2022-07-13 政治・国際

安倍晋三元首相が残した国際社会への遺産 中国の台頭に世界が直面する課題を提起

© Photo Credit: Reuters /達志影像

注目ポイント

演説中に銃撃を受け、亡くなった安倍晋三元首相の告別式が12日午後、東京・港区の増上寺で営まれ、政財界関係者をはじめ、多くの国民がその死を悼んだ。葬儀には台湾の頼清徳(らい・せいとく)副総統も参列し、反発した中国は日本政府に抗議した。その中国の台頭に、安倍氏は早くから世界が直面するさまざまな課題を提起した指導者として記憶されるだろうと米紙ワシントン・ポストは記した。

安倍元首相の葬儀には、約260の国・地域と国際機関のトップらから1700件以上の弔電が寄せられた。海外ではニューヨークの日本総領事館に設置された記帳所にキッシンジャー元国務長官(99)が、パリにある日本大使公邸にはマクロン大統領が、そしてソウルの日本大使館には尹大統領らが弔問に訪れた。また、米国のブリンケン国務長官は追悼のため急きょ来日した。

副総統の頼氏を葬儀参列のため日本に派遣した台湾。1972年の日中国交正常化により、日本が台湾と国交断絶して以降、台湾からトップレベルの高官が訪日したのは、85年に当時の李登輝(り・とうき)副総統が中南米から帰国の際、日本に立ち寄って以来となった。

これに中国は不快感を示し、日本政府に抗議。ロイター通信によると、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は12日の定例記者会見で、台湾は中国の一部であり、「いわゆる副総統はいない」と主張。「安倍元首相の暗殺を受け、台湾当局はこの機会を利用して政治的操作を行った」と批判。「このような策謀が成功することはあり得ない」と語気を強め、弔問外交で実質的な日台関係の強化をけん制した。

ワシントン・ポスト紙は、世界の指導者たちから寄せられた哀悼の意の数々は、安倍氏が日本の憲政史上最長の首相として、政治と外交のキャリアを通して得た国際的な高い評価を反映していると指摘。それは大戦終結以降、東アジア地域に平和、繁栄、安全をもたらした国際秩序をより強固なものにするという、安倍氏の信念をたたえたものだと伝えた。

その中で同紙は安倍氏について、「自国の成長力と影響力を使った中国がその秩序を弱体化させ、またそれを何かに利用しようとする意図があることをいち早く理解した国際的指導者の一人だった」と指摘した。

米国など他国の指導者たちが依然として協調的な対中国「関与」政策に固執していた頃、安倍氏はすでに中国との長期的な競争に焦点を当てるよう、日本の外交政策を再調整していた。その上で、 「アベノミクス」として知られる経済プログラムは中国の台頭に対し、日本が国際的な対応を主導できることを証明するための政策の一つだったと同紙は解説する。

安倍氏の長年の外交政策顧問兼スピーチライターだった谷口智彦氏は同紙とのインタビューで、日本が成長を続ける中国に対して長期的に耐えるため、安倍氏は3つのことが必要だと理解していたと語った。それは日本が経済を強化させ、米国との同盟関係に再投資し、オーストラリアとインドの両国と手を取り合うことで、外交関係を拡大することだった。

安倍氏主導の構想は、日米豪印の4か国協力関係「クワッド」として実現した。この4か国はインド太平洋を囲むように位置し、自由や民主主義、法の支配を共通の価値観として持つ。その軍事・防衛費の合計は中国の約4倍で国内総生産(GDP)は2倍にもなる。

一方、安倍氏と当時のトランプ大統領の関係で印象的だったのは、大統領就任そうそうの2017年2月、安倍氏は米フロリダ州パームビーチのトランプ氏の別荘「マール・ア・ラーゴ」に招待され、同月11~12日の週末を通じてゴルフや食事などで個人的な親交を深めていた際に起きた出来事だ。

その同12日、北朝鮮は弾道ミサイル発射したのだ。いわゆる「2017年北朝鮮危機」の始まりだった。側近らが見守る中、両首脳はスマートフォンの明かりの下、北朝鮮によるミサイル発射に関する機密情報の書類に目をやる写真が報道されたのだ。

それは米国政府の政治的混乱を目撃し、対応に苦慮する安倍氏のジレンマを捕らえた1枚だった。その後、トランプ氏は、前任者のオバマ大統領と同じように安倍氏を〝ステーツマンの先輩〟として、また友人として接した。これは安倍氏の外交スキルの証だったとワシントン・ポスト紙は評した。

谷口氏は安倍氏が、「米国の継続的なプレゼンスが東アジアや周辺地域にとって不可欠であり、米国がこの地域に関与し続けるためには、日本がまた不可欠であるということをよく理解していた」と指摘。「オバマ氏とトランプ氏の両方との巧妙な関係構築(努力)は全て、その現実主義的な考察に基づいていた」と説明。

ワシントン・ポスト紙は、「安倍氏は保守的、ナショナリスト、有名政治家だったが、少なくとも外交政策に関しては、一部で語られるような〝トランプ前のトランプ〟ではなかった。安倍氏は同盟、多国間主義、人権、そしてルールに基づく国際秩序の強化に努めた」と高く評価。

中国がそれらの価値観を侵食しようとする中、西側はそれらの価値観を守る準備を整え、安倍氏に感謝しなければならない。それは安倍氏の命を奪った卑劣な犯罪でさえ、決して消し去ることのできない遺産だと同紙は締めくくった。

 

オススメ記事:

国家破産宣言でスリランカが建国以来の危機 群衆が大統領邸を占拠、首相邸は放火全焼

安倍晋三氏銃撃事件の波紋-参院選は弔い合戦だったのか-

ケネディ元駐日大使がたたえる安倍氏の功績 太平洋戦争の遺恨乗り越え日米同盟を強化

世界に衝撃と悲嘆もたらした安倍元首相の死 蔡総統は「台湾へ多くの支援と配慮」に感謝

海に抱かれて育った島たちは、全く異なる表情で旅人を癒してくれる… 小さな島の極上宿泊ガイド



 

あわせて読みたい