2022-09-08 ライフ

台南人はみんな独自の“俺グルマン”を持っている! (ミシュラン ビブグルマン2022台湾)

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

台湾の京都と称されることもある古都・台南は美食の街。今年8月、『ミシュランガイド』で価格以上の満足感が得られる料理店を紹介する「ビブグルマン」に初めて台南のお店が選出されたのを受けて、台南のガイドブックも手がけるイラストレーターの佐々木千絵さんが、現地ならではのオススメグルメを紹介してくれました。

この記事に辿り着いたあなたは台南に興味がある、もしくは美味しいものが好きのどちらかでしょう。

私は台南が好きで『LOVE台南~台湾の京都で食べ遊び〜』(祥伝社)というイラストガイドブックを出版しているイラストレーターの佐々木千絵といいます。美味しいものも大好きです。

 

ミシュランガイドのビルグルマンに台南初選出!

さてこの度(2022年8月)、ミシュランガイドのビブグルマンに初めて台湾南部の都市、台南から27店が選出されました。

選出基準は平たく言うと「大体5000円以内でスペシャルな数品が食べられるコスパのいいお店」らしいですが、でもそれって台南の飲食店ほぼ当てはまるんじゃない?と思った方も多いはず。

そう、台南は“食文化の宝庫”などと言われるように街角でサクッと食べられる小皿料理、小吃(シャオツー)文化が小さな路地にまで張り巡らされているのです。

そうは言っても、日本でも台湾料理のお店いっぱいあるから台南に行かなくても食べられるでしょ?と思ったあなた、いえいえ違うんです。その気候と地の利を生かした“台南ならでは”の食は、日本では決して食べられないものばかりなのです。

 

27店舗中6店舗も選ばれた“あの”台南名物のお店

そんな日本では食べられないもののひとつに名物サバヒー(虱目魚)があります。

「日本人には馴染みがないけど、東南アジアでは広く食べられてる養殖魚」であるサバヒーは、なんと台南市が養殖面積、漁獲高共に台湾第一位!

台湾を新幹線で南下していくと、池の中から間隔をあけて水しぶきを立てている養殖場が車窓から次々と見えてきて、それにより南部へ来たー!という実感が湧くほど。

このサバヒー、英名はミルクフィッシュと言って、名前のとおりミルク色で一見淡白な白身魚。

しかし口に入れると身が厚くてほわっとほどけ、プルッとした皮の裏側には脂が乗り、食感の妙がなんとも楽しい魚なんです!

台南では主にお粥(雑炊に近い)にして朝ご飯の定番として食べられてます。“米×魚=Best朝食”、これは間違いない。

サバヒーはとても足が早いので新鮮なものを美味しく食べるならやっぱり台南ということになるし、現に台南には壁の無い半分屋台のような店構えのサバヒー粥朝食店が何十店舗も点在してます。(ああこうしてお店を想像するだけでもワクワクする!)

となるとビブグルマン側もサバヒー専門店を放ってはおかないでしょう。はい、選ばれた27店舗のうち、6店舗もサバヒーを主に扱う専門店が入ってました!

その中の1店は『LOVE台南』でも取り上げた「阿星鹹粥」。

いわゆる中心地からちょっと離れた立地にあるこじんまりとした店構え、常連と思しき地元の人がひっきりなしに訪れている個人的に“超好み”なお店。

実は、サバヒーは川魚のような臭みを感じることもあり好き嫌いがハッキリ分かれることでもお馴染みの魚。

しかしここは臭みも無くサバヒーの旨味がスープにたっぷり染み込んでいて、そのスープには細かく刻んだネギやセロリ、パクチーが主張することなくうまく馴染み、エンドレスにレンゲを動かし続けることになります。

せっかく食べるならイラストでも紹介している魚の身がまるまる乗っかった「虱目魚肚粥」を食べてみてください。

食べたことあるような、でも未知の味サバヒー、台南での必食グルメです。

 

牛肉湯も台南ならでは!

