2022-09-23 ライフ

新鋭漫画家・高妍を形作った日台文化と、台湾漫画界の展望

注目ポイント

イラストレーターとしても活躍する漫画家・高妍(ガオイェン)さん。台湾と日本で作品を発表し、最近は村上春樹さんの著書『猫を棄てる 父親について語るとき』の装・挿画や、『月刊コミックビーム』の連載をまとめた単行本『緑の歌 -収集群風-』で高い関心が寄せられている。沖縄の美術大学に留学経験もあり、日本文化への愛も深い彼女へのインタビュー。

商業デビュー作『緑の歌 -収集群風-』(KADOKAWA)で人気を経た台湾出身の漫画家・高妍さん。「10代の時の自身の日記をもとに制作した」という本作は、村上春樹や細野晴臣をはじめとする様々なカルチャーが詰め込まれた世界観が、繊細なタッチで描かれている。新進気鋭の台湾漫画家として注目を浴びる高妍さんに、自身を形作ったカルチャーや台湾漫画にかける想いまで幅広く話を聞いた。

いまの自分だからこそ描けた『緑の歌』

忘れられない高校時代のある夏の日の思い出を抱えたまま、地元を離れて台北で生きる女子大生・緑。創作活動や恋に悩みながら前に進む一人の女性の姿を新鮮なタッチで描き、大きな話題を呼んだ『緑の歌』。台湾の熱気と共に、ひりひりとした青春時代特有の空気感を余すところなく切り取った本作は、作者である台湾出身の漫画家・高妍さん自身の過去の出来事や経験に基づいて描かれた作品だ。

当時の自分の心境を思い返すと、「あの頃はとても未熟だった」と恥ずかしさを感じることもあるという。「でも、この作品には、いつかは忘れてしまうかもしれない大切なことを刻み込みました。5年後の私がこの作品を描いたら、きっともっとうまく描けたのだと思います。でも、これと同じ作品はきっといまの私じゃないと描けなかったはず。だからこそ、大切な作品なのです」と高妍さんは続ける。

高妍「緑の歌 - 収集群風 -」より

細野晴臣や村上春樹などの音楽や小説をはじめ、日本発のカルチャーへの惜しみない愛や憧憬が、至る所から感じられるのも本作の特徴だ。最初に触れた日本カルチャーは、アニメ『鉄腕アトム』だったという。

「当時の私は『女の子らしいもの』が苦手で、女の子といえばピンクやお姫様が好きという固定観念や、『女の子だからこれをしなさい』と言われるのも苦手でした。そんなときに出会った『鉄腕アトム』のアトムは、私の憧れの存在でした」

『緑の歌』の世界観を作ったカルチャーとは?

母や叔母たちが絵を描くのが好きだった影響で、幼少期から絵を描くことが好きだった。小学生6年生の時点で、すでにコンピュータとマウスを使って、デジタルでも絵を描き始める。絵に深い興味を示す中学生だった彼女へ、母からの誕生日プレゼントはペンタブ。それ以降、SNSのイラストの投稿や、絵が好きな人たちとの交流が始まった。

中学卒業後は、美術科のある高校に進学し、ますます大好きなスケッチや油絵の世界へと浸っていく。「このときに、様々なディープなサブカルチャーを愛する仲間たちに恵まれたことが、人生で大きな転機になった」と彼女は語る。

学校で出会った仲間たちは、高妍さんが驚くほどに様々なカルチャーを知っていた。その影響で、古屋兎丸の『ライチ☆光クラブ』をはじめ、浅野いにおの『うみべの女の子』『おやすみプンプン』など、日本の漫画に多数触れることに。これら作品を通じて、『緑の歌』の中でも折に触れて登場するはっぴいえんどの「風をあつめて」との出会いがあり、『緑の歌』への構想が生まれていった。

