2022-08-26 政治・国際

モスクワ車爆破事件で衝撃の黒幕説が浮上 西側専門家が名指しするテロの実行犯とは

© Photo Credit: AP / 達志影像

注目ポイント

ロシアのプーチン大統領の盟友とされるアレクサンドル・ドゥーギン氏(60)の娘ダリアさん(29)の車爆破殺害事件を巡り、ロシア国内のパルチザンによる仕業や、ウクライナ人女性による犯行説、プーチン氏が殺害を直接指示したとする陰謀論まで浮上。そんな中、西側の専門家は、ドゥーギン親子を狙った黒幕がロシア連邦保安庁(FSB)だと名指しした。

ダリアさんは20日夜、モスクワ郊外を運転中、仕掛けられた爆弾により、車が爆破・炎上して死亡した。その直後からロシアはウクライナを非難し、ウクライナは言いがかりだとして、関与を完全否定。ウクライナ在住で、ロシアから亡命した元下院議員イリヤ・ポノマレフ氏は、ロシア国内で活動する反プーチンのパルチザンによるものだと主張した。

そんな中、ロシア連邦保安庁(FSB)は短時間の調査後、ウクライナ人女性がダリアさん殺害に関与し、犯行翌日にはエストニアに逃亡したと発表した。ウクライナ側は否定している。FSBの前身はソ連時代のKGBで、プーチン氏や政権中枢のシロヴィキと呼ばれる治安と軍事のエリートたちの多くの出身母体だ。

一方、現在はウクライナの首都キーウでニュースメディアを立ち上げたポノマレフ氏は、ロシア国内で活動するパルチザンによる地下組織「国民共和国軍」(NRA)がドゥーギン親子を標的にし、結果的に娘を殺害したと説明。NRAの目標は「プーチンを打倒」し「破壊する」ことだと主張した。

これらの説を裏付ける具体的な証拠はまだ表面化していないが、中には、ダリアさん殺害はプーチン氏自身によって企てられた可能性があると推測する向きもある。英国のトム・トゥーゲントハット議員は、ドゥーギン氏がプーチン政権を批判するようになったことから、プーチン氏自身が同氏を〝消す〟よう指示した可能性を示唆した。

もし、本当にそのような指示があったとすれば、FSBが関与したのか。米誌「ニューズウィーク」は専門家の見解を伝えた。

ロシアと東欧州に詳しいドイツの政治専門家セルゲイ・サムレニー氏はまず、ロシア政府が主張するウクライナ人女性による犯行説は「完全なフェイク」だと切り捨てた。7月に娘と一緒にロシアに到着し、ドゥーギン氏が住む同じマンションに部屋を借りたウクライナ人女性による犯行だとする主張だ。

FSBは証拠として、その女性のパスポート写真や、ロシアで彼女を撮ったとされる映像を公開したが、デジタルデータの専門家たちは、すぐに公開された証拠がフォトショップで作成されたフェイクだとツイートした。

サムレニー氏は、「証拠とされるものは明らかに作り物だと判明している。例えば、ダリアを殺害したと彼らが主張する女性の身分証明書は、フォトショップで加工されている」とし、FSBの「いつもの標準的な偽情報キャンペーンの一環」だと一蹴した。

パルチザンのNRAについてもサムレニー氏は、歴史的観点からロシアに地下組織が存在するのは不可能だとし、その説自体がFSBの創造でさえある可能性に言及した。「ロシアは非常に強力な監視体制にあり、あらゆる潜在的なグループの中に多くの情報提供者がいる国だ」と説明した。

近代史では、コーカサス北部のいくつかのイスラムテログループと、00年代初頭に警官2人を殺害したなどとされる「プリモルスキー・パルチザン」と呼ばれた若者の暴力組織を除いて、ロシアにはテロ組織は無かったという。「それ以降に存在したとされるテロ組織は全てFSBがでっち上げた貧弱なものだった」と同氏は解説した。

サムレニー氏によると、FSBの典型的な手口は、諜報員を大学の政治討論部などに潜入させ、学生たちを過激化するように扇動し、彼らをテロ組織の構成員に仕立て上げるというもの。同氏は、その一つが「セット」と名付けられた、国家転覆を狙った架空のテロ組織だと付け加えた。

ロシアの人権団体などによると、テロリストとしてでっち上げられた若者たちは拷問を受け、ありもしないことを自白させられるという。現在拘束中の野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏も「セット」を「架空のテロ組織」と断定していた。

今回の事件のように、爆弾を製造して車に仕掛け、遠隔操作で爆発させる技術を持つ組織は、ロシアではFSB以外では「絶対ありえない」とサムレニー氏は説いた。

また、米シンクタンク「アトランティック・カウンシル」の安全保障専門家ルスラン・トラッド氏はニューズウィーク誌に、ダリアさん殺害がロシアで「必要な怒りの波を生み出した」ことは明らかだと語った。

トラッド氏は、「現在のドゥ―ギンは国家の道具ではなく、単なる象徴だ。いわゆる『ロシア世界』というクレムリン神話の創造における彼の役割はすでに終わっている。だから彼はいけにえになるのかも知れない」と述べた。実際、ロシアの為政者たちは、「すでに政治目的で殺人を利用している」という。

同氏によると、14年のクリミア併合の思想的主役だったドゥーギン氏と、つい最近までウクライナで主要な作戦を主導してきたFSBとの間に軋轢が生じているという。「(ドゥーギン氏はFSBが)組織として適切に機能しておらず、軍事作戦に失敗していると非難しているが、プーチンがドゥーギンの影響を受けていることは、クレムリンの誰もが知っていること」と同氏は語った。つまり、FSBにとってドゥーギン氏は、もはや〝目の上のたんこぶ〟でしかないというわけだ。

トラッド氏の見解を反映し、サムレニー氏は、戦争を激化させようとするFSBの思惑により、ダリアさんは殺害された可能性もあるとしている。そうすることで、国民の戦意を高揚させ、戦争反対派の残党を排除し、復讐心を煽ることが出来るからだという。「ロシアではウクライナの邪悪なナチスによって殺害された無実の少女の写真がテレビで報じられている。非常に強いイメージだ」と述べた。

 

 


 


 

あわせて読みたい