サバヒーに次ぎ27店舗中3店選出されていた、こちらも台南名物の牛肉湯(ニョウロウタン)。

魚に続き今度は肉です。

台南市の善化区に台湾最大規模の牛の処理施設があるため新鮮な牛肉が手に入りやすく、特に牛肉湯は贅沢な牛しゃぶスープでありながら屋台飯感覚で食べられる手軽さが、もう本当に“The台南の小吃”といった逸品。

盛り付けは至ってシンプルで、一口大にスライスした牛肉を両手に収まるサイズの器に入れ、だしのスープをざっとかけてハイ完成! お供に千切り生姜やお店オリジナルの辛味噌、そしてご飯、と味変すればあっという間に完食しちゃいます。

こちらも店舗はたくさんあるのでハシゴ湯(湯=スープの意)をぜひお楽しみください。

 

その他『LOVE台南』で紹介しているビブグルマン選出店

サバヒーと牛肉湯以外にも大好きなお店がたくさん選ばれていましたが、全部紹介しきれないので一番好きかもしれない牛肉湯の仲間、羊肉湯(ヤンロウタン)について語ります。

羊とは書いてあるものの、実は台湾ではヤギのこと。(ちなみに羊のことは「綿羊」といいます、うん納得)

ヤギと言うと苦手と思う方も多いかもしれませんが、ラムが好きな人なら大好きです。(大ざっぱ!)

なかなか日本では食べられないさっと茹でたモツも部位別に小皿メニューがあり、全種類制覇したくなる感動的な味わいです。

スープは塩味のシンプルな清湯と、シンガポール料理のバクテーのような漢方の入った真っ黒い當歸があり、當歸はたくさんのスパイスが身体の色んな小さな不調にアクセスしてくれてるような、とても滋味深い味。女40代、毎日摂取したくなる大好きなスープです。

 

小巻米粉(シャオジュエンミーフェン)

台南はイカもまたいとをかし。

ビブグルマンには別のお店が選ばれてましたが、『LOVE台南』で紹介したお店もすぐ近くにある小巻米粉の人気店。

さばきたてのイカと太めのビーフンが炊き出し用レベルの大きな鍋いっぱいに店頭で煮込まれ、その鍋をじっと見ながら列に並びます。

奥ではおばちゃんが新鮮で大量のイカを、よく言うとオープンエアキッチンでガンガンさばいてます。そうそう、こういうところが台南の好きなところ‼︎

塩1、イカの旨味9、といった感じのシンプルな味付けで、柔らかいけどコリっとした歯ごたえのイカがたっぷり入ったこの小吃は多分イカの美味しい食べ方世界一!

スナック感覚で胃袋にスルッと収まります。

今までイカで心躍ることがなかった私はこれを食べてイカの美味しさに衝撃を受け、すっかりイカ好きになりました。

 

土魠魚羹(トゥトゥオユィゲン)

最後は他の台南小吃に比べて地味な印象の土魠魚羹。

酸辣油のような少し酸味の効いたとろみスープに、薄い上品な衣をまとったサックサクの鰆が乗ったやみつきになる小吃です。

中華麺や春雨をトッピングできるのですが、ガッツリ中華麺でいただいちゃってください。きっと虜になりますよ。

 

上記で紹介した小巻米粉と土魠魚羹を出している2店補はどちらもビブグルマン選出店ではありません。

しかし普通にこちらのお店の方が好き!という方はたくさんいます。

そう、台南はチェーン店が潰れる街と言われるほど個人店が多く、それぞれに代々お客さんがついていて、みんな自分の舌で選出したゆるぎない“俺グルマン”を持っているのです。

台南で生まれ育った人にビブグルマンについて聞いたらきっとこう答えると思いますよ。

「あぁあの料理の店ね、あれなら私はもっと美味しいお店知ってるよ」と。

 

※台南の友人、大洞敦史さん、台南市政府観光旅遊局さん、記事執筆にあたりご協力ありがとうございました。

 

LOVE台南〜台湾の京都で食べ遊び〜

 

 

あわせて読みたい