ただ、台湾のクリエイターたちから受けた影響ももちろん少なくはない。台湾の巨匠として知られる映画監督であるエドワード・ヤン(楊徳昌)やホウ・シャオシェン(侯孝賢)の作品については、「台湾人として誇りに思う作品。日本の人ももっと観てほしい」と熱弁する。また、映画『ラブゴーゴー』で知られるチェン・ユーシュン(陳玉勲)や、台湾のDJ・林強の音楽などにも「世代的には少し上ですが、私を含め、いまの若手クリエイターたちも多く影響を受けています」と笑顔を見せた。

台湾漫画家としてのこれからの目標は「たくさん作品を作り続けること」

8月には、台湾漫画を紹介するイベントである東京・日本橋で期間限定開催された「台湾漫画喫茶」にも参加。イベント内のトークショーでは、台湾の漫画市場が抱える問題点や課題についても言及した。

現在の台湾には政府からの補助金で生活が成り立っているクリエイターも少なくない。補助金がなければ生活ができないのは、台湾にまだ漫画のカルチャーがそこまで浸透しておらず、現状の読者が少なく作品を買ってもらえないとの課題があるからこそ。高妍さんは「私たちにできることは、作品をとにかく作り続けること。そして、その作品を通じて実力を知ってもらい、読者を増やしていくことだ。

次回作には、沖縄に留学した際の体験を基にした作品を予定。台湾人である自分が沖縄の歴史や政治の話に触れ、何を感じたのか。彼女の感性で切り取られる新たな物語を、いまから心待ちにしたい。

 


▼プロフィール

高妍(ガオ イェン)

1996年、台湾・台北生まれ。台湾芸術大学視覚伝達デザイン学系卒業後、沖縄県立芸術大学絵画専攻に短期留学。漫画家・イラストレーターとして台湾と日本で作品を発表している。自身初の漫画連載『緑の歌』が「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)2021年6月号から2022年5月号まで掲載され、2022年5月に『緑の歌 – 収集群風 -』(KADOKAWA)として上・下巻で単行本化。その他の作品に、著/村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』(文藝春秋)の装・挿画などがある。

Twitter:@_gao_yan

Instagram:@_gao_yan

▼本の情報

書名:緑の歌 - 収集群風 - 上緑の歌 - 収集群風 - 下

著者:高妍

定価:上巻858円(本体780円+税)、下巻880円(本体800円+税)

発売日:2022年5月25日

“好き”の気持ちに、国境はない。

 

はっぴいえんど『風をあつめて』。

村上春樹『海辺のカフカ』『ノルウェイの森』。

岩井俊二『リリイ・シュシュのすべて』。

ゆらゆら帝国『バンドをやってる友達』。

 

台湾・台北で暮らす少女・緑(リュ)は、日本の文化を通じて新しい世界と出逢う。

見たことのない景色。初めての感情。

そして不思議な少年と夢に。

まるで、風に吹かれるように。

これは音楽を愛し、物語に救われたひとりの少女と、あなたの物語。

『猫を棄てる 父親について語るとき』(著・村上春樹)で、装・挿絵を担当した台湾在住の漫画家が贈る、初連載作品。

上巻の帯には松本隆、下巻の帯には村上春樹がそれぞれ、推薦コメントを寄せている。

▼個展情報

高 妍/ ガオイェン京都個展「塩と西瓜」

2022年9月23日(金・祝)ー10月2日(日)

12:00 - 18:00 月・火休み

会場:トランスポップギャラリー(京都・出町柳駅より徒歩3分)

 

取材・文/藤村はるな


オススメ記事:

連載「いちにの算数いーあるさんすー」 台湾ルネサンス時評:青春は一度だけかもしれないけれど。

台湾発の翻訳コミック『用九商店』。漫画で知る台湾文化とその生活

〜台湾ドリンクと台湾漫画で旅行気分も楽しめる新スポット〜『台湾漫画喫茶』が日本橋に、7/28より期間限定オープン!

あわせて読みたい