2022-07-14 政治・国際

新型コロナウイルス再び世界的に感染急拡大 ロックダウンで封じ込めの中国でも増加傾向

© Photo Credit: AP / 達志影像

注目ポイント

日本でも今月に入り新型コロナウイルスの新規感染者が急増し、第7波に突入。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は今週の記者会見で、世界各地で再拡大している新型コロナウイルス感染について、「収束からは程遠い」と厳しい見通しを示した。2020年1月末に発令された緊急事態宣言の解除のめどは立っていない。

新型コロナウイルス感染症の政府対策分科会の尾身茂会長は今週、最近の感染者増加について、「新しい波に入ったのは間違いない」と述べ、流行「第7波」との認識を示した。まん延防止等重点措置などの行動制限については今のところ必要ないとしている。

尾身氏は直近の増加について、感染が広がりやすいとされるオミクロン株の亜種「BA・5」への置き換わりが進んでいることなどが原因と考えられると指摘。その上で「感染リスクが高い場面はこれまでと変わらない。できることをやれば行動制限は今の段階では必要ないと(首相に)申し上げた」と述べた。

日本国内では13日、新たに9万4496人の感染者が確認された。感染者が9万人を超えるのは5か月ぶり。都道府県別の感染者は、東京1万6878人、大阪1万452人などとなった。同日の全国の死者は31人だった。

また、東京都医師会の猪口副会長は12日の定例会見で、これまでの増加比で逆算すると、都内の1日の感染者数が、「今月19日時点で、およそ3万人になる」との試算を示した。さらに、約2週間後の今月25日には、10万人を超える恐れがあるとし、「(入院患者を)絞り込んでみていくようにしないと、多分、東京は乗り切れない」などと強い危機感をあらわにした。

だが、この傾向は日本だけに限ったものではない。

WHOのテドロス氏は会見で、「『BA・4』『BA・5』といったオミクロン株の亜種が世界中で広がり、入院患者や死者を出し続けている」と指摘。感染防止に向け「各国政府はマスク着用をはじめ、効果が立証されている対策を講じるべきだ」と強調した。

20年初頭から始まったコロナ感染で、世界最大の死者100万人以上を出している米国では12日、ホワイトハウスが50歳以上の全ての国民に対してワクチン接種を勧告した。「もし22年にまだワクチン接種をしていなければ、今すぐ接種して下さい」とホワイトハウスの新型コロナウイルス担当調整官は緊急勧告を発した。

米医療専門ニュースサイト「カイザー・ヘルス・ニュース」の編集長で感染症専門医のセリーヌ・ガウンダー氏によると、これまでは新型コロナウイルスに感染した場合、免疫により90日間は再感染しないとされてきた。ところが今は、「新型コロナウイルスは、ものすごく素早く、急速に変異している」とした上で、「環境は一変した。体内の免疫は今回の感染の波との闘いに苦戦している。すでに入院患者も増加している。ただ、ICU(集中治療室)での治療が必要な患者はほとんどいない」とした。

「最大の懸念は人々がコロナ疲れしていること。そのため、マスク着用や窓を開けることなど感染予防策を分かっていながら行わないこと」とガウンダー氏は指摘。「おそらく、もうみんなうんざりしているのではないかと心配している」と付け加えた。

米CNNによると、BA・5には過去の感染やワクチン接種でできた抗体を回避しやすい変異がみられ、多くの人が再感染する可能性があるという。

米セントルイス・ワシントン大学の臨床疫学者ジヤド・アリー博士らのチームはこのほど、再感染による健康上のリスクを調べた研究を発表した。チームは新型コロナに1回感染したことのある約25万人、2回以上感染した約3万8000人の健康記録を比較。

その結果、2回以上感染したグループは1回だけのグループに比べ、直近の感染から6か月以内に死亡するリスクが2倍以上、入院のリスクが3倍にも上ることが分かった。

アリー氏は、「過去にかかったことがあれば次は軽く済む」といった考えが、新型コロナには通用しないと指摘する。

米国では今年1月中旬に、1日の新規感染者が138万人を超えるなどピークを迎え、3月以降は1日数万人規模まで減り、落ち着きを見せていた。だが、4月下旬から再び徐々に増え始め、12日には19万人を超えた。(米ジョンズ・ホプキンス大データ)

欧州でも同様に新規感染者が増加。フランスでは5月は落ち着いていたものの先月から再び増え始め、11日は25万人以上を記録。ドイツでも同様の傾向で、11日には15万人超えとなった。また、南米ブラジルやコロンビアなどでも6月下旬から再度増加している。(同大データ)

一方、「ゼロコロナ」政策の中国では、3月から上海などの都市をロックダウンした結果、4月に2万6000人超えでピークを迎えた後は1日100人程度まで急速に減少。ただ、7月に入り100人単位で増え、最近は400人台となっている。(同大データ)

感染増加を受け、中国では検査強化や商業活動の制限が始まり、投資家はリスク回避姿勢を強めている。ロイター通信によると、上海市が再びコロナ規制を強化したことで、経済の混乱も再び拡大するとの懸念が浮上したため、中国株式市場は12日下落した。

 

オススメ記事:

安倍晋三元首相が残した国際社会への遺産 中国の台頭に世界が直面する課題を提起

台湾の頼清徳副総統が故安倍元首相に敬意を表し訪日 矢板明夫氏「日台国交断絶50年以来、最高位の来日」

ケネディ元駐日大使がたたえる安倍氏の功績 太平洋戦争の遺恨乗り越え日米同盟を強化

安倍晋三氏銃撃事件の波紋-参院選は弔い合戦だったのか-

年齢に関係なく達人技も身に付く? 奥深き武術「推手」の世界


 

 

あわせて読みたい