2022-08-04 ライフ

チベット仏教に由来する映画「呪詛」詳細を解明密教には大黒仏母がいるのか?黒母の手形とは?

© 電影《咒》劇照,牽猴子股份有限公司發行

注目ポイント

チベット仏教と密教(タントラ)の修行者、伝達者としての私が「呪詛」を観賞して感じたいくつかの感想と解説を皆さんにシェアしようと思う。これは、さまざまな詳細を明らかにするものである。まず初めに、大黒仏母(黒母)はヒンドゥー教の性愛の流派からきている。


 

1)密教には本当に大黒仏母が存在するのか?

それは、しないとも言えるしするとも言える。チベット密教には、「マハーカーラ」という猛々しい女性神がいるが、これを直訳すると「大黒」となるが、一般的には「パルデンラモ(吉祥天女)」という名で知られている。これを大黒仏母の原型と考える人が多いが、実際はそうではなく、そのような認識は後述するように脱文脈的である。

しかし、大黒仏母像は画風、頭飾り、トンネル内の法衣の一部など、明らかにチベット仏教由来のものであり、再現されたものである。次に、ヒンドゥー教には「黒の母/時の母」という信仰があり、その詳細をここで見てみよう。この2人、特に後者は、本作で描かれた「大黒仏母」と名前も形も非常に近いものである。しかし、現在の信仰の中では、「大黒仏母」そのものは存在しない。

注目すべきは、本作で描かれる「神の起源」が、南インド・ディアンミアン(アーリア系僧院)-福建省-台湾陳一家のように見えることだ。

ディアンミアンとは、中国雲南省に伝わる密教の1つで、現在は消滅している。しかし、この仏母(女性の悪魔)信仰の起源は、南インドで盛んな「時の母信仰」と非常に密接な関係があるのだ。実際には、サンスクリット語のカーリー(Kālī)は「黒母」とも「時母」とも訳されるが、本稿では、この神と映画に登場する「大黒仏母」との混同を避けるために、「時の母」と呼ぶ。上記のリンクに加え、後述するように、この手は北インドの宗教的覇権への反発を象徴している。


 

2)大黒仏母は「仏」なのか?

答えは、いいえだ。"母なる仏"は"父なる仏 "に相当する言葉で、密教の中でも特定の流派である「至高のタントラ」で使われる言葉だ。至高のタントラ修行では、悟りを開いた心(仏)の性質を知恵と柔軟性の2つの面に分け、順に「母なる仏」「父なる仏」と呼び、視覚芸術や詩、賛美などで表現している。

おそらく、長年の翻訳によって習慣化されたであろう「仏」という言葉は、特に清末時代、大いに乱用されたのだろう。"仏 "や "生き仏 "といった言葉が当時は使われていたため、女性の神様を "仏母 (母なる仏)"と呼ぶ習慣が始まったのだ。例えば、当院(度母の家、台湾の宗教関連施設)の母体である女性菩薩は、慣習的に孔雀仏母や摩利支仏母とも呼ばれている(ただし、この「呪詛」の中の黒母とは異なり、とても優しい方だ)。

仏教用語で「仏」といえば、個人的な好き嫌いなど強い感情を持たず、それゆえに理性や知恵が高度に超越した悟りを開いた人を意味する。明らかに黒母(大黒仏母と同義)とは違う。


3)黒母は邪神なのか?

実は、何とも言えない。いわゆる「邪悪」というのは、非常に主観的なものである。この神様が自分に従順であり、自分の利益のために他人を無制限に傷つけるとしたら、既得権益者であるあなたは彼女を「悪」と感じるだろうか?「呪詛」の中での「黒母」は陳一家、特に女性主人公に対してこのような行動を起こしていた。基本的に彼女を攻撃することはなく(怖がらせることはカウントしないとして)、黒母とのつながりを邪魔するものは全て攻撃する。

一般に宗教家は、邪神が「悪」であるかどうかを、その能力や受け取る供物によってではなく、邪神の「判断能力」、すなわち道徳性によって判断するものである。邪神が、どんなに強力であっても基本的な「判断力」がなく、非常に感情的で「私に従う者は栄え、私に逆らう者は死ぬ」という観点で物事を見る場合、これは通常「悪の神」である。

