2022-09-12 政治・国際

エリザベス女王が唯一「踏み誤った」対応は ダイアナ妃急死後、国民の怒りを買った沈黙

© Photo Credit: AP / 達志影像

注目ポイント

8日に亡くなったエリザベス女王は、英国王室史上最長の君主として70年あまり君臨。英国民のみならず世界中の人たちに敬愛された。その女王が一度だけ、「大きく対応を踏み誤った」ことがあった。25年前、ダイアナ元妃が不慮の事故で、悲劇的な最期を迎えた直後のことだった。

エリザベス女王の長男チャールズ皇太子(当時)と離婚が成立してわずか1年、ダイアナ元妃は将来の国王となる15歳の長男ウィリアム王子と、まだ12歳だった次男ヘンリー王子を残し、パリでの自動車事故で、突然この世を去った。それからほぼ1週間、女王は沈黙を続けた。

第2次世界大戦中だったら、国民は「黙って先に進むこと」を受け入れただろうと米紙ワシントン・ポストは言う。さらに、父親である国王ジョージ6世が病の床で死去した際も、王位を継ぐことになる25歳だった当時のエリザベス王女は沈着冷静だったと振り返る。だが同紙は、「時代はすでに変わっていた」とし、国民が望んだものは王室が示した伝統の「英国の不屈の精神」ではなかったと指摘した。

当時、就任したばかりのトニー・ブレア首相の人間味のある声明が、国民の女王に対するフラストレーションを一層強めた。1997年8月31日、ダイアナ元妃の死亡が伝えられた数時間後、ブレア氏は声明を発表。その中で、同妃を「国民のプリンセス」と呼び、その早すぎる死を悼んだ。

首相の声明は国民感情を高まらせた。街中で人々は涙を流し、慰め合うように他人同士が抱擁した。英国各地の宮殿では、弔問に押し寄せた市民が芳名帳にそれぞれの思いを書き記し、持参した花束は置き場もないほど積み上がった。ただ、ダイアナ元妃はすでに王室メンバーではなかったため、そこに宮殿職員はいなかった。

季節はまだ夏。訃報が届いた時、ウィリアム王子とヘンリー王子の兄弟を含め、王族らは例年通り避暑地のスコットランド・バルモラル宮殿で過ごしていた。他の家族だったら、母親を亡くしたばかりの2人の子供を慰めるのには適した場所だったかも知れない。だが、その時、ダイアナ元妃の棺はロンドンのセント・ジェームズ宮殿に何日も安置されていたのだ。

「もともと恥ずかしがり屋で情緒不安定な少女を、国民が理想とした美しいプリンセスになることを求め、やがて世界で最もカメラに収められた皇太子妃になったものの、王室から排除され、事実上、死に追いやられたと表現するのは残酷すぎるのかもしれない」とワシントン・ポスト紙は記した。

沈黙を守り、喪服姿さえ見せない女王に、国民の怒りは日が経つにつれ大きくなった。国民は自分たちが感じている悲しみを、女王にも示してもらいたかった。新聞各紙は「われわれの女王はどこに?」「気持ちを見せて」「国民は苦しんでいる、話しかけて下さい、陛下」などの見出しで民意を煽った。

ダイアナ元妃の死から1週間たたない間に、それまで王室廃止論を考えたこともなかったような一般市民でも、それを口にするまでになったという。

そして、女王はバルモラルからロンドンに戻り、ついにその時が来た。バッキンガム宮殿正門に到着した女王とフィリップ王配を乗せたリムジンは、宮殿内に入ることをせず、そこで停止した。これは王室儀礼に反するものだったとワシントン・ポスト紙は指摘する。

喪服姿の女王と王配は車から降りると、宮殿前を埋め尽くした花束やメッセージカードを眺め、弔問に集まった人たちと言葉を交わした。

その夜、女王はテレビの生放送で声明を発表した。すでに王室メンバーではなく、称号も持たない一人の女性の死を悼む声明を女王が出すこと自体もまた、王室儀礼にはないものだった。

同紙によると、女王は緊張の面持ちで弔辞を述べ、その言葉の端々から、冷淡と受け止められた沈黙に対する国民の怒りを理解していることが見て取れた。「私たちは皆、人それぞれ違った方法で(悲しみに)立ち向かっています」とし、「喪失感を表現するのは簡単ではありません。最初のショックの後、信じられない気持ちや理解できない感情、怒り、そして残った人たちへの心配など、感情が混ざり合ったものになるからです」と国民に語りかけた。

その翌日、同年9月6日、ダイアナ元妃の葬儀が執り行なわれ、世界に衛星中継された。その中で、これまでの王室儀礼では考えられない光景を全世界25億人が目にした。ダイアナ元妃の棺の乗せた台車がバッキンガム宮殿の前を通りかった時、女王は宮殿の正面門前に立ち、頭を深く下げたのだ。英国王室の儀礼では君主が臣民に対して頭を下げることは決してなかった。

この瞬間、女王と王室に向けられた国民の怒りは消え去ったと同紙は伝えた。それから25年、今月19日に世界は、王室儀礼を時として大きく変え、ダイアナ妃同様に世界から敬愛されたエリザベス女王の葬儀を目撃することになる。



 

あわせて読みたい