2022-09-16 ライフ

映画「バズ・ライトイヤー」同性同士のキスシーンが各国で禁止に主役の声クリス・エヴァンス「多文化主義に反対する者は“バカ”だ」

© AP/TPG Images

注目ポイント

ピクサーの人気アニメ映画「バズ・ライトイヤー」が全世界で公開されている。ところが最近、この映画にゲイやレズビアンの内容が含まれていることから、多くの保守的な国々が神経を尖らせているようだ。

同性愛者問題で話題になったアニメ映画「バズ・ライトイヤー」は、中東や東南アジアの多くの国で上映禁止になってる。ロイター通信によると、主人公バズ・ライトイヤーの声を担当するクリス・エヴァンスはこの問題に対し「多文化主義に反対する観客は“バカ”で、いずれ恐竜のように絶滅するだろう」と公式に反論したという。

 

© AP/TPG Images

同映画のロンドンプレミアに登場したクリス・エヴァンス


バズ・ライトイヤーのゲイ・アジェンダ

しかし、シリーズの人気キャラクターであるバズ・ライトイヤーは、スピンオフ作品として、今年6月にキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンスが声を担当する初の単独映画が公開されることが決定している。

ディズニーが世界の大スクリーン市場の獲得に向けて準備を進める中、中東ではレズビアンのキスシーンがイスラム教徒とイスラム教を侮辱しているとして、「バズ・ライトイヤー」の公開が禁止された。

女優のウゾ・アドゥバが声を担当するスター・コマンドの指揮官アリーシャ・ホーソーンは、パートナーの女性と家庭を築き、あいさつにキスをする姿が描かれている。 だが、このシーンは中東で禁止される前に、すでにディズニーによって削除されており、ピクサーのアニメーターが抗議し復活した。

ピクサーのアニメーターたちは、ディズニーの幹部が作中の露骨な同性愛の削除を要求しかけたといい、ピクサー社員は文書で「私たちはピクサーで、さまざまなキャラクターが登場する美しい物語を見てきたが、ディズニー幹部からのフィードバックは、これらのキャラクターのかつての姿を削り取っていった」とまで指摘している。 LGBTQIA+のコンテンツを作ることは、世界の差別的な法律に対する答えだが、それに関するコンテンツを作ることを禁止されている。

当時は大きな話題となり、結果的にこの戦いが「バズ・ライトイヤー」の同性愛シーンを救ったのだ。

 

「バズ・ライトイヤー」に登場する同性家族

もちろん、同性同士のキスシーンは、ディズニー幹部の了解を得て、アメリカをはじめ世界中で上映が許可されたとはいえ、国によっては、このシーンが登場すると、映画全体が禁止されることになる。

特に中東では、同性間の恋愛に保守的な傾向があるため、それを全面的に禁止している。サウジアラビアでは審査に通らないとして、ディズニーは「バズ・ライトイヤー」を送り込むことすらしなかった。

しかしアラブ首長国連邦では、他の中東諸国のように同性同士の恋愛は合法ではないものの、その情景は比較的緩やかである。そのため、「バズ・ライトイヤー」はよりリベラルなアラブ首長国連邦に審査依頼が出された。 当初は公開許可が下りていたが、ディズニーとバズ・ライトイヤーがイスラム教徒やイスラム教を侮辱していると見なされたことが明らかになり、急きょ許可が取り消された。

アラブ首長国連邦のメディア規制局は、バズ・ライトイヤーが「同国のメディアコンテンツ基準に違反しているため」公開を禁止するとツイートしている。

「バズ・ライトイヤー」は東南アジアでも厳しい検閲を受け、マレーシアでは公開されていない。もともとマレーシアの検閲当局は、ディズニーに映画の再編集を要求したが、ディズニーはこれを拒否。 ディズニーは、現地の検閲ガイドラインを尊重するとして、映画館での公開の試みを取り下げた。

中央通信社によると、シンガポールは映画館での「バズ・ライトイヤー」上映を禁止してはいないが、16歳以下の観客にこの映画の観賞を制限しているとのこと。 シンガポール情報通信メディア開発局(IMDA)によると、「バズ・ライトイヤー」には同性カップルがいる家庭で女性が主人公となり、キスをしているシーンがあり、審査の結果、N16に分類し、16歳未満の観客の映画館での上映を禁止することになったとのことだ。

「Star Media」によると、情報通信メディア開発局は当初、ディズニーに対し同性同士のキスという敏感なシーンを削除し、この映画をダブルレーティングにすることを検討するよう求めていたそう。 しかし、ディズニーはこの選択を否定した。

審査会は、映画の分類にあたっては、地域社会で一般的に受け入れられている社会規範や価値観を考慮し、諮問委員会や保護者の意見も聞いていると述べている。 諮問委員会は、シンガポールは多元的な社会であり、異なる見解や感情を考慮する必要があると述べた。「 バズ・ライトイヤー」は子供向けアニメだが、同性婚への言及が露骨にあることから、「もっと高い評価を与えるべき」という意見が相談員の大半を占めた。


クリス・エヴァンスの反応

名指しや国をターゲットにしたものではないが、クリス・エヴァンスは、同性愛問題をめぐるバズ・ライトイヤーへの批判に反対しており、以前、ピクサーが同性とのキスから映画を救うことができたのは素晴らしいことだと語っている。

また、「真の事実は、多文化主義に反対し、映画がより包括的になることに反対する観客は“バカ”であり、私たちが目覚めれば、毎日、社会は少しずつ良くなっていく。そうしたアメリカの物語、人についての物語は、社会を動かし、目覚めさせるための一部であり、それが私たちを良くしてくれる。 しかし、怖いもの知らずで、無知で、過去にしがみつこうとする人たちは常に存在し、そういう人たちは恐竜のように滅びていくでしょう。 私たちの目標は、それらを無視して前進し、私たちを成長させてくれるものを受け入れることだと考える」と語っている。

 

 

〈続けて読みたい記事〉

あわせて読みたい