実際、邪神は心理カウンセリングの「必要性」が高く、特に力が強ければ強いほど、必要性も高い。彼らはしばしば、人類の「無知」の状態と似ているところにあり、したがって、彼らが触発され変化する前に、教育と励ましを必要としている。そのため経典には幽霊や邪神が仏に助言を求める話が数多く出てくる。

特に「黒母」は、「訶利帝母」という鬼子母神の物語を思い起こさせる。釈迦時代に「訶利帝母」という女の神がいて、500人の子供を産み、その食糧のために人間の赤ん坊を殺す宿命を背負って生まれてきた。その後、ある人の依頼でお釈迦様が介入された際、神通力で彼女の末っ子を隠し、散々探し回った彼女が最終的に助けを求めてお釈迦様の元にやって来た時、彼はこう聞いた。「あなたはたった1人いなくなっただけでこんなにも焦っているのに、あなたに殺された子供達の親はどうなっていたと思う?」。

訶利帝は懺悔したが、彼女の宿命は子供を狩って食べることだった(はっきり言って、肉食動物である)。 そこで、お釈迦様は彼女に加護を与え、食事習慣を変え、再び生まれ変わって生きられるようにした。(後に、訶利帝は過去に王国の人たちに捨てられており、恨みを抱いていた。そして彼女が殺した子供達はその王国に関係のある子ばかりだったと、言われている)

ヒンドゥー教における「黒い母」/「時の母」の物語には、実は2つのメッセージが込められている。


a. 邪神は教化を必要としており、また教化することが可能であり、人との関係は「持ちつ持たれつ」。


実は、この点が「呪詛」の中では見落とされている悲しい点だと思うが、それについては後述しよう。


b.邪神が「本来養うべきもの」(例えば新鮮な肉や血)を必要としている可能性がある

これは彼らの性格の良し悪しに関わらず、彼らの「宿命」である。例えば猫が肉食であることを私たちが受け入れることができれば、邪神の中にも「生まれつき」肉食のものがいることも理解できるはずだ。そしてこの点はまた次の問題にも繋がる。


4)黒母の生贄はなぜ恐ろしいのか?

先述の問題にも通じるが、これは彼女の生まれ持った宿命によるところもあるが、それ以上に重要なのは、実際、彼女の天性的な残忍性の素因は、多くの場合それほど強くはないのだ(例えば、生身の血肉が必要なだけで、必ずしも人間のものでなくてはならない、という訳ではない)。ここまでくると、「悪者にしたのは人間だ」というのはよくある話。

前述したように「持ちつもたれつ」というのは重要でありつつも忘れられがちな脈絡であり、次の文でも紹介するが、ここでも軽く触れておこう。

「呪詛」の中で黒母信仰の起源は、中国の雲南地方のディアンミアン信者達の崇める「悪意」の神であることが描かれている。私の考えでは、黒母自身が「悪の神」になることを望んだわけではなく、彼女をそうであるように育てた信者達が悪いのだと思う。彼らはわざと暴力的で血まみれの供え物をして、彼女の暴力的な精神を強化し、自分たちのために利用できるようにしたのだ。

お気づきかどうか分からないが、「呪詛」の中で「黒母」の信仰そのものは、「吉凶のバランスであり、生死には名前がある」というものであり、つまり彼女のあなたへの加護と呪いは表裏一体であるということだ。しかし代々、黒母を信仰してきた陳家は、本当に「加護」を受けたのだろうか?実際に受けていないだろう。彼らは山中で物質的にも精神的にも窮屈な生活を送ってきた。

これが本当に示しているのは、家庭の磁場が「非常に悪い」状態のままであるということだ。これは、中国の(いわゆる黒魔術的な術を使う)符咒師に入門する際に「孤、夭、貧」どれか1つを選んで宣誓しなければならないというのに似ている。簡単に言えば、陳家の祖先が黒母から受けた「加護」は、強力な呪いの能力を与えられたことだったが、それは彼らが選んで育ててきたものだった。

雲南省では昔から呪術が盛んで、陳家の祖先は「魔法で戦う」能力を高めるために黒母の暴力的な気質を強化し、自分達が戦って勝てるようにするための意図的な試みだった。だがその結果、黒母は超重量級の血肉を食べなければ満足出来なくなってしまった。黒母の「悪意」は、陳家の祖先によって「意図的に」膨らまされ、育まれたのだ。

