽市当局に対して責任の所在を明らかにするよう訴えた。この投稿は多くのウェイボーユーザーの当局に対する怒りを呼ぶと同時に、犠牲者への同情を集めた。CNN はこの投稿者に取材を申し入れたが拒否され、その後、女性は投稿を非公開にした。

貴州省では17日に712人の新規感染者が報告され、この数は全国の全新規感染者の70%を占めた。そのため、同省の首都・貴陽市では今月、適切なコロナ対策を怠ったとして当局者9人が解任された。

同市は同日、市全体で決起して市中感染を撲滅すると宣言した。中国では新規感染者が見つかると、共同住宅全体もしくは地域コミュニティ全体が封鎖され、中には住民全員を強制的にバスに乗せ、隔離施設に運ぶ。同市でも17日には約7000人が隔離され、3000人余りが隔離送致を待っていると地元メディアが報じた。

世界がコロナ禍収束に向かう中、中国では習近平国家主席が来月、3期目続投を確実なものにするため、自らが推し進めた〝国是〟とも言える「ゼロ・コロナ」の看板を下ろせず、中国当局は批判的な国民の発言をSNS上から消すことに躍起になっている。


 

 


 

あわせて読みたい