2022-08-25 政治・国際

半年で30か国歴訪〝中国の顔〟王毅外相 習主席の野望携え、反米宣伝を外遊で発信

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

コロナ禍以降、国外に出ることを恐れているかのように外遊を避け続ける中国の習近平国家主席に代わり、今や〝中国の顔〟として、過酷なほどの海外歴訪日程をこなす王毅外相(68)。流暢な日本語をあやつり、2004年から3年間、駐日大使を務めた。13年に外相に任命されて以来、中国の閣僚としては異例の長さで同職に就いている。その狙いを米紙ニューヨーク・タイムズが解説した。

ニューヨーク・タイムズ紙は、「中国の王毅外相は、よくプレスされたスーツを着た粋な男で、今年だけですでに30以上の大小の国々を絶え間なく訪問。太平洋の島嶼国(とうしょこく)、中国の西側周辺の中央アジア、そして、しばしばアフリカへも脚を延ばした」と同氏を紹介。王氏は中国が西側、特に米国に屈服しないというメッセージを携え、習近平国家主席の覇権的野望のため、世界中で広報活動を繰り広げているとした。

王氏は先月、インドネシアで米国のブリンケン国務長官と会談。「米国は深刻な嫌中を正すこと」を含む、4つの「是正すべき不当な行為」のリストを提示した。要求が無視された場合、関係は行き詰まるだろうと、中国共産党系の英字紙グローバル・タイムズは警告する。

変化する世界秩序の中で、中国はその立ち位置を確立した。パンデミックが始まって以来、習氏が国外に出ていないことから、王氏は〝中国の顔〟となった。中国は米国とその同盟国に対抗し、発展途上国を受け入れ、権威主義的な枢軸として世界的リーダーになるとする習氏のビジョンを王氏は称賛してきた。

その一方、ロシアのウクライナ侵攻以来、王氏は欧州を避けてきた。中国はロシアに友好的であるとみなされ、中国に対する西側の評価が急落したからだ。同氏は台湾への強硬派の旗手でもある。また、イスラム教の国々には中国と連携させるよう働きかけている。その理由は、イスラム少数派であるウイグル族の大量拘束に対する西側諸国の批判をかわす防波堤として確保することでもある。

バイデン政権発足以来、王氏は一度だけ米国を訪れている。昨年3月、アラスカ州アンカレジでブリンケン氏ら米外交トップとの会談に出席し、煮え湯を飲まされたのだ。米国政府は会談の24時間前、新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に、中国政府高官ら4人を制裁対象としたことに、王氏はブリンケン氏とジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を非難。「これは客を歓迎する態度ではない」と会談の冒頭でそう述べた。

そんな中、王氏はアジアのために戦いを仕掛けているとニューヨーク・タイムズ紙は分析する。

「中国が主張するのは『アジアの問題はアジア人が解決すべき』ということ」

だと、王氏との非公開の外交会議に出席したことのあるシンガポールのビラハリ・カウシカン元外相はそう述べた。「中国はまた、米国は頼りにならないトラブルメーカーであるとも言っている」と続けた。

習氏自身が直接そう発言しているのだ。14年、習氏が国家主席に就任したての頃、「アジアの人びとがアジアの問題を管理するべきだ」とし、米国はこの地域において何十年にもわたる侵入者であり、衰退しつつある勢力だと批判している。

だが、そうした前提が常にうまくいくとは限らないとカウシカン氏は指摘する。王氏が「地域最大の経済国である中国」を常々誇示していることを、アジアの外交官らは「中国はただのカネ持ちのいじめっ子」で、米国の同盟国である日本や韓国などの大国も存在するアジア地域で支配権を握っているように振舞っている、ととらえているという。

だが、一部のアジア諸国では、このアプローチが効果を発揮しているのも事実だ。特に、習主席から賞賛されたり、直接電話を受けたり、聴衆の前で習氏と一緒にいる場合はなおさらだとニューヨーク・タイムズ紙は強調する。先月、インドネシアのジョコ大統領は北京に招かれ、習氏と会談。ジョコ氏はこれを名誉だと受け取った。その結果、ジョコ氏は米ブルームバーグとの最近のインタビューで、習氏とロシアのプーチン大統領が11月にインドネシアのバリで開催されるG20首脳会議に出席すると発表した。

同紙によると、13年に任命された王氏は、中華人民共和国史上、最も長く外相を務めている人物の一人だ。

中国政府がかつての敵国との関係改善に関心を持っていた00年代半ば、王氏は駐日中国大使を務めた。北京第二外国語大学で日本語を専攻し、流暢な日本語を話す同氏は、東京では日本のビジネスマンとゴルフを通じて人脈を広げた。「日本では〝戦士ではなく紳士〟だった」と米ワシントンのシンクタンク「スティムソン・センター」の中国専門家ユン・スン氏は言う。だが、「外務大臣になり、全く人が変わった」というのだ。

中国共産党支配に反対する香港での大規模な抗議デモが勃発した時期、習氏は中国の外交官には「新たな闘志」が必要だとカツを入れたことで、王氏には新たな辛辣さが加わった。

中国外務省があまりにもおとなしいという噂が広まり、それが王氏に火をつけたとニューヨーク・タイムズ紙は指摘する。王氏は19年、外務省の70周年記念パーティーで「闘志」という単語を繰り返し、拍手が巻き起こったという。前出のカウシカン氏によると、習主席に代わってぶしつけな要求をすることから、王氏はアジアの若い外交官の間で後漢末期(2世紀)の武将にちなんで「曹操」と呼ばれていると明かした。

そんな中、プーチン氏との良好な関係は習氏の強硬路線をより強化させた。同紙によると、王氏は当初、両者の連携に懐疑的だったが、その後、中露軸という枠組みの確固たる支持者に変貌した。

今月カンボジアで開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)や日米、中国の外相らが参加する会議で日本の林外相が発言した際、王氏はロシアのラブロフ外相と連れ立つように席を立って退室した。台湾情勢をめぐる日本の対応に不満を表明したものとみられる。ニューヨーク・タイムズ紙はこれを「王氏はラブロフ氏と新しい友情を築いた」と皮肉った。

「ロシアと中国は共に、彼らが定義する『核心的利益』について自由主義陣営から何をすべきかを言われる筋合いはないとしている。ロシアにとってはウクライナ、中国にとっては台湾だ」と英オックスフォード大学で中国の歴史と政治を専門とするラナ・ミッター教授は解説。「(退室にあたり)王毅は、そのような行動を取るためにトップレベルの承認を得る必要があった」と推測した。

王氏にとって最優先事項は、米国がアジア太平洋地域でバランスを崩した状態を維持することだという。

王氏は5月下旬から6月上旬にかけて、南太平洋の島嶼国6か国以上を10日間で飛び回るという過酷な外遊日程をこなした。最初にフィジーに到着し、「共通開発ビジョン」への合意を期待して、ソロモン諸島や他の国々を訪れたのだ。

王氏が最大の成功を収めたのはソロモン諸島だ。中国が商業目的および軍事利用の可能性がある港の建設を可能にする安全保障協定の締結を勝ち取った。だが、王氏が訪問した他の国々は、中国にサイバーセキュリティと南太平洋地域の海洋計画に関するプロジェクトの権利を与える開発文書への署名を拒否。一部の国は、米国と中国の間の競争が激化することへの懸念を示した。

王氏の訪問を取材したメラネシアン・ニュース・ネットワークの創設者で編集者のドロシー・ウィッカム氏は、「中国は自分たちが来ると、誰もが頭を下げると思っている」とした上で、「彼らはカネが全てではないことを理解していない」と憤った。




 



 

あわせて読みたい