2022-07-27 政治・国際

蔓延するBA.5の感染者は再感染する? オミクロン株の新亜種「ケンタウロス」とは

© Photo Credit: AP / 達志影像

注目ポイント

日本では23日、新型コロナウイルスの新規感染者が20万人を超えた。これまでで最も多かった前日の19万5000人を上回り、4日連続で過去最高を更新。26日も19万6000人を記録した。猛威を振るうオミクロン株の亜種BA.5により、ここ数日の日本の新規陽性者数は世界最多となっている。そんな中、米ブルームバーグはBA.5感染者が再感染する可能性について検証。一方、「ケンタウロス」と呼ばれる亜種の出現が新たな不安を呼んでいる。

米コロンビア大アービング医療センターの疫学研究者ジェシカ・ジャストマン氏は、新型コロナウイルスに感染した人について、「吉報はBA.5感染者が将来再感染する可能性はまずないこと」だとし、「誰も確実に保証はできないが、ほぼあり得ない」と付け加えた。

その理由についてジャストマン氏は、免疫システムがBA.5に対して正常反応し、同ウイルスを排除した場合、それ以降、全く同じウイルスへの曝露では免疫反応が起動し、ウイルスが体内に入って感染する前に撃退するからだと解説した。

だとしても、あるBA.5の系統と別のBA.5系統とのわずかな違いがあるとすれば、理論的には再び感染する可能性がありそうだが、実際はそうではなさそうだ。「BA.5に2回感染した報告は聞いたことがない」とジャストマン氏は指摘。「ただし、この亜種は米国では4月下旬に最初に報告されてから、まだ約3か月。それほど時間はたっていない」とも。

ブルームバーグは最新のカタールの研究を紹介。それによると、以前のオミクロン型(BA.1およびBA.2)に感染した人は、後の変異系統(BA.4およびBA.5)の感染に対し、80%近く保護されることが分かった。

ジャストマン氏は、「この研究報告はBA.5感染者が再びBA.5に感染するかという問いに答えたものではないが、人間の免疫システムが同じような変異系ウイルスに対して100%ではなくとも、高い保護力を形成することを示している」と説明した。

だが、極端に違う〝顔つき〟の変異株が新たに出現した場合は、また別の話になるかもしれない。そんな〝顔つき〟の変異種が「ケンタウロス」と呼ばれるオミクロン株の新たな亜種だ。

通称「ケンタウロス」はオミクロン株のBA.2.75と呼ばれる変異ウイルスで、急激に感染拡大しているという。

5月にインドで最初に確認されて以降、BA.5から置き換わっているという。日本でも東京、大阪、神戸で市中感染が確認されている。専門家によると、BA.5は、はしかとほぼ同じ感染力だが、ケンタウロスの感染力はその3倍という。

ケンタウロスはBA.2系統から変異した75番目の亜種。これまでBA.2系統の亜種は誕生しては消えていったが、その中でBA.2.75は生き残り、今、感染が急拡大している。過去の変異株と比べてあまりに異質であることから「半人半獣のケンタウロス」と専門家の間やSNSではそう表現されている。

英医学サイト「メディカル・ニュース・ドゥデー」によると、WHO(世界保健機関)はまだBA.2.75を「懸念される亜種」に指定していないが、注視している。また、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は今月7日、英国やドイツで感染が確認されたことから「監視中の変異株」に指定した。

スコットランド・グラスゴー大学ウイルス研究センターのスパイロ・ライトラス氏は、オミクロン株の出現はウイルスとパンデミックの進化の中で重要な出来事だとし、「そのような大きな〝突然変異〟は将来もっと起きるだろう」との見解を示した。

ケンタウロスがBA.2から変異したように、BA.4やBA.5からの派生する亜種についても専門家は監視を続けているとした上で、同サイトは、ケンタウロスがすでに9回変異を繰り返し、うち8回はスパイクタンパクのゲノム解析上、全く新しいものだったと指摘。オーストリア・ウィ―ンの分子生物工学研究所のウルリッヒ・エリング博士はBA.2.75が免疫回避する可能性を指摘し、懸念を示した。

「データから分かっていることはBA.2.75はデルタ株で得られた免疫は突破するようだが、(症状の現れ方は)ワクチン接種後のオミクロン株に対する反応と似ている」とエリング氏は説明。ただし、研究対象の症例は限られたもので、今後のさらなる研究結果を待つ必要があると述べた。

 

オススメ記事:

WHOが緊急事態を宣言した「サル痘」 すでに世界75の国と地域で感染が報告

「戦争状態」にある台湾の交通環境(前編)

ウクライナ戦争で存在感示すトルコ大統領 エルドアン氏はバイデン政権の悩みの種

「戦争状態」にある台湾の交通環境(後編)

ウクライナ国防相「戦場は貴重な実験場」 武器メーカーに新兵器の提供を呼び掛け

 

あわせて読みたい