これは、前述で紹介した「時の母」から分かることだが、時の母(カーリー女神)信仰は、とてもグロテスクで重苦しいが、南インドでは非常に人気が高い。その重厚な味わいから悪意のある神とされるのではなく、逆に幸福や祝福の神とされることが多い。つまり、「神」という属性は、ある意味で、人間によって意図的に洗練されているのだ。

雲南発祥の陳家の物語とは対照的に、チベット仏教や密教の開祖である「パドマサンバヴァ」のスタイルは全く逆である。

パドマサンバヴァは、インドで仏教を学んだパキスタン人であり、呪術にも長けていた。黒母よりもはるかに強い現地の魔物や神々を次々と倒し、その後、当時のチベット王に招かれてチベットに入国した。

チベットには、もともと黒母より強く凶暴な神がずらりと並んでいた。彼らはとても傲慢で、チベットの王が仏教の僧院を建てようとすると、仏教に反対だからとそれを壊し続け、毎晩、その日の工事の進捗を妨げては皆を無駄働きさせていた。

そこで王は、世界的に有名なパドマサンバヴァをチベットに招き、入国後、その猛々しい山の神と地の神をすべて強制的に手なずけている(それらの山の神々はおそらく1人の管轄が5000~6000メートル級の山に相当するくらい非常に強力な力を持っている)。

「除道障礙祈請文」の記載によると、パドマサンバヴァのこの行動の結果は、" このような偉大な神々や悪魔達は、本名を名乗る者、宗教を守ると約束する者、下僕となることを望む者などがいた"と、伝えられている。

すべての地上の神を手なずけたパドマサンバヴァは、その力で天命に介入し彼らの食習慣を改めさせ、それ以来、チベット仏教でも、肉や血を捧げることを公式に禁止しているのだ。多くの史料によると、パドマサンバヴァは自らも血肉を捧げることを嫌い、チベット人がまだ生贄を望むなら自分はインドに帰るとチベットの王に告げたという。もちろんその代案として「焼香供養」を提案し、「世界焼香日」という伝統行事も創った。

つまり、鬼や邪神達の食習慣は天性のものであることが多く、必ずしも性格を表しているわけではないが、意図的に操作することで悪化することが多いのである。もちろん、一般の人はそれらの食習慣に介入して天性を変える能力はないが、一部の熟練した師達だけはそれが可能である。

 


5)黒母はなぜ子供を必要としていたのか?

「呪詛」の中での核心は、「黒母」がヒロインの娘を奪おうとするが、しかしヒロインはそれを望まない、という一連の出来事だ。よく考えてみれば、原作の少女がヒロインの娘と出会うとき、前者は「ちょうど」少女から女性に変身している…つまり初潮を迎えたばかりの状態であることが表現されている。

また、よくよく考えてみると、もとの少女は黒母に片耳を奪われたものの、黒母が彼女を引き取っている間、本当に危害を加えた訳ではない。私の考えでは、「陳家は一貫して若い女の子を超能力者に選ぶ」というのが黒母の習慣であり伝統であったというのが、忘れられがちな部分なのではないだろうか。

彼女の胎内にいる赤ん坊は、中国の伝統的な家父長制の意味での「陳家」の娘である。そのため、まだ妊娠中だった彼女に黒母が言ったのは、娘を差し出してもらうということはつまり、その娘に将来、超能力者としての力を引き継ぐことを意味することになるのだ。

これはネパールの「クマリ」(聖なる女性)の文化とよく似ている。ネパール王室では伝統的に、神の意思に従って、特定の民族から初潮を迎えていない少女を選び、神の代弁者である「聖処女」とする習慣があり、ここにその詳細が記されている。「聖母」を必要とする女性は「難儀の母」であり「時の母」と同じく情熱の女神である。

そこで、難儀の母は特定の家庭の初潮を迎えていない女の子を代弁者として選ぶ。また、黒母は陳家の中でもまだ初潮を迎えていない女の子を代弁者に選んでいる。これも実は映画の中で軽視されている場面である。

 

6)黒母はなぜ名前を必要とするのか?

これは実は、先述した「本名を名乗るもの」という言葉とも関係がある。この一節は、現地の神々がパドマサンバヴァに「本名」を捧げる様子を描いたもので、これは多くの文化圏で共通に理解されている。つまり多くの文化圏では、人や神、幽霊が自分の本当の名前(本名)を「差し出す」時、この真名を受け入れた別の人は、この人、この神、この幽霊を操ることができるようになるのだ。

欧米の悪魔映画で、悪魔祓いが必ず悪魔の本名を聞いて操るのはこのためだ。仏や神、幽霊の本名は、実はどの文化圏でも「マントラ」の原型となっている。仏陀真言、阿弥陀如来真言、薬師如来真言、悪魔や鬼を鎮めることで有名な楞厳呪など、いずれも実は仏や菩薩、あるいは一連の神々の真名を唱えているのである。

7)黒母の手形とは?

この映画の一番の見どころだと思う。「呪詛」では、黒母の手形は幸運を引き寄せることを表す「八方位」とは逆で、不吉さを示していると説明されている。この件に関する私の見解が、ディレクターの意図と研究の結果と一致しているかどうかは分からないが(もしそうなら、この分野のプロとして非常に高く評価する)。

私の考えでは、これは少し遠いところから始まっている。インド大陸は逆三角形で、単純に北インドと南インドに分かれている。インドの先住民はもともと北インドに住んでいたが、紀元前20世紀頃、アーリア人がイラン地方からインドに渡ってきて、北インド地域を占領した後、もとの住人は南へ追いやられ、北インドと南インドの間に文化的・宗教的な二分化が生まれた。

私たちがよく耳にする「カースト制度」、ヴェーダ、マハーバーラタなどは、全て北インドの信仰体系に属している。特にカースト制度は、少数民族であるアーリア人が多数民族である先住民を支配するために作り上げた社会宗教構造であった。

南インドで花開くインド先住民文化――彼らの文化は、「革命」「情熱」「批判制度」「神秘崇拝」といった強い資質を持っていることが特徴である。インドの歴史における文化改革は、そのほとんどが南インドで始まり、やがて北インドの制度化を覆すものであった。例えば仏教では、南インドから、硬直した教義構造を覆す勢いで般若心経の体系が生まれ、やがてインド仏教全体に影響を及ぼした。

一般に、北インドと南インドの宗教の間には、いくつかの明確な対立があり、それらを大きく分けると、北インドは家父長制、南インドは母系制、北インドは規範的、南インドは情熱的、北インドは清潔と整頓を要求、南インドは放縦とお祭り騒ぎを歓迎する。

「呪詛」に登場する八方天、さらに後に発展した十二天は、北インドのヴェーダ信仰の主神である。そして、南インドで発展・定着した宗教信仰の最大の流派は、「性力」を崇拝するシャクティ派であり、その主神は、前述の「時の母」であり「難儀の母」である。つまり、北インドVS南インド、八方天VS時の母・難儀の母、八方手形VS黒母手形となる。

最後のポイントである「黒母」のシンボルは、実は2つの三角形で形成される六芒星であることが興味深い。神を表すものとして六芒星があり、サンスクリット語では「ヤントラ」と呼ばれる性信仰のシンボルである。


≪まとめ≫

大黒仏母とは、南インドで生まれた陳氏一族の神で、閩南を経て台湾にやってきた。

黒母は、現存する密教の主流であるチベット仏教や東洋仏教の仏でも神でもない。このような女性神に生身の人間を使うことは好まれず、明確に禁止されていたほどだ。(同様の儀礼や祭祀が存在する可能性のあるネパール地方の密教については調べる価値があり、私もずっと現地調査をしたいと思っているのだが、なかなか機会がなかった)

この母神の特徴は、情熱的で欲が強く、酒や肉が好きなことが多い。黒母は、南インドの二大性神である「時の母」と「難儀の母」を合わせたものだろう。「時の母」と「難儀の母」は悪意のある神ではないが、主流の道徳と矛盾するような嗜好を持つことが多い。(このいわゆる支配的道徳が家父長制社会の概念ヘ覇権的な意味合いであるかどうかは、一考に値する)

「呪詛」を見ていると、黒母は一貫して自分の代弁者を求めていたが、この思考こそ実は、ネパールの「難儀の母」が選ぶ聖母と同じなのだ。

本当は手短にするつもりが、ちょっと長くなってしまった。観ることを勧めてくれた友人と、その後の色々な話し合いに感謝したい。彼もここに記事を書いたので、是非読んでみてください。そして次回は宗教家としての私の見解と感想を述べたいと思う。

 

作者:熊仁謙

 

〈続けて読みたい記事〉


 

あわせて読みたい