2022-09-06 政治・国際

インドが初の国産空母「ビクラント」を就役 インド太平洋地域で覇権目指す中国に対抗

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

インドは先週末、初の国産航空母艦「ビクラント」を就役させた。これでインドの空母はロシアから購入した「ビクラマディティヤ」に加え、2隻体制となる。経済・軍事両面で重要なシーレーン(海上交通路)であるインド洋への進出姿勢を強める中国をけん制し、海軍力の増強を図る狙いだ。

インドは兵器の多くを輸入に頼っており、防衛産業の国産化を急いでいる。モディ首相は2日の就役式典で、「(インドが)独自技術で巨大な空母を製造する国々に加わった」と強調。中国への言及は避けつつも、インド太平洋地域は「安全保障上の優先課題だ」とも訴えた。

米紙ワシントン・ポストによると、インド南部ケーララ州のコーチン造船所で建造された25億ドル(約3500億円)の空母「ビクラント」は、18年間にわたる設計と製造プロセスの産物だが、その間、繰り返し遅延が発生していた。

だが、世界第3位の軍事支出国である南アジアの巨人が、長年の敵国パキスタンとの領土紛争から方向を転換し、ライバル国の中国や米国が海洋力を競うインド太平洋地域に、より焦点を当てるという国家戦略の中で、同空母の就航はその大きな一歩となった。

式典でモディ首相は、同空母の建造をインドの「技術的自立と防衛産業発展の象徴」だとし、インドの新たな戦略的展望を示した。モディ氏は、「これまで長い間、インド太平洋地域とインド洋における安全保障上の懸念は軽視されてきた」とした上で、「だが今日、この地域は主要な防衛優先事項となった。そのため、わが国は海軍予算の拡大から能力の向上まで、あらゆる方面で取り組んでいる」と述べた。

ワシントン・ポスト紙によると、2020年以降、インドと中国はヒマラヤ山脈で激しい国境紛争を展開しているが、軍事的緊張は海洋領域にも波及しているという。8月には、インドからの抗議にもかかわらず、中国海軍の艦船がスリランカに停泊し、ニューデリーと北京の間で外交論争を引き起こした。

さらに、ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発して中国は先月、大規模な軍事演習を展開し、台湾海峡を「軍事化」したことに、通常は控えめなインド政府は中国に対し、異例とも言えるあからさまな警告を発した。

軍事専門家は、「現代の空母は実戦において、新鋭化したミサイルや潜水艦に対し、ますます脆弱になっているとするものの、艦船は依然として国家の威信の象徴として広く認識されており、遠距離で軍事作戦を遂行する上でも不可欠」と解説した。

インドを除き、インド太平洋地域で競合する多くの国が海軍に多額の投資を行っていると同紙は指摘。中国は6月、米海軍だけの技術だった、艦載機を発信させる電磁カタパルト方式を採用した初の国産空母「福建」を進水させた。

同紙はまた、米国の同盟国である日本は、敗戦後建造した最大の軍艦となった護衛艦「いずも」を軽空母に改造中だとし、韓国も中国に対抗するため、20年代終わりまでに空母を進水させるとしている。

そんな中、インドが空母「ビクラント」を23年後半に実戦配備すると、空母2隻を運営する世界で5か国目の海軍大国となるという。同空母は艦載機の発進に、従来の「スキージャンプ」方式を採用。戦闘機を含め30機の航空機が搭載できる。04年にロシアから購入し、改装されたソビエト時代の空母「ヴィクラマーディティヤ」とともに、インド海軍の空母打撃群を構成する。

軍事評論家で元インド陸軍将校のアジャイ・シュクラ氏はワシントン・ポスト紙に、政府は万一の紛争に備え、中国のインド洋へのアクセスを遮断するという戦略的目的を達成するため、海軍が最終的に3~4隻の空母を必要とするかどうかを議論していると述べた。

「インドが海軍力増強ついて検討するという意味は、パキスタンと競合するアラビア海の制海権と、ベンガル湾からマラッカ海峡までを制して中国を遮断するということだ」とシュクラ氏は説明。「そのため、インドには空母が必要だ」と続けた。

歴代の米国政権はインド海軍との軍事協力を進めてきたが、それはインドを中国への重要な対抗軸とみなしているからだという。日本、米国、オーストラリア、インドの4か国による安全保障や経済を協議する枠組み「クワッド」は、発足した20年以降、海軍演習を2回実施。6月にはインドはフリゲート艦を派遣し、ハワイ近くで米海軍との合同演習に参加した。

中国は、この枠組みの深化を警戒し、米国が21世紀に冷戦型の新たなブロックを構築していると非難している。

ワシントン・ポスト紙は、新空母「ビクラント」はインド国内で建造されたものの、多くの重要部品は輸入されたと解説。空母の動力は米ゼネラル・エレクトリック社製の発電機により供給され、イスラエル製レーダーを搭載。艦載機は、ロシアのミグ戦闘機、フランスのダッソーラファール戦闘機や米国のF/A-18ホーネットで、インドの航空機は含まれていない。

何年もの間、インドは空母の電磁カタパルトや高度なジェットエンジンなど、米国の最先端技術を手に入れようとしてきた。その一方、インドは米国に接近し過ぎることに消極的で、同時に米国も機密技術をインドと共有することに消極的だった。

インドの国家安全保障会議事務局の元局員で現在はニューデリーのシンクタンク「オブザーバー・リサーチ基金」の研究者ラジェスワリ・ピライ・ラジャゴパラン氏は、両国政府間の交渉はほとんど成果を上げていないことが多いと説明。だが、それはすぐに変わる可能性があると指摘した。

ラジャゴパラン氏は、世界最大の艦隊を持つ中国が公開した空母「福建」に搭載され電磁カタパルトなど、先端技術に驚かされたいう。「中国は過去10年で競争力を大幅に向上させたことを証明した」とし、「危機感に迫られたインド側から、『米国と協力して海軍力を増強すべき』という声が高まるだろう」と語った。

あわせて読みたい