2022-09-10 観光

予約殺到!台湾のミシュランガイド最新版に 台南と高雄の2大美食都市が初めて掲載された

注目ポイント

たくさんのグルメたちが8月末に楽しみにしていたのが、恒例のミシュランガイドだ。 今年、台湾のミシュランガイドに初めて台南と高雄の2大美食都市が掲載された。 前回のビバンダムリストのお披露目会では、ストリートフード部門で、世界中の食通から台南の地元住民まで「うちの路地の奥の店が載ってなくて良かったね」と話題になった。 台南や高雄が最終的にどれだけの星を獲得するのか、そのワクワク感も楽しみの一つだ。

星付きレストランの発表に先立ち3つの特別賞を発表

「ミシュランガイド・ヤングシェフ賞」 ミシュランに選ばれたレストランの中で、ユニークな個性と可能性を持つ若手シェフを表彰するもので、台北「T+T」 の古俊基氏と蔡元善氏が受賞し、「T+T」は1つ星も獲得している。 香港在住の古シェフは、壇上に立ったとき、感動してスピーチが続けられなくなったそうだ。ミシュランは本当に秘密主義で、受賞者は自分が受賞したことを、事前に知ることができないようだ。

「ミシュランガイドサービス賞」 優れたレストランの要であり、そのサービスによってお客様の食事体験をより豊かにする、熟練した優秀なサービスマンに贈られるものだ。この賞には、一つ星レストラン「Salt of China」の余佩凌氏が選ばれ、ステージ上で熱意とプロ意識を持ったサービスマンと称えられた。

「ミシュランガイド・ソムリエ賞」 今年、ミシュランは初めてソムリエに賞を贈った。 高級レストランでは、ソムリエの存在が最も重要である。 ワインに関する幅広い知識、味覚の知識、ワインとの組み合わせの創造性に加え、優れたソムリエには情熱も欠かせない。第1回は一つ星レストランの「巴黎廳 1930 X 高山英紀」林允順氏が選ばれた。


また、食の持続可能性を促し、廃棄物を減らすために、ミシュランは2021年から新たにグリーンスターレストラン賞を追加し、今年はグリーンスターを維持する「山海楼」、「陽明春天」(士林)、そして新たに選ばれたと「Embers」とビバンダム推奨「小樹食」(泰恩路)の4店が発表された。 Embersのシェフは「持続とは、やってしまったことではなく、やるべきことを思い出すこと。」と言った。 確かに、新型コロナウイルスであれ、食生活の変化であれ、資源の使い方を見直す時期に来ている。

2022年の一つ星レストランについては、台北に24店(新規参入2店、昇格3店の計5店)、台中に4店、高雄に2店のミシュラン一つ星レストランが存在することになる。 今年新たに追加された一つ星レストランは以下の通りだ。

#01:台湾料理「欣葉 鐘菜

この店では漁港で当日仕入れた魚介類、グループの定番料理、これまで常連客しか食べられなかった特別料理など数百種類の料理を提供。

 

#02位:「彧割烹

たに二つ星を獲移転後も「不時不食」の原則を守り、日本や宜蘭の大渓漁港の魚を使い、割烹料理を提供。特にメイン料理の後の釜飯がお客様を虜にしている。

 

#03:「Holt」

カナダ人シェフのJeffrey Downs氏は台湾の食材に精通し、ヨーロッパの調理技術と東京での経験と影響を融合させ、素晴らしい繊細なコースメニューを提供している。


#04位:「巴黎廳1930 x高山英紀」

2021年に就任した飛松裕之シェフは、総料理長の高山英紀氏のフランス料理と日本料理の美学を表現し、料理に台湾のお茶をさりげなく取り入れているのが特徴だ。

 

#「壽司芳

大阪「寿し芳」の海外3号店。台湾に長年滞在している橋本シェフを中心に、贅沢な食材と西洋料理の技法を組み合わせて、驚きのある寿司やコースメニューが提供されている。

~以上の5店は台北~


このほか、老烤箱(イタリアン)、大腕(焼き肉)、捌伍添第(広東料理)、Jarana(スペイン料理)、Mad by Le Kief(創作料理)、蒔炭火割烹(日本料理)、魚庄(日本料理)の台北の7店が新たにガイドに選出された。 これらのレストランの多くは、ミシュランのウェブサイトの「每月即時新增中」で公開されている。 これは、毎月第2水曜日に更新されるミシュランガイドのレストランリストを公開することで、スポッターの動向を把握し、お気に入りのレストランをリアルタイムで予約できる新しいシステム。

高雄に新たに1つ星レストランが2店誕生

#01:「 Liberté」

フランスでシェフの経験がある、武田賢治氏が季節感を大切にしながら、色彩豊かな料理を創作している。

 

#02:「

日本の「傳 (伝=でん) 」の海外初の姉妹店である。副料理長の藤本詳一氏が、台湾各地から取り寄せた旬の食材を使い、自らの生き生きとした楽しい人柄を、繊細かつクラシックな料理の中に表現している。

 

先週発表された2つの星付きレストランと20のビバンダム推薦レストランに加え、高雄の17のレストランが選ばれた。スタイリッシュなヨーロッパレストランが多く、「薩瑪法國小館」、「Marc L³」 、「Nibbon」、「弄盞欣悅Stage 5」。また「Eternal Life 29長生29」、「福園」、「台南旺」、「冬瓜與胖子」などの台湾料理が選ばれた。

すでに発表されている5つの星付きレストランと37のビバンダムピックに加え、新たに台中の4つのレストラン「飛花落院」(日本料理)、「L'Atelier par Yao」(流行中のフランス料理)、「Plum」(海鮮)、「PI」(流行中のヨーロッパ料理)が、ガイドに追加されている。 

二つ星では、「台北侯布雄」、「logy」、「RAW」、「祥雲龍吟」、「態芮」、「請客樓」の6店舗と台中の「JL Studio」が引き続き好調で、今年は新得した店舗はない。 パレ デ シンホテルにある広東料理の3ツ星レストラン「頤宮」も、その栄華を保っている。

最初にリストアップされた台南は、4都市の中で最も新規参入が多く、合計27店舗がリストアップされた。 また、審査員が推薦した台南市内のレストランは、「欣欣餐廳」「錦霞樓」、台湾料理「王家燻羊肉」、火鍋「阿裕牛肉(崑崙路)」「牛五臓」など17店。 しかし、毎回訪れるときにはお腹を空かせて行く必要のある食の都・台南で、1つも星を獲得していないのは残念である。

今年は日本食レストランが多く選ばれ、日本人のシェフが台湾人のシェフよりも多いことに、日本人ゲストは驚いていた。 しかし、日本人は非常に慎重で決断力があるためか、創造性と体力を必要とする高級料理に向いており、これは興味深い現象である。

また、every little dがミシュランのスポンサーのひとつであるアウディ台湾に招待され、シェフたちの心を躍らせる瞬間に実際に立ち会うことができた。 司会者から店名が明かされると、普段は真面目なシェフたちも緊張を隠せない様子だったが、ステージに上がり、ミシュランのマスコット「ビバンダム」(ミシュランの赤ちゃんではない)とハイタッチをすると、すぐに笑顔になり、マスコットの存在の必要性を一気に感じさせられた。

 

作者:every little d 林君玶

ミシュランガイド

 

 



 

あわせて読みたい