2022-09-09 観光

こんな月餅見たことない! 台湾中秋節の月餅ギフト

注目ポイント

中秋節に月餅を贈り合う習慣がある台湾では、この時期に合わせてバラエティ豊かな月餅が登場します。台湾通のkeiko在台灣さんが、日本でもお馴染みの飲食チェーンの最新月餅ギフトを紹介。

中秋節。台湾では春節、端午節と並ぶ三大行事です。

今年2022年の中秋節は9月10日。台湾では会社や個人で月餅を贈り合う習慣があり、お菓子の老舗から、海外進出ブランドなど、多くの企業が工夫を凝らした月餅を販売します。人気のある店舗の商品は即完売してしまうほどです。

「月餅禮盒」(=月餅ギフトセット)というワードで検索すると、豪華なBOXのパッケージに入った月餅を見つけることができます。

今回私が紹介するのは、日本でもお馴染みの企業が台湾で販売している月餅について。いつも見ているあのキャラクターが月餅になっていたり、楽しいデザインが見どころです。

 

台湾Mister Donut公式サイトよりキャプチャー

●ミスタードーナツ

日本でドーナツチェーンと言えば「ミスタードーナツ」。台湾でも「Mister Donut」という名前で展開されています。お馴染みのライオンのキャラクター「ポン・デ・ライオン」は、中国語で「波堤獅」。毎年「波堤獅」をモチーフにした月餅セットが販売されているようです。

今年のパッケージには「お月見」という日本語が。月餅は和菓子の「桃山」と同じ製法で作られています。黄色は「マンゴーカスタード」。マンゴーの香りのする餡に、鹹鴨蛋(=アヒルの塩漬け卵)を使った、 甘しょっぱいカスタードクリーム入りです。紫色は「紫芋もち」。紫芋を使った餡に、モチモチのお餅が入っています。

その他、バームクーヘンや台湾のパイナップルを使ったパイナップルケーキも一緒に入った、バラエティ豊かなセットです。

 

台湾Starbucks Coffee公式サイトよりキャプチャー

●スターバックス

台湾好きな方はもちろん、グッズコレクターの方にも有名な、台湾のスターバックス。台湾独自のグッズやスイーツを展開し、中秋節にはショップロゴを使った月餅を毎年販売しています。その豪華なパッケージやかわいいデザインに注目が集まっています。

今年発売された月餅ギフトセットの中で、最も豪華なセットが「月光寶盒」。直訳すると「月光の宝箱」という意味です。木箱の中には4個の月餅と焼き菓子、お月見がモチーフのコースターも入っています。

月餅の味は4種類。「烏龍可可藏心奶皇月餅(烏龍ココアカスタード月餅)」「草莓乳酪奶皇月餅 (イチゴミルクカスタード月餅)」「蓮蓉蜜香松子月餅 (蓮の実の餡と蜂蜜&松の実の月餅)」「咖啡焦糖威士忌月餅(コーヒーキャラメルウイスキー月餅)」。どの月餅もコーヒーとよく合いそうな味が想像できます。

 

台湾ハーゲンダッツ公式サイトよりキャプチャー

●ハーゲンダッツ 

台湾でもそのロゴを目にすることが多いハーゲンダッツ。「ハーゲンダッツ食べ放題!」を売りにしている食べ放題のレストランもよく見かけます。

月餅は、もちろんアイスクリーム製。毎年ディズニーキャラクターとのコラボや、オリジナルデザインを発売しているようです。

2022年は「ルーブル美術館」とのコラボレーション! 夏のフルーツを使った8種類のアイスクリームセットは、「モナ・リザ」をモチーフにしたパッケージも目を引きます。

 

まとめ

今回紹介した月餅は、ほんの一部ですが、このように毎年バラエテイ豊かな月餅が販売されています。現在の日本では「中秋節に月餅」の文化はまだ根付いていないですが、中華系食品スーパーや台湾料理店の増加に伴い、食を通じて台湾の文化が知られるチャンスが増えてきました。日本でもあと数年後には、月餅をはじめとした台湾中秋節の文化を楽しむことが習慣になっているかもしれません。

私は日本で月餅を食べながら、台湾の中秋節気分を味わいたいと思っています。

あわせて読みたい