2022-08-01 政治・国際

英調査会社「自家用機乱用セレブ番付」公開 CO2排出ワーストは歌手テイラー・スウィフト

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

世界のセレブリティたちが、プライベートジェットを利用することで排出される二酸化炭素(CO2)による地球環境破壊の現状が明らかになった。英調査会社「ヤード」は先週末、そんなセレブの「ワースト10」リストを公開。トップは米歌手テイラー・スウィフト(32)で、今年1月1日~7月29日の間で170回も自家用ジェットに搭乗し、そのCO2排出量は合計8935トンにも達した。これは一般人平均の1185倍で、ソーシャルメディアでは環境保護を訴えるセレブたちの偽善性が大きな話題になっている。

「プライベートジェットでCO2を排出するワーストセレブ」と題する研究報告を発表したのは、英サステナビリティ市場調査会社ヤード。それによると、スウィフトの平均搭乗時間は80分で、フライトの距離平均は約224キロ。最短の搭乗時間は36分で、ミズーリ州から隣のテネシー州までの移動だった。

スウィフトに次いでワースト2は米元プロボクシング世界チャンピオンのフロイド・メイウェザー(45)で、同期間のCO2排出量は7076トン。これも一般人の平均の約1011倍だった。3位は米ラッパーで音楽プロデューサーのジェイ・Z(52)、4位は米元大リーガーのアレックス・ロドリゲス(47)、5位には米カントリー歌手ブレイク・シェルトン(46)が続いた。

6位から10位は順に米映画監督スティーブン・スピルバーグ(75)、米セレブタレントのキム・カーダシアン(41)、米俳優マーク・ウォールバーグ(51)、米司会者オプラ・ウィンフリー(68)、米ラッパーのトラヴィス・スコット(31)だった。

ヤード社は「移動手段としての旅客機は最もエコではないことはすでに知られている」とした上で、それでも航空会社が公共交通手段として運営するフライトは、多くの利用者が一度に搭乗することで、最低限の環境破壊に抑えられていると指摘。その一方、セレブが所有する自家用機による移動は、他の交通手段とは桁違いの悪影響を環境に及ぼしていると解説した。

同社によると、調査のきっかけとなったのは米セレブ一家として世界的に人気のカーダシアン=ジェンナー家の末娘で、起業家のカイリー・ジェンナー(24)が先月中旬、インスタグラムで公開した1枚の写真だった。カイリーは2019年に米経済誌「フォーブス」による世界長者番付で史上最年少のビリオネア(資産10億円以上)としてランクインした。

問題の写真はカイリーと恋人のトラヴィス・スコット(今回のワースト番付10位)が空港のエプロンで抱擁する姿をとらえ、2人の背景に2機のプライベートジェットが駐機していて、「どっちで行く?」とのメッセージが添えられていた。

フォーブス誌は7月30日、カイリーは自身が所有するジェット機に17分間搭乗し、スーパーマーケットで買い物をしてきたことをインスタで自慢気に投稿したとし、「全く不必要なCO2排出による環境破壊だ」とする多くの声や、ファンによるカイリー擁護のメッセージであふれ、アカウントは炎上したと伝えた。

同社はこの騒動をきっかけに調査チームを編成し、セレブによるプライベート機の使用頻度やCO2排出量について緊急調査を行ったという。

専門家によると、世界人口の約15%が毎年航空機を利用し、それによるCO2排出量は一般人1人あたり年間平均で7トンになる。だが、セレブたちが自家用機を利用する場合、その数字は平均で約482倍にもなるという。

調査チームのリーダー、クリス・バターワース氏は、「富豪の有名人は派手な生活の中で気づきもしないだろうが、彼らのプライベートジェットこそが航空業界をめぐるCO2排出問題の大きな要因となっている」と指摘。「航空機は毎年、人間によるCO2排出量の2・4%を占め、その排出量を巡り、セレブ層と庶民との間に大きな壁ができていることが調査で明らかになった」と語った。

バターワース氏はまた、人類が直面する問題で、気候変動は最も緊急な課題だと指摘。地球環境を守るためにゴミの分別をしたり、節電をしたり、さまざまな試みをしているが、「航空機の使用で排出されるCO2はあまりに大きく、それを帳消しにするための手段はそう簡単には見つからない」と説明した。

そんな中、「CO2排出ワーストセレブ」という不名誉な称号を与えられたスウィフトにはSNSで偽善的だと多くの批判が寄せられている。シンガー・ソングライターとして最も成功した女性アーティストの一人、スウィフトの作品には美しい自然環境を描写した歌詞が多く、米紙ニューヨーク・タイムズは昨年3月、「テイラー・スウィフトは自然に戻ることを歌う」とする論説で絶賛していた。

今回の調査結果についてスウィフトの代理人は、「彼女の自家用ジェットは定期的に第三者に貸し出されていて、全て、またはそのほとんどを彼女のフライトのせいにするのは明らかに間違っている」との声明を発表し、抗議した。

 

オススメ記事:

米国のペロシ下院議長の台湾訪問見送りか 断固阻止の中国「軍事的対応の可能性」示唆

霊界の扉が開く!「鬼月」を通して観る、季節を感じる台湾CM

中国が進める独自の宇宙ステーション建設 その裏で世界はロケット残骸の落下に恐怖

大手コンテナ船会社「マースク」会長が衝撃発言海運ブームは「ブルウィップ効果」で8月に危機?

蔓延するBA.5の感染者は再感染する? オミクロン株の新亜種「ケンタウロス」とは

あわせて読みたい