2022-07-20 政治・国際

今夏、コロナ禍から復活狙う航空業界に難題 人手不足の対応間に合わず遅延・欠航多発

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

この夏は世界の航空会社が、コロナ禍の規制によりほぼ冬眠状態だった旅行業界全体の復活を示すはずだった。ところが、そんな期待からは程遠く、数十年に一度の最も混沌とした旅行シーズンになりつつある。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が、そんな状況を詳しく伝えた。

WSJ紙によると、フライトはキャンセルされ、遅延は慢性化。手荷物は紛失し、チェックイン、荷物のドロップオフ、保安検査場で長蛇の列を作り、何時間も待たされることに旅行者は辟易しているという。だが、ほかにも多くの不具合が―。コンピューターシステムは稼働超過、もしくはネットワーク内のリンクがことごとく壊れ、航空会社や空港の問題を悪化させているというのだ。

旅客手荷物取扱業務スタッフと保安検査担当者が不足しているため、乗客はスムーズにチェックインできず、フライトの遅延につながっている。また、5月にはカナダ・トロント空港に到着した2700便で起きたような、ハブ空港での入国審査や税関職員の人手不足は、乗客が航空機内で長時間待機させられるという事態を引き起こした。

その結果、機長や客室乗務員がより長い日数を勤務すれば、夜間メンテナンスにかかる時間が少なくなることを意味し、その繰り返しで、乗務員と航空機材が不足するという悪循環を生み出している。

そんな中、コロナ禍で収益不足に苦しむ航空会社は今年、春と夏に向けて大幅な増便を計画。だが、パンデミックにより20年に取らざるを得なかった事業縮小措置の中には、いきなり反転させることが困難なものもあるとWSJ紙は指摘する。航空業界は新たな人員を採用する場合、フライトシミュレーターを長時間使った訓練や身元調査が必要なため、迅速な人員補給ができないのだ。

航行遅延が相次ぐことに対処するため、空港によっては乗客数と便数に制限を課し、一部航空会社は新たに強化したスケジュールを再び減便。乗客は旅行計画の再考を迫られている。

米デルタ航空のエド・バスティアンCEO(最高経営責任者)は、「わが社も増収を得るため、できる限りのことをやってきた」とした上で、「(空港による乗客と便数の制限に)同業者もある程度同じだと思うが、不意打ちを食らったような感じだ」と失望感をあらわにした。

デルタはその後、増便計画を撤回。結果的には5月と6月に相次いだ遅延と欠航も減少し、運航の安定につながった。そのため、需要が引き続き堅調であるにもかかわらず、少なくとも年内は増便する予定はないとデルタ幹部は明かした。

実際、多くの国は海外旅行規制を撤廃し、フライトの大部分は予定通り運行しているが、混乱はコロナ禍前から大幅に増加している。

米航空データ専門企業フライトアウェアによると、トロント・ピアソン国際空港では、6月1日~7月12日までの期間、全便中52・9%が遅れて出発した。これは、1000以上の便があった空港の中では最高値だという。ドイツのフランクフルト空港とパリのシャルル・ド・ゴール空港では、それぞれ出発の46・44%と42・8%が遅れ、ロンドン・ヒースロー空港では40・2%の遅れがあった。

WSJ紙は空港と航空会社が運営上抱える致命的な問題は、荷物の積み下ろしをする旅客手荷物取扱業務スタッフの少なさ、新規または再雇用された操縦士に必要な長い訓練期間、今も続出するコロナ感染による欠勤者、安全な飛行に不可欠な航空管制官の不足などを挙げる。

人手不足により大混乱の焦点となっているロンドン・ヒースロー空港は先週、ロンドン・ガトウィック空港、フランクフルト空港、アムステルダム・スキポール空港に続き、航空会社の運航を制限することを決定。コロナ禍以前はドバイに次ぎ、国際線の乗降客数が世界2位だったヒースローは、9月11日までの出発旅客数を1日10万人に制限すると発表したのだ。

ヒースローの広報担当者によると、乗客数はコロナ禍前の約80~85%に戻ったとしているが、航空会社に対応する職員は約70%しかおらず、多くの航空会社も地上クルーや手荷物スタッフの人手不足が続いている。

そのヒースローで今月、大規模な紛失や乗せ間違いが発生。デルタ航空は11日、エアバスA330を乗客無しで、発見・回収したスーツケースなど1000個だけを積んで米デトロイトまで飛ばすという異例の対応に迫られた。そんなトラブル対策のため、アイスランド航空グループはアムステルダムに十分な地上スタッフが不足していたことから、同地行きの便で手荷物スタッフを派遣した。

紛失荷物に関する専門データはないが、世界の航空会社が使用する荷物追跡ソフトを管理するスイス企業SITAによると、1月~3月の間に乗客が紛失した手荷物の数は前年比で3倍、今年半期では前年比5倍にも上った。

 

オススメ記事:

ポルトガル、スペインで熱中症の死者千人超 記録的熱波の西欧で大規模森林火災も拡大

得をしたのは誰?-台湾のコロナ保険-

スリランカのラジャパクサ大統領が海外逃亡 正式辞任表明せず甥の後継で「王朝」存続か

安倍晋三氏銃撃事件の波紋-参院選は弔い合戦だったのか-

国家破産宣言でスリランカが建国以来の危機 群衆が大統領邸を占拠、首相邸は放火全焼

あわせて